このソフトのレビューを書く

【PS3】信長の野望・創造 レビュー

発売元 コーエーテクモゲームスオフィシャルサイト
発売日 2013-12-12
価格 9240円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:歴史シミュレーション
■ プレイ人数:
■ ダウンロード版:8,000円

総合ポイント
63
(難易度)
2.67
レビュー数
12
スコアチャート 信長の野望・創造レビューチャート


0%
0-9
8.3%
10-19
8.3%
20-29
0%
30-39
8.3%
40-49
25%
50-59
8.3%
60-69
41.7%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
50%
【標準偏差】
19.17


デフォルト:新着順

411人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 5pt 4pt 2pt 3pt
総合点
78pt

GOOD!

オリジナリティ 4点

今作は、革新・天道に比べ、プレイの為の核となる城(以降、本城)、
それ以外の城(以降、支城)とも、激増しています。
本城・支城共に、兵力が割り振られますので城の数=兵力の差となります。
各城の兵力を運用するためには、最低でも武将が一人はいりますので、
今までみたいな数値の高い武将が何人かいれば、
内政・軍事全て事足りるというのがなくなったのは、非常に良くできていると思います。
また、前作以上に街道や拠点が豊富になっているのもグッドです。
築城の必要性が遥かに増し、支城を中心にして、
まさに土地を切り取っていく感覚が面白いと思います。
武将の成長システムも、今回は、様々な武将を使う必要性に迫られることから、
中堅武将ならば、中盤以降、敵の有名高能力武将とも渡り合えたりして面白いです。

グラフィックス 4点
十分です。最近の方針である、戦略地図の一枚絵などは丁寧に書き込まれており、
非常に綺麗と感じます。戦国伝等で、流れるCGアニメーションも、
これが、大作RPGならば、ケチをつけるところですが、
シミュレーションですので、これで十分合格点だと思います。

音楽 4点
合戦の曲は、優勢・均衡・形成不利と、どれも場を盛り上げてくれます。
また、中盤・終盤と、国が発展した時に流れる音楽が、
個人的には良い曲だなと思いました。一部、大名の序盤には、オリジナル曲も有り、
個人的には、伊達正宗が戦国伝で、家督をついでからの、
さあ天下に乗り出すぜみたいな雰囲気の曲が、いつもの信長の野望っぽくなくて、
印象に残りました。

BAD/REQUEST

私は、創造でかなり遊べたため、点数は快適さを除いて、プラス評価になっています。
ただ、前作のよかった点を軒並み削ったなという印象も受けます。
そこで、悪い点の方は、そこらあたりを指摘したいと思います。

・委任が大雑把過ぎる。強制委任が受け入れられない。
前回の軍団制の方が、遥かに良かったです。
城の数が激増し、築城の重要性も増したこともあって、
委任の指定の煩雑を考慮して、バッサリ削ぎ落としたのでしょうが、
ここは、前回の軍団制を導入してもらいたいです。
また、強制委任はやめてもらいたい。
今作は、特に中級以上は、後方の兵力も繰り出さないと勝てないのに、
委任軍団は、前方の兵力ばかりで事を成そうとするので、
なんで、そんな小兵力で突撃するのかということも合わさり、イライラしました。

・華の部隊戦闘を、もう少し練るべき。
今回の戦闘は、挟撃・侵略ルートなど、より戦略重視の戦闘でこれはこれで面白いのですが、
しかし、前作の戦術を重視した(個々の兵力の差・スキルの組合せ・連鎖など)戦闘の方が、
大兵力を連鎖等で一瞬で溶かした時の爽快感など、正直、面白かったと思います。
実は、会戦を選択すれば、スキルによる戦闘が楽しめるのですが、
そもそも、会戦が重要になってくるのは、大兵力で侵攻を受けた時であって、
そういうのは、初級ではほぼ起こりません。
よって、初級では戦闘が余計につならなく感じる要因となっています。
また、一々、敵軍の援軍が到着した時の振り出しに戻るもうざったく、
作り込みが甘いという印象を受けました。
また、せっかく、街道ルートと共に、海上ルートも豊富になっているのに、
海戦が陸戦以上に簡素化されているのでは、理解できません。
鉄甲船の打ち合いを、会戦モードで見たかったです。

・操作性が悪い
最近は、慣れてきましたので、余り苦にはならなくなりましたが、
慣れるまでは、非常に癖のあるユーザーインターフェースで、イライラ感が募ります。
また、個別の部隊をまとめて命令したいのに、一個づつ命令しないとダメなので、
慣れた現在でも、ヒジョーにめんどくさい。もう少し、考えて頂きたいと思います。
快適さは2点です。

・砦などの軍事施設の種類が減った。無味乾燥。
ここまでバッサリ切り捨てる必要があったのでしょうか?
おそらく激増した支城や、ある程度拠点に自由に支城を築けるということで、
砦等の代用ということなのでしょうが、そこは、作成拠点が豊富にあるのですから、
簡易に作れるものとして残してもよかったのでは?

COMMENT

熱中度 5点
満足感 4点

信長の野望は、革新・天道とプレイ済。
今作も久々にシミュレーションプレイしようかなということで、
創造をプレイしました。個人的には非常にハマりました。

一番、ハマったのが、今回は、色々な人材を駆使するシステムということです。
本城・支城と激増していますので、正直、織田家以外は、みんな序盤は人材難で、
当然、自分の配下の低能力武将を強制的に使うことになります。
ところが、今回は、武将の成長システムがあるので、序盤に使う武将は、
中盤から終盤にかけては、まさに老臣・重臣という能力になるのです。
今までのような、最後の方は、使う面々が、ほぼ有名武将で決まりみたいな事はありません。

また、中級以上は、凄まじい侵略意欲を持った敵が、ものすごい勢いで勢力を拡大しますので、
のんびり内政プレイしていると、怒涛の攻めを展開されます。
特に、近畿には本城が多く、大体、織田家が近畿を抑えるのですが、
大兵力となって押し寄せてくるので、築城や要所や侵攻ルートを考えながら、
あれやこれやと考えながら、プレイするのが非常に楽しかったです。

ただし、初級と中級以上の差が激しすぎます。
初級では、本当に敵AIがのんびりしていますので、かなりつまらないです。
最初は、みんな初級でやると思いますので、「創造」のコレじゃない感に拍車を掛けます。

また、悪いところでも書きましたが、前作の良い要素は、
ごそっと削除されていますので、前作の進化を期待した人は、
かなり失望する出来栄えだとも、個人的に思います。

REGZA 37型 HDMI接続

 
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
スコットさん  [2014-01-13 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

595人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 5pt 4pt 2pt 3pt
総合点
78pt

GOOD!

グラフィックやサウンドはそんなに重視しないのですがとてもいい出来です。
ヘッドホンをつけてやってみるといい音出てるなって思いました。

いろいろ考えることが多くて熱中します。長期的展望を持たないと目の前の敵を倒してたら
つんでたってことがよくあります。

道、人口システムに代表される
リアル感。
強い武将が強い戦法を使って爽快! というゲームではなく
有名武将は結構強いなってかんじでそれに兵数や兵の動かし方、城の位置関係などが
加味され、総合的な強さになるという感じです。

煩雑で飽きてくる部分を委任や直轄地の限定で減らそうという姿勢が見れます。

フリーズがない。プレーヤーを待たせる時間がないので
ずっと熱中してやってしまう。

BAD/REQUEST

会戦の途中抜けがいつでもできることは改善したほうがいいと思う。
特に弱小上級だと会戦→斉射→途中抜けを安易に使いたくなるので。
1ターンに会戦の回数が2回までとか回数制限をつければいいのでは?
そしたらまだ援軍来た時の仕切りなおしにも戦略性が生まれると思う。

序盤に本城を3つぐらい取ったあと
遠交近交策からの従属→伝馬制が強すぎ。
遠すぎるところは従属しないようにしてもらいたいです。

武将にもっと個性を出しても良かったと思います。
特性とかは伝授があって調整が大変なのはわかるがもう少し影響を出してもいいのでは。
勢力ごとにAIの差があってもいい気がした。

戦国伝をクリアした段階でやめるという選択肢も用意しても良かったと思う。
プレイ記録は埋まるが毎回統一するのはめんどくさく感じる。
過去作をやってないので分からないが、地方モードに当たるのかな?

本城の2倍ぐらいに支城の数を減らせば
煩わしさみたいなのがなくなるのでは?
数が多すぎて、攻め取るのも内政もめんどくさい。

どのタイミングで始めれば戦国伝が始まるのかゲーム内で書いても良かったと思う。

武将の忠誠度を上げるときに家宝を上げるという選択肢が現実的ではないので
給料upみたいな制度が欲しかった。

捕縛したとき解放、処断、捕虜の3つに分けれても良かった気がする。

操作性が悪い、なんとなく使いにくい感じ。
捕虜の数を見るときだったり、勢力情報を見るときだったり
なんとなく使いづらいです。

委任するときここはずっと委任、ここは自分でやるというように
委任の部分をわけれるようにして欲しい。
軍団の委任ももうちょっと細かく支持できるようにして欲しかった。
城単位で指定というよりは勢力単位で指定できるようにするとか。

COMMENT

信長の野望シリーズ初挑戦。
たいへんはまっています。
書き出してみると悪い点が長くなっていますが、全体として調整がしっかりされた
いいゲームだと思います。
ff7、10というよりはff12,13って感じ。(この例えはわかりづらいと思いますが)
キャラゲーではなく、戦略を立てるゲームです。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
つくつくさん  [2014-02-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

473人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt 2pt
総合点
73pt

GOOD!

・複数拠点からの出撃について
この作品を購入する前、複数の城からの出撃なんてめんどくさいと思っていましたが、良い意味で期待を裏切られました。支城を築城する価値や、地理などをよく考えながら侵攻ルートを練らないといけません。また、複数の城を同時攻略する等、戦略の幅があります。進軍ルートや距離も考えなくてはいけません。
これまでの信長の野望から大きく進化してオリジナリティー溢れています。
このおかげで、1つの城に兵と有力武将を集中させるという運用から、有力武将は規模の大きな城の城主に割り振っていくという、実際に近い運用で遊ぶことができます。
城の数=兵数ともなってくるので、島津のように周囲を囲まれない大名が有利になることもありません。ここらへん、とてもバランスがとれてきていると思います。

・武将の成長について
武将についても初期から強いのではなく、忠誠心や経験により成長していくシステムにも好感が持てます。初めは能力が低くても使い続けるとある程度の成長があるので、古参の武将たちにも出番があります。

音楽も状況に応じて流れ、よく盛り上げてくれます。

BAD/REQUEST

主に快適さに関する部分でBADがあります。

・内政について
中盤以降の内政がめんどくさくなります。直轄で操作できる範囲が広がる程、内政にとられる時間が増えますね。「人口重視」「石高重視」などの方針設定などできればいいのですが、都市の拡張や、施設の建設などは1つひとつ行う必要があるので、ある程度の規模になると作業になってしまいます(国づくりが好きな人はいいのでしょうが)。今後パッチなどで改善されればいいのでしょうが、今作の醍醐味である「多数の城から多方面出兵」というおもしろさに集中できないのがちょっと残念です。

・部隊表示について
部隊の表示が凸や△で表示されるのですが、記号的なものではなく、ちゃんと部隊の形にしてもらえたら良かったです。地形のグラフィックになじまないです(部隊が目立つのでそれはそれでいいのでしょうが)。切り替えができると良かったですね。

COMMENT

前作「天道」ではあまり意味をなさなかった支城が今回はとても意味をなします。また街道を整備すると部隊の移動や都市の発展にも関係するので、良い意味で前作を引き継いでいるとも言えるでしょう。

何より部隊をどう配置するか、どう侵攻するかなど、考えることが多くて夢中になります。

武将や部隊の運用も実際に近い形になっているので、歴史好きなら買いだと思います。

 
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
島津好きさん  [2013-12-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

535人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 3pt 4pt 3pt 2pt
総合点
70pt

GOOD!

革新や天道と比べリアリティの要素が増えたのよかった。
引き抜きなどの計略は面倒だったし引き抜かれるのも嫌いだったのでなくなってよかった。
でもいくら実権がないからと言って将軍や朝廷の存在がほとんどないというのはどうかと思ったけど・・・
全体的の簡略化され面倒な事をしなくてもよくなったのでリラックスして楽しめた。

道の存在であるがこれは道を売りにしていた天道などよりもとても重要なものだった。
例えば織田家なら隣国の美濃まで平地なのですぐ攻められ素早く攻略できるが
武田家だと隣国の信濃に兵を送るのに時間がかかるなど・・こういう所に
武田家が上洛する時期が遅かった理由があるのではないかと思い現実的だと
と思った

BAD/REQUEST

革新や天道に比べ兵士の数が現実に近いと言われていますが内政で兵士が多くなるように建設を行えば最終的に200万どころか300万近くまで増えてしまいます。
確かに平和になって人口が増えるのはわかりますがここまで増えるのはちょっと・・・と思う。

山国に兵や人口が少ない割に兵の強さが同じだというのはおかしい。革新みたいにすべての武田勢が技術革新のために強くなるのはもっとおかしいが甲斐の兵だけ強いとかにしてほしい

兵糧や金銭などが勢力で合わせられるのが不満です。こうなったことで兵糧攻めができないなどや一回
兵糧が切れてしまうともはや何もできずに滅亡します

会戦を改善してほしい

城攻めの強攻が簡単かつ単純すぎ。石山御坊でも2万で攻めれば楽に落とせる。
攻城戦を会戦のようにして指揮させてほしかった

城の拡張改築などさせてほしい。耐久あげれるだけでもいいので。築城の時自分で縄張り決めたい。

委任軍団の改善。そしてもっとしてほしいのは直轄地以外は家臣に任せて他国に攻めるときは出陣命令だすだけとかのしてほしい<家臣の大名化>。またこれは嫌な人もいるので選択制とかにすればよい
大勢力になると討伐令を出して大まかに指示するだけとか。

朝廷や将軍も復活させて初めは権威がないが将軍を擁立する事によって権威があがることにするといい

日本の全人口の大幅増はやめてほしい

COMMENT

いろいろと改善点を書いたがこれらはPKか次作で改善してほしい。
不満な点もかいたが今回が一番楽しめた。特にリアリティに力を入れてくれたのはよかった。今後もそこを重点的にしてほしい

リアリティに
不満な人もいるがそんなひとはシュミレーションゲームをやらなければいいだけ・・だと思う
上記の改善点も含めPK&次作への期待がふくらむ作品だった

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
真田昌幸さん  [2014-01-26 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Joe
レビュー日: 2013-12-31
信長の野望は今回が初めてです。
シミュレーションゲームが好きで戦国にも興味があったので買ってみました。

現在までのところ、
家督相続を信長(初級)で政策によってクリア、
そして清須会議を伊達で初めてみた
といった感じのプレイ内容です。

良かって点、悪かった点はすでに他の方々が指摘してくださってるので
僕からは一番気になったポイントを一つ。

それは“作業感”です。
確かに最初の方や敵から追い詰められているときはハラハラ・ドキドキ感があったのですが
家督相続のシナリオで二条御所を落としたあたりから
やりたくてやっているというよりも、とりあえず一回クリアだけはしておくか
というやっつけ感が強くなっていったのです。

いろんな要素がそうさせているのだと思うんですが
やはり皆さんが指摘されている通り、“内政の簡略化”が大きいように思います。
後半はもうボタンをポチポチするだけの完全なる作業と化してしまいましたし
それをCOMに任せてしまっては、もう内政という項目は無いに等しくなってしまいますしね。

まったくジャンル違いのゲームを持ち出して悪いのですが、
これをやる前はデモンズソウルをやっていました。
さすがデモンズソウルはアマゾンのレヴューでも4点代を付けるだけのことはあって
100時間以上遊んで飽きが来ることがありませんでした。
そういったオバケゲーム(凄いという意味で)の後だったというのもあるかもしれませんが
7千円半ばを支払いながら、シナリオを一つクリアしてもうお腹いっぱいになってしまったというのは
少し買って失敗したなという気分にさせられてしまいました。

最後までご精読ありがとうございました。

【PS3】信長の野望・創造
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「信長の野望・創造」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。