このソフトのレビューを書く

【PS4】Bloodborne(ブラッドボーン) レビュー

発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメントオフィシャルサイト
発売日 2015-03-26
価格 7452円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションRPG
■ プレイ人数:1人(オンライン:1〜5人)

【Bloodborne The Old Hunters Edition】
■ 発売日:2015/12/03
■ 価格:6,372円
Bloodborne The Old Hunters Edition版は、通常版にDLCを同梱したものです。

総合ポイント
65
(難易度)
3.69
レビュー数
29
スコアチャート Bloodborne(ブラッドボーン)レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
6.9%
40-49
27.6%
50-59
31%
60-69
20.7%
70-79
13.8%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
65.5%
【標準偏差】
11.66


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 5pt 4pt 4pt 3pt 4pt
総合点
80pt

GOOD!

▼爽快感と緊張感を併せ持つハードなバランス
敵も味方も一撃が重く、サムライ映画の立ち会いのような緊張感がゲームの質を高め飽きさせない。
回避や立ち回りが重視されつつも、基本を押さえればゴリ押しも戦略の一つとして成り立つ絶妙な匙加減が素晴らしい。

▼内蔵攻撃
ソウルシリーズではパリィが安定せず特定ボス戦以外では多用しないスタイルだったが、
内蔵攻撃は銃や背中強攻撃で発動できるのでローリスクで繰り出せる。
囲まれてピンチ状態から起死回生を図る事もできるし、更にカスタマイズ次第ではHP回復や経験値ボーナスまで付く。
この感覚は癖になる。

▼ゴシック調の完成された世界観
映像から音楽までセンスが光る。暗く淀んだ空気が感じられ非常に魅力的。

BAD/REQUEST

▼消費アイテム収集作業がダルい
ボスが倒せないと消費アイテムのストックがガンガン目減りしていくため補充作業が必要。
ヤーナム市街を何回も往復して輸血液をかき集める虚しさといったら…
他にも仲間の召喚にアイテムが必要だったり、属性付与アイテムが高価だったりとボス攻略の覚悟が何かと重すぎる。

▼ボスが固い!
やたら固い。内蔵攻撃の一撃こそ重いけど基本固い。
最初のボスで心が折れそうになった。

▼かなり不条理
今までのシリーズよりマップ上の即死トラップ的な部分は減ったものの、敵の攻撃に理不尽さを感じる事が多かった。
特に一部のボス戦では何されたか解らないまま即死したり只の通常攻撃で即死したりとか。
そりゃ何度も挑めば最終的には対処できるようになるけどさぁ…

COMMENT

仕込み杖による中距離戦をメインでとりあえず一周目を攻略しました。
マップ攻略中は非常に有利なんですけど、ボスは距離置くと厄介な事する奴がいるんで詰む事が多かったですが、
近距離での殴り合いだとまた別の印象を受けるかと思います。
リゲインシステム(ダメージ受けて一定時間に反撃するとHP回復)の恩恵をあまり感じなかった反面、内蔵攻撃のHP回復に助けられる面が多かったです。

【評価基準特筆】
グラフィックス&音楽:おぞましく無常でありながら、耽美で儚い世界観が素晴らしいです。5点
快適さ:ゲームプレイ自体は高レスポンス。消費アイテム集めとロードの微妙な長さが気になる。3点

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
ねこさん  [2017-01-05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 3pt 4pt 3pt 3pt
総合点
68pt

GOOD!

難易度は高めで、何度も死ぬが、そのぶんクリアできた時の達成感が他のゲームよりある。
地図もなく、薄暗いフィールドを、アイテムやショートカットできる場所を見つけならがら少しずつ進んでいくのは、なんとも言えない緊張感と面白さがあった
ボス戦も死闘感があり楽しい。

仕掛け武器も変形ギミックがかっこよくて好き。
種類こそ少ないものの、ユニークなものが多く飽きなかった。

BAD/REQUEST

聖杯ダンジョンの儀式をするための素材を集めるのが若干面倒。

ストーリー後半の隠し街ヤハグルが、無限に敵が沸いてくるため探索がしづらい
鐘を鳴らす女を倒せば敵は無限沸きしなくなるが、わかりにくい場所にいたりで、ただ面倒なだけだった

復活地点となる灯りが各エリアに1つと、少ない
ショートカットを開通していない場合、苦労して進んだのにまた最初からになり、萎えることもある。

初見はワクワクするが、2週目は面白さが激減。

COMMENT

ソウルシリーズはやったことがなく、サクサクできるRPGを好むので、ブラッドボーンはかなりやりごたえがありました。
クリアまで間違いなく100回は死んでる。
最初は理不尽な難易度に萎えたけど、徐々に楽しくなってくる。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
ヘンドリクスさん  [2017-01-03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 1pt 2pt 1pt 3pt
総合点
41pt

GOOD!

◆グラフィック
最新機種の作品だけあってとにかく美しい。
人工物からそうでないものまで非常に精細に描写されていて、操作の手を止めて鑑賞していたくなるほど。
キャラクターの衣装や武器のディテールは本当によく出来ている。

◆ビジュアル
中世ヨーロッパをモチーフとした退廃的で美しい街並みはゴシックホラーを元にした本作の雰囲気をよく引き立ててくれている。ただの探索&戦闘用ステージがこれだけ綺麗なゲームはなかなか無いだろう。制作スタッフのこだわりの強さが窺える。

◆独創的なUIデザイン
機能性についてはともかく芸術性は非常に高い。情報を囲む枠や装飾、背景、フォント、各項目を表すアイコンイラストなど、一つ一つが作品に対するイメージを固めてくれる手助けをしてくれる。

BAD/REQUEST

◆ゲームデザイン
最初の一文からこんなことを書くのはあれだが、正直つまらないの一言。
RPGと銘打っておいて特にのめりこめるような魅力的な物語や登場人物が用意されているわけでもなく、
淡々とフィールドを探索し、徘徊しているお化けを倒し、アイテムやポイントを拾い、拠点に帰って自キャラを強化し、またフィールドへ行く…の繰り返し。
2015年のゲームとは思えない単調さ。
世界観やビジュアルの良さがちっとも生かされておらず、ただの雰囲気作りにしか使われていない。
ロード画面に出てくるアイテムの説明文などを読む限り設定自体はかなり深く考えられているようにも思えるのだが、なぜそれを物語として描かないのか?
TCGのフレーバーテキストじゃあるまいし、匂わせるだけでは何も伝わってこない。

◆戦闘
「死闘感」という言葉を用いるとおりの、高難易度の戦闘を売りにしているようだが実際はひどいもの。
小型敵は異常なまでに素早く、格ゲーの強CPUばりの超反応と目にも留まらぬ高速行動、強判定でこちらに動きを見極める余裕すら与えてくれぬまま怯みハメによる一方的な試合を仕掛けてくるものばかりで、かつ徒党を組んで襲ってくるパターンばかり。
大型は大型で鈍重なかわりにほとんど怯まず、判定が大きく強誘導の攻撃でステップ後やダウン復帰後の硬直を強引に突いてくるごり押しスタイル。
自キャラが弱々しいのは別によいが、それに対して敵があまりに強すぎるのはどうなのだろうか。
ゲーム作品の新規タイトル第一作目によくある「理不尽さを難易度と勘違いしている」バランスとしか思えなかった。
死亡すると獲得した経験値を全てロストして強制的に直前のチェックポイントからやり直しとなる仕様上、
だんだんと繰り返していくことが面倒になり、また効率良く進めていくための立ち回り方が分かってくる(分からざるを得ない)ので、
結果的にこちらも「先手を取って相手が攻撃態勢を取る前にハメ殺す」「常に背中側に張り付くように行動して地道に削る」という非常にセコい戦法に終始する羽目になり、一気に戦闘が作業でしかなくなる。
また、そもそも有力な攻撃手段に乏しすぎるのではないかとも思う。非常に多彩な攻撃手段を用いる敵に対し、こちらは武器を振り回すだけ。銃や魔法(使ったことないが)は回数が限られていて、かつ威力も乏しいので戦力にはなり得ない。別に効率プレイなどせずとも、こちらに出来るのは隙を突いてチクチクと剣を当てるだけ。絵面も地味だし、やっている側も飽きてきて当然。

◆探索
あれだけ広大なフィールドをロードをまったく挟まずに表示できるのは本当に凄いが、迷う。とにかく迷う。
なぜ地図くらい用意してくれないのか。
段差や仕掛けの関係で一方通行になっていたり、同じような景色が続く本作では道を覚えるのにとにかく苦労する。ボス目当てで戦闘フィールドへ直行したい場合はこれが本当にストレス。
チェックポイントをボス部屋の中ではなく前に置いてくれるだけで解決したのだが…。
そうでなくとも稼ぎ目的で同じところを何遍も何遍も回る羽目になるというのにこの不親切さは本当にマイナス。プレイするのが嫌になる理由のひとつ。
ただでさえ拠点からやり直したり死亡すると全ての敵が復活するのに、道標になるものすらろくにないのは何なのか。
雑多なオブジェクトがごちゃごちゃと多すぎて視認性が悪すぎることも影響している。戦闘するときも邪魔でしかない。
この探索自体が楽しくないのもマイナス。配置されているのは敵か仕掛けかアイテムくらいで、必要なものを取ったらそれで終わり。さっさと駆け抜けて終わりにしたいが自キャラの足がとにかく遅いのでそれも叶わない。時間の無駄。

◆カメラワーク
平時でも自機にやや近いのが気になるが、最大の問題は敵をロックした時。
カメラの向き方や追従時の挙動に独特なクセがあり、敵の動きに追いつけなくなる時がある。何のためのロックなのか…。
小型でさえ凄まじいスピードで動くので軸がぶれ、こちらの攻撃が届かないことは日常茶飯事だし、ボスに至ってはロック自体が外れることすらままある。
また多数の敵を相手どる場合、ロック対象へ向き直る仕様が災いして他の敵への反応が遅れたり、ひどい場合はうっかり輪の中へ飛び込んでしまうこともあった。
運悪く壁際や障害物の隙間に入り込んでしまった日にはそのままハメ殺されることも珍しくない。多対一だけでなく大型相手でも起こりうる。
戦闘の難易度…もとい理不尽さを決定づけている要因のひとつ。

COMMENT

中世ヨーロッパやゴシック調の雰囲気、服装、建築が好きな自分には世界観やビジュアルは本当に魅力的に思えた。
ただゲームとしての面白さや作り込みはそれらの水準に充分に追い付いていない出来と感じた。
一応3体目のボスあたりまでは進めたが、探索と戦闘以外に特にやることもないのにそれ自体が特に斬新で面白いというわけでもなく、ただ黙々と敵を倒していくだけで難易度ばかりが一様に高いという単調さ、思うように進めないフラストレーションがやる気を上回ってしまい、早々に醒めてしまった。
「RPG」として作る以上はストーリーやイベントをもっと重視してほしかったとも思う。単なる箸休めにすぎないとしても、無いよりはマシなはずだ。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(未クリア)
石ころさん  [2016-10-08 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 3pt 2pt 5pt
総合点
65pt

GOOD!

デモンズ、ダクソ1、ダクソ2プレイ済み

・ソウルシリーズとは違った世界観
 近代のイギリスの雰囲気がよく出てる

・仕込み武器がおもしろい
 他のソウルシリーズにはなかった戦い方ができる

・他のソウルシリーズにはないグラフィック
 服や髪の毛がなびくなびく

BAD/REQUEST

・序盤が一番難しい
 敵が多い、地形が複雑、ボスが強い、
 その上うまい具合にショートカット見つけないとまた同じ道中を繰り返すハメに。
 難しいアクションゲームなのはわかるんだけど、序盤をここまで難しくする必要があったのか。
 本作でシリーズに入った人はここで心折れる可能性がある。

・バックスタブの仕様変更
 敵の背後でR2長押し・・・こんなの相手がダウン中じゃないと無理。
 他のソウルシリーズと違い簡単に背後取れるからこういう仕様にしたんだろうけど・・・。

・銃パリィが微妙
 おもしろくないわけじゃないけど、シビアなタイミングじゃないと決まらないのでタイミングゲーになりがち。

・カスタマイズの幅が狭い
 ビルドの幅をそんなに広くないし、仕込み武器ってこともあって武器の種類も少ない。
 他のソウルシリーズほどよいアレンジができない。

・聖杯ダンジョンは必要ない
 ハクスラはここでやってね的なダンジョン。
 こんなダンジョンいらないから本編をもうちょっと作ってほしかった。

COMMENT

タイトルにソウルという言葉は入ってないけど、一応ソウルシリーズ・・・だと思う。
ソウルシリーズよりも難しく、ホラー要素が濃い。
ブラッドボーンっていうブランドの第一作目なので実験的な要素が多かったのかなという感じで
新しいことに挑戦したという意味では評価できる。

今ならDLCが入ったエディションが発売されてるのでそちらもおすすめ。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
かぎさん  [2016-09-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Retro-Future
レビュー日: 2015-12-19
本作品は、今や海外市場でもアクションRPGの雄として知られるフロムソフトウェアが製作し、全世界売上累計210万本を叩き出した傑作ARPGです。ヴィクトリアンゴシックホラーを雰囲気のベースとして、深き者どもの咆哮、すなわちクトゥルフ神話をどっぷり輸血したその世界観は、観る者に製作者の狂気を感じさせ圧倒します。忌まわしき悪夢を眼前にしてもなお恐れを知らず、何度倒れても挫けず立ち向かう狩人たちには、生贄を待ちきれずに巨躯を震わす凶獣との死闘、そして興奮度MAXの血祭が用意されております。本当におぞましく怖いものを観たいなら、奴等の首を獲ってやろうと狩人の血が騒ぐのなら本作品は唯一無二、絶対の舞台となります。敵はプレイヤーを殺しに来ます。心を折りに来ます。しかし、負けないでください。倒し方は必ずあります。倒した後に共に闘ったフレンドや観衆、または独りで歓声をあげてください。幾度もの挫折の後に得たその達成感こそがBloodborneの真骨頂です。では、こののち古都ヤーナムを訪れる全ての狩人たちに血の加護を。
※「締切りは発明の母」と言う宮崎英高氏(本作品のディレクター)のインタビューを読みました。高い理想と優しさ、プレイヤーに対する心遣いに感謝します。ブラボ最高です。

【PS4】Bloodborne(ブラッドボーン)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「Bloodborne(ブラッドボーン)」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。