このソフトのレビューを書く

【PS4】ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN レビュー

発売元 バンダイナムコエンターテインメントオフィシャルサイト
発売日 2019-01-17
価格 8208円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ PlayStationVR対応
■ ジャンル:フライトシューティング
■ プレイ人数:1人(オンライン:2~8人)
【PS Plus加入必須】オンラインマルチプレイを楽しむにはPlayStation®Plus(有料)への加入が必要です。

総合ポイント
56
(難易度)
2.25
レビュー数
4
スコアチャート ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWNレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
75%
50-59
0%
60-69
25%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
25%
【標準偏差】
8.58


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
75pt

GOOD!

・グラフィックがキレイ!最後にプレイしたのがAHあたりだったのでキレイなグラフィックに感動しました。
・天候の概念が入ってきて、雲の中で空戦をすると上下左右が分からなくなったりすのもドキドキして面白かったです。調子にのって雲の中で空戦して地面に激突とかあるから侮れない…。
・ストーリーもエースコンバットらしさがあり良かったです。
・1ミッションあたりにボリュームがありやり応えがあります。

BAD/REQUEST

・ノーマルでプレイしたけど少し難易度高め?
前作をプレイしたのでノーマルで行けるだろ!と思いプレイしましたが割と死にました。
敵に撃墜されて死ぬのではなく、クリア条件を満たせずに死ぬことが多かったです。
クリア成否条件がタイトな物があり、特に護衛ミッション等に関しては味方NPCに「お前もうちょい頑張れよ!」と言ってしまいました。

・爆撃ミッションがちょっと多いかも
今回は少し爆撃ミッションが多く感じました。なので、爆撃特化の機体で出撃するか!となるとストーリーの追加ミッションで攻略が難しくなる…と言ったことがあります。ステージのバランスが悪いな感じる所は多々ありました。
A-10の活躍の場がたくさんあるかな?と思いましたが、ステージ構成を通して考えると活躍の場はあんまりありませんでした。残念…。

・敵の無人機多すぎ問題
ストーリー上しょうがないのかもしれませんが、とにかく無人機が鬱陶しい。2.3機に追われながらステージを攻略するのならまだしも、20機ぐらいに囲まれての攻略になるからミサイルアラートが止まらずとにかくウザい。そういった場面が何回もあるためストレスになる。
ミサイル1発で死ぬが、その1発が当たらずにイラっとする…。

・ストーリーに盛り上がりがない
ストーリーが終盤に進んで行くのにも関わらず、そんなに盛り上がらなかった。序盤~中盤までは問題ナシですが、終盤最後のステージをクリアした時は「ん?これで終わり?」と思いました。ストーリーは問題なく終わってますが、盛り上がる山場があと一つぐらいあったら良かったかな。

・ストーリーが不親切
前作プレイありきのストーリーになってます。前作をプレイしてない、前作のストーリーを自分で補完出来ない人には不親切な感じするかも。

COMMENT

やっぱりエースコンバットは面白い!BADの部分いっぱい書きましたが、このシリーズが好きだから逆に満足できなかった部分が目立ってしまったのかもしれません。プレイして良かったと思います!
天候システムの導入に関してはプレイヤーそれぞれの賛否はあるかもしれませんが、自分はゲームの幅が広がって良かったと思います。
5をプレイしたけど、どうしようか迷ってるならプレイした方が良いと思います!

マルチに関しては良くも悪くもエースコンバットのマルチだなって感じがします。

 
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
マーさん  [2019-02-05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 5pt 4pt 2pt 3pt 2pt 3pt
総合点
57pt

GOOD!

・圧倒的なグラフィックから描かれる迫力の空戦
グラフィックスに5点を付けましたが、本作品の最も重要な要素です。
戦場となる市街地や兵器がリアルなのは当たり前ですが、雲に入ればコックピットのガラスが濡れ、ミサイルが当たれば破壊された敵機が文字通り空へ四散します。作中に再生されるムービーは実写とCGをうまく調和させ、見るものを感動させます。本作品はエースコンバットのナンバリングタイトルに恥じない、リアルで迫力のあるグラフィックを実現出来ています。音楽の部分に関しても過去作に一切引けをとらない素晴らしい出来栄えです。

・過去作に準拠した骨太のストーリーと魅力的なキャラクター
ネタバレ防止のため多くは記載しませんが、過去に登場したオリジナルの世界を舞台に、魅力的なキャラクター達が戦争を生き抜きます。無人兵器の有効性や民族間の紛争、戦争犯罪などのシリアスな部分も表現されており、大人向けの内容となっています。海外ウケを狙った謎のどんでん返しなどもなく、主人公視点で紡がれる王道ストーリーですので、安心してプレイできます。

BAD/REQUEST

・条件の厳しすぎるミッション
本作品の最大の敵はエースパイロットではなく、制限時間と味方です。
制限時間までに誰々を倒せ、味方を逃がせなどのミッションが多く、余計な事をしていると敗北扱いになるため自由度が極めて低いです。
特に無人機は通常では考えられえない機動をするため、普通にミサイルを撃っても当たりません。そうこうしているうちに制限時間が切れたり、味方がやられたりして敗北になります。自分がやられるのならともかく、全く関係内部分で敗北になるのでストレスが非常に溜まります。

・お粗末なオンライン要素
過去作にあった拠点防衛などが廃止され戦闘機同士の空戦のみとなっており、最大参加人数も16人から8人に減っています。空戦のみなので攻撃機はもちろんマルチロール機に関しても居場所はありません。また、オンラインゲームでは当たり前の初心者狩り防止のサーバ分けなどもありません。

COMMENT

エースコンバットのナンバリングタイトルとして一定のクオリティと面白さはありますが、もう少しどうにか出来たのではないかと感じてなりません。素晴らしいグラフィックスや音楽など素材は一級品ですが、それをうまく扱えていないように感じます。
キャンペーンに関しては、いかにプレイヤーにストレスを与えるかを試している内容となっており、難しいというよりムカつくといった感じです。子供だったら間違いなくコントローラーをぶん投げていると思います。
オンラインに関しては、単調なミサイルの打ち合いしかルールがないため、数ヶ月しない内にマッチングが成立しなくなり破綻すると思います。ゲーム内マネーで買えるオンライン向けの兵装を持っているかで強さ大きくも変わるため、キャンペーンが基本のプレイヤーは面白く感じないと思います。

個人的に期待していただけにショックも大きいです。何年後になるのかはわかりませんが次回作に期待します。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
ばんどりあんさん  [2019-01-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 4pt 2pt 3pt 2pt 2pt 2pt
総合点
55pt

GOOD!

・唯一無二のオリジナリティ
フライトシミュはなくもないのですが実はフライトシミュをベースにしたSTGとなると他になく、唯一のタイトルとなっています。
一応過去には同ジャンルのタイトルもなくはなかったのですが、継続されることもなくこれだけ長期にわたるものはありません。
アーケード(エアーコンバット)が1993年、エースコンバットが1995年ですから他のジャンルの有名タイトルと比較しても
非常に長いシリーズといえます。
フライトシミュ拠りとかSTG拠りとかならなくもないのですが、フライトシューティングと呼べるタイトルとなると現時点ではエースコンバットシリーズ以外にありません。
HUDなんかもゲームとして成立するようにバランスがとられており、リアリティを感じさせる(=リアルではない)レベルで成立しています。


・実写と間違えるかのような美しい描写
現実味のないミサイルの搭載数等フライトシミュとしての常識をあえて無視してSTGとして成立させています。
今作は前作(AHやAC6)からハードウェアも進歩したものとなったため、非常に美しいグラフィックを見せてくれます。
特に、今までの霧がかかる程度の雲とことなり、天候の要素が明確となったてめか航空写真と見間違えるような
美しい描写となっています。

・ストーリーは良い
ストーリーのベースそのものは非常に良いです。
ただ、主人公の立ち位置は歴史の年表に乗ることもないようなその他大勢に過ぎず、その中で目立った一人でしかありません。
年表にでたとしても冤罪をかけられたパイロットがいたで終わっちゃうような話です。
過去のシリーズのシナリオを補完していますので過去作品のここにつながるとか、エンディング時点での混乱した状況から
AC3のエレクトロスフィアが構築されて多国籍企業が台頭するのかとか想像する余地がありシリーズ通してプレイしていると
楽しめる内容となっています。
AC3はシミュレーターの中の世界ですが動機からして世界観はAC3になっているはずなのでいろいろと想像が膨らみます。
個人的にはファンサービスの空母の名前がそう来たか!とちょっと楽しくなりました。
Zeroは名ばかりエースを撃墜して延々とエースと言われる食あたり気味の演出でしたが、
エースと持ち上げられ続けるのは大差なくても懲罰部隊を挟んだことにより胃もたれしなくなったのも高評価です。

・天候
今回は天候が組み込まれたのでいろいろ変化が楽しめます。
突っ込みどころもなくもないのですがそこはゲームということで。
ゲーム的には難易度を上げる要素になっていたり、ミサイルを乱す要因となっていたりで
ゲームを楽しむためのギミックとなっています。
ですが、その真価は逆行や雷光、雲の質感といった描画面にあるかと思います。

・システム面や操作性
ナンバリングでの前作(AC6)との比較でシステム的なバランスは改善されてると思います。
HighGは6の時は初心者モードの印象しかなく、百害あって一利なしの印象しかありませんでした。
今回は単純に使えば強いってほどでもなくシステム的に熟れてなじんだ気がします。
フレアも追加されましたし、システム的には順当かつ正当に進化しています。
これ以上となると思いつくのはVTOLくらいなのでひとまずの完成形ともいえると思います。

・対空火器が仕事している
これはBadでもでくる問題なのですが対地ミッションを押し出した爆撃ゲームに半ばなっています。
それに合わせたのか対空火器がしっかり仕事しています。
ちょっと軸をずらせば避けられるようないい加減な対空火器ではなく、きちんと照準あわせて弾幕とんできますね。
地味ですけどこれはいいです。
実のところ難易度的に劇的になにかが変わるってわけでもないのですが演出面では敵地って雰囲気がでます。

BAD/REQUEST

・ストーリー
ストーリーは非常にいいです・・が演出面が泣き所。
個人的な感想なので賛否われるとは思いますが、問題点を2点あげると

1.ビジュアルシーンでのメインストーリーが主人公そっちのけ
04や6でもそうなんですが主人公ほぼ関わらないんですよね。
ブリーフィングのみで展開するのが主人公にとってのメインストーリー。
結果として主人公はサイドストーリーの人物に成り下がります。
メインのストーリーから外れているって点では過去最高なのではないかと思います。
ここはがっちり、メインストーリーに絡んだ3や5のほうが好きです。
今回の主人公は最後の最後まで状況に流され続けた撃墜王でしかありません。
戦局では活躍しても大局では状況を変えることはありません。
最終戦ですらその場に居合わせただけです。
正直もったいないとしか言い様がありません。
素性は良さそうなストーリーなので今のストーリーを生かしたまま主人公掘り下げていればと思えます。

2.クローズアップされる人物はラスボスでもなく、かつゲーム中では印象に残らない
一応ネタバレしすぎないように固有名伏せます。
登場人物は科学者、敵パイロット、王女、整備工で語られるストーリー。
パイロットに関しては04の黄13の悪夢復活です。
黄13と一緒で敵側がクローズアップされます。
そこまではいいのですが、個人的に最悪としか言い様がないのが
黄13と一緒でストーリーの都合上の無敵モードは勘弁してくれと言いたいです。
当てても落ちない、落ちないので白ける、白けるからストーリーで持ち上げてるのが白々しいと悪循環です。
白けた中で音声聞いてる時間消化とか苦痛なのでここは着弾したら強制イベントで先に進んでくれた方がいいです。

3.味方が空気
ほとんと空気ですね。小隊とか意識する場面はまったくありません。
このあたりは先に述べたサイドストーリーに成り下がった結果で主人公周りはさらに一段成り下がったことが原因です。
3,5のように良くも悪くも印象に残る味方のためには主人公がメインでストーリーを立てないと難しいですね。
結局最後のころでやっとこカウントがチームらしさを出してきたくらいです。

・ゲームバランス
ゲームバランスみると悪いところが多いですね。

1.爆撃ゲーム
04の悪いところ復活ですね。
ステージ構成的に爆撃重視ゲームとなっています。
空戦を期待していると肩すかしです。
タイトルに偽りありで「エース」コンバットではないですね。

2.ターゲットの数と時間制限
爆撃が多い割にターゲットが多く、かつ結構厳しい時間制限とクリアスコアが設定されています。
結果としてスコアを稼ぐには搭載量の多い機体が圧倒的に有利です。
上手、下手でひっくり返せるレベルではないのでかなり残念なポイントとなっています。
対地持ってない機体とかありますしね。
個人的には初期機体、初期装備、無補給の前提でバランスをとってほしいところです。
時間縛り、スコア縛りで難易度上げられるのはちょっと違うきがします。

3.バランス調整が数の暴力
時間制限、スコア以外で難易度調整、バランス調整と思われる部分は基本数の暴力です。
それでも撃墜できる余裕があれば不満はないのですが時間制限と組み合わさったりすると
正直うんざりします。
全機撃墜orターゲットに集中みたいな選択肢はほしいところで
数の暴力するステージなら時間制限ゆるやかにしてほしいところです。

4.レーダーが不便
後半のやたらとUnkown表示で縛られたり、トンネルの位置がレーダー表示されなかったりと使い勝手が良くない。
レーダーのレンジと近距離にすると谷の形もわからない。
このあたりの使い勝手は正直かなり悪いです。

5.天候を強調しすぎ
天候の要素を入れたのはいいですがそれを活用させるためか雲の位置が低く結果として空が低い印象を受けます。
思うように空を飛ぶって印象が持ちにくい部分ですね。
使い勝手の悪いレーダーがさらに制限されるため、初心者向けにEasyだとエフェクトは有るけど効果はないとかすると良かったかもしれません。
天候による縛りのあるステージもあるのでシリーズに慣れがないとちょっと厳しいかもですね。

6.撃墜できない敵機がいる
ストーリーのところで述べましたがメインストーリーで語られるあの人ですね。
このシリーズに関して言えば撃墜できない敵機がマップに居座るっていうのは
バランスを崩していると思います。

7.1シナリオの時間が長い
1シナリオが長いです。
しかも、ブリーフィングにない追加が多いのです。
これで制約になっているというとそうでもなく、チェックポイントがもうけてあり、
弾がなくなった場合はミスして再開すればフル装弾となるある種の救済策になっています。
こんなことするならシナリオ分割すればいいのにと思いました。


8.無駄に補給がある
大量搭載機のほうが有利というのはすでに述べた通り。
補給があるからといって補給にもどるとそれはそれでスコアを制限します。
しかも、ライン超え補給でゲームの流れも問答無用に断たれます。
一方で大量搭載機ならどうにでもなるよね?ってことでバランス悪いです。
ここは6のマップ内着陸、補給から大幅に退化して04に先祖返りした部分です。
先に述べたチェックポイントで再開するとフル回復することもあり
正直いって劣化した補給はなくてもいいんじゃないかと。

・音楽
印象に残った曲がまったくありません。
良くも悪くも無難であり、ベストマッチな選曲はありません。
印象に残らないのでこれについてはこれ以上感想ないですね。

COMMENT

シリーズはINFおよび、DS/GB、iPhoneを除きプレイしています。
コンシュマー機での個人的な評価は思い出補正もあるもののプレイ時点での満足度を並べると
3 = 5 > 2 > 1 > Zero > 04 > 6 > AH
となり、このうち論外がAHですね。
3はリアルと思いたい層には不評のようですが仮想戦記物とみてるので私は高評価です。
同様に仮想物とみていた友人にも軒並み高評価でした。
基本エースって祭り上げられると評価を落とす傾向があるので私の感想は
その点を念頭に置いて読んで貰えたらと思います。

7についてですがとりあえずハード一周したので総評としてまとめると
システム面で大幅に進化、進歩、ただし、ゲームとしては04に先祖返り
となります。
04までもどらず5の塩梅だったらよかったのにと思えます。

時間制限、スコア制限、天候によるデメリットが目立つので
このゲームがシリーズ初というとちょっと厳しいように思えます。
また、そのため、所見殺しと言えるようシナリオがあります。

無人機ですが一見すると動きがトリッキーに見えつつも所謂棒立ちのタイミングがあるのでかなり雑魚です。
ただ、数が多いのとタイミング見極める必要もあるので手応えがまったくないとまではいかないといった感じです。
AC6の垂直移動みたいないくらなんでもな動きもないですしね。
クリア条件の窮屈さはありますが結局いつもの難易度と大差ないかなと。
一方で比較的初期から無人機がでるので初心者にはちょっと厳しいかもとは思います。
このシリーズ、EasyからAceで数や威力が変わるはあるものの劇的になにかが変わるってような変化はないので
ここが初心者取り込みのネックになるかと思います。

今回はAC6のなんとも言えない手応えの無さからは大幅に改善されています。
ただ、爆撃より空戦のほうが好きなので空戦たのしめるミッションがもう少し多めだとよかったと思います。
爆撃重視なのが残念です。
マップ数もそこそこ充実していましたし、その点では満足できます。

おまけ要素としては早期特典のAC5、ベタ移植とのことでですが映画に例えるならデジタルリマスター版。
ビジュアルシーンなんかは解像度の荒さも見えますがゲームとしては綺麗に描画されているため
画面が4:3ってことを新作でも通用するクオリティでこれだけでも一本分の価値があります。

個人的な評価としては正当に進化したナンバリングタイトルにふさわしいゲームでした。
このシリーズのファンなら十分に買う価値あるようには思えます。
ただ、自分が主役といったシナリオを重視するならやめた方がいいです。
ただし、AC5がバンドルの期間であれば問答無用で買いでいいと思います。
といった感じです。

最後に本音の話。
AC7は十分に満足しています。
でも・・・
AC7の基盤の上にAC5やAC3が乗っていたら簡単にAC7以上の作品になっていただろうなとは思います。

   
プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
Rsさん  [2019-01-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 3pt 2pt 2pt 2pt
総合点
54pt

GOOD!

〇美しく激しい空戦
多くのプレイヤーが待ち望んだナンバリング作品。
まずプレイしていて驚くのがグラフィックの美麗さ。
戦闘機の質感はもちろん、刻々と変化する天候なども表現されており、コクピットにつく雨粒や遠景の美しさなど、確かな進化を遂げている。
操作性も向上しており、ハイGターンやフレアの放出など、ゲーム性とリアリティを上手く落とし込んだ作りになっている。

ストーリーはオーシア連邦とエルジア王国との戦争を描いており、過去作同様、骨太なストーリーになっている。
特にオーシア(5のプレイヤー国)とエルジア(4の敵国)という過去作の国が登場する通り、4や5のストーリーとは密接に繋がっている。
そういう訳で過去作をプレイ済みの人には嬉しい要素もあり、まさかあのキャラが!?という展開もある。
また主人公はとある戦争犯罪の罪によって懲罰部隊に送られ、罪を償う為に戦うとい今までにない設定になっている。
この辺は「エリア88」とかが好きな人にはたまらん設定だろう。いっそ「エリア88」でゲーム作ってもいいんじゃないですか、バンナムさん。

〇天候変化
今作では「天候」が大きな要素を占めており、それらがミッションにも関わってくる。
例えば「雲」はほとんどのミッションに影響を与えているが、雲の中では視界が遮られるだけでなく、レーダー反射も一時的に遮る為、ミサイルの誘導性が落ちたりもする。
だからと言ってずっと雲の中に隠れていると、今度は機体に「着氷」がつき、運動性が落ちる為、必ずしも雲の中が安全という訳でもない。
他にも「雷雨」によってHUDが一時的に使用不可になったり、「砂煙」によって視界が防がれたりと、天候によるミッションが様々用意されている。

BAD/REQUEST

×制限付きのミッションが多い
今作のミッションの大部分が何らかの制限が課せられており、素直に空戦を楽しむ、というものがほとんどない。
制限は主に「時間制限」と「視界」に分けられる。

「時間制限」に関しては全てのミッションに制限時間が設けられているのだが、極端にギリギリに設定されているものが多い。
特に制限時間内にスコアを稼がないといけないような殲滅系のミッションは、悠長にやっているとクリアできないだろう。
また明確に時間が区切られていないが一定の時間経過でミッション失敗になるものも多い。
例えば護衛ミッションなんかがそれで、敵機に襲われている味方を助けるミッションがちょいちょい登場するが、これも素早くやらないと助ける事が出来ない。
さらにミッション中に爆撃機が飛来するまでに破壊しろ、などといきなり言われて、現れた爆撃機をすぐさま片づけないといけない。
しかしタイミング悪く違う戦域で戦っていた場合は爆撃機のところまで移動しないといけず、ようやく辿り着いたらギリギリ、なんてことも多い。もし少しでも撃ち漏らしたら即失敗となる。
この場合の対処法は「前もって爆撃機の登場場所に移動しておく」という身も蓋も無い解決法となる。

「視界」の制限は主にGODDで述べた「天候の変化」が影響してくる。
雲や砂煙のせいでとにかく見えず、果てはレーダーまで無効化されるというミッションもあり、ただただ飛び回って見つける、という地道な作業を強いられる。
ここに制限時間も加えられる訳だから、足の遅い機体は総じて使いにくくなっており、とにかく速い重要となる。
こちらの解決法も割と単純で「前もって目標の位置を知っておく」というトライ&エラー的な方法が求められる。

そういう訳で本作は初見殺し的な要素が非常に強く、様々な制限下の中でのミッションが数多く存在する。
普通にプレイヤーが空戦で撃墜されてミッション失敗、という事は割と少なく、ほとんどは時間超過か視界不良による墜落が多くなる。
雷に打たれると一瞬機体が制御できなくなるが、その瞬間に墜落、なんていう理不尽なものもある。
じゃあ雷が当たらないところを飛べばいいのだが、しかしここは味方機の護衛という制限と組み合わせられており、雷雲の中に飛び込まないと助けられないようになっているという二重苦である。
こういったミッションが悪いとは言わないし、そもそも過去作にもあった要素ではある。しかし本作ではこれらの制限付きミッションが多すぎて、何度もやりたい、という事より、もうやりたくない、と思わせるミッションが多くなってしまっている。

×過去作ありきのシナリオ
GOODでは過去作のプレイヤーが楽しめると書いたものの、逆に本作からの新規プレイヤーが分からない展開が多いのではないか。
例えばベルカ人は技術に長け、陰謀好き、という話が唐突に出てくるが、この辺は5や0をやってないと意味不明すぎる展開だと思う。
ミッションの難易度も含めて、今作はどちらかと言うと経験者向けのゲーム、というのを強く感じた。

×エース感はやや薄め
「エースコンバット」シリーズの醍醐味と言えば手軽にエース気分を味わえる事だろうが、本作はやや薄めである。
というのも、敵機は割と無人機が多く、敵エースとの撃墜、というのがあまりない。
一応敵エースとの戦闘もあるものの、ミッションの多くは無人機を撃墜する機会が多い。
まあこの無人機も一般パイロットでは敵わない、という設定なので「無人機を相手するアイツすげぇ」というのが随所に存在しており、序盤から味方はエース気分を出してくれる。
しかしプレイヤーは全然仕事しない味方を救出して、無茶苦茶な機動で飛び回る無人機を倒して、時間やら何やらの制限をクリアして……と色々とやっているのだ。「すげぇ」とか言ってる前にお前らも仕事しろと言いたくなる。
やっている作業の大変さの割りに、味方からの賞賛が軽く、「プレイヤーが凄い」というよりは「他の味方が何もしてない」という気分になってしまう。

COMMENT

決して面白くない訳ではないし、グラフィックやらを含めて洗練されている。
しかし肝心要のキャンペーンがやっててストレスが溜まる仕様なのである。
天候による影響は面白いし、十分なアクセントになっているのだが、現状では制限の方が強く感じてしまう。
敵を破壊するのが面白いのであって、敵を探し回るのは面白くない。
この辺の匙加減が今作はやや悪かったように感じる。

最後にマルチプレイについて触れておく。
私自身はあまりエースコンバットの対戦が好きではないので、あえてGOODにもBADにも入れていない。
ルールは二種類でチーム戦と個人戦となっている。
最大で8人対戦となっており、そこまで大規模な戦闘ではない。
またコスト制限もある為、強機体じゃないと対戦できない、なんて事もなく、好きな機体での戦闘も可能となっている。
ただルール的に爆撃機はやや不利なので、その辺の格差はどうしても生じてしまうが。
個人的にはPvPよりもPvEがあった方が良かったのだが、まあそれは人それぞれだろう。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
えあっどさん(Webサイト)  [2019-01-24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

【PS4】ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。