このソフトのレビューを書く

【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて レビュー

発売元 スクウェア・エニックスオフィシャルサイト
発売日 2017-07-29
価格 9698円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:RPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
70
(難易度)
1.20
レビュー数
20
スコアチャート ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
5%
20-29
0%
30-39
30%
40-49
5%
50-59
10%
60-69
35%
70-79
15%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
60%
【標準偏差】
17.42


2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 3pt 4pt 2pt 0pt
総合点
66pt

GOOD!

・ドラクエらしいグラフィック。
ハード性能の向上に伴い、かなりリアルな感じになってきているが、ドラクエらしい親しみやすい雰囲気は顕在。ロードは長いが処理落ち等は無く、見た目が変わる装備も8よりは多い。

・BGMが良い
フィールド曲、戦闘曲共に雄大かつドラクエっぽくて素敵だった。新曲が良い曲な分、数が少ない事が本当に残念。

・王道なストーリ
勇者が運命に翻弄されつつ、仲間と出会い、数々の苦悩を乗り越え、世界を救う。所々強引な展開や、ベタな演出等もあるが、昔ながらの古き良き王道ストーリ。少なくともドラクエが好きな人なら安心して楽しめる内容だと思う。

・全体的なクオリティが高い
敵の強さや難易度、マップの構成、ストーリ展開なども、プレイヤを飽きさせないよう良く考えられており、バグも無くゲームに集中できる。どこが良いと言うよりも、全てがバランス良く高クオリティ、高品質。流石日本の国民的RPGと言った所。

・敵の動きが躍動感溢れている
スライムのプルプル感もドラゴンの重量感も躍動感があり、道端でモンスタ同士が挨拶していたり寝ていたり、親しみやすいデザインもありとても個性的。

・サクサク進む
難易度はかなり低く、特にレベル上げなどしなくても苦戦する事はほぼ無い。一部状態異常持ちのボスなどに壊滅させられたが、すぐにリトライできる親切設計で、対策も簡単に取れるので、クリアできずに詰む事はまず無い。
むしろ上がりすぎな勢いでレベルが上がるので、逆に歯ごたえが欲しい人は、意図的に雑魚戦を避けなければいけないのが大変。

・余計な事をしないのが良い
変に声を付けてキャライメージを固定させたり、主人公が身勝手な俺様正義を押し付けてきたり、主人公信者の仲間がそれを褒め称えたり、ラスボス直前に性欲全開でイチャつきだしたり、仲間同士が勝手に泥沼化して本来の目的から逸れたり、そんな余計な蛇足が無く、淡々と勇者の冒険をするのが安心できる。

BAD/REQUEST

・ストーリに矛盾や説明不足が多い
ネタバレになるので詳しくは言えないが、明確に「これはこういう事だ」と説明される内容に矛盾があり、結局何がどういう事なのか解決しない。ぼかす事で深まる設定もあるだろうが、今回の場合はただの矛盾、説明不足。設定が崩壊しているだけ。
それに伴い、今までの冒険や、共に戦ってきた仲間との絆などが「全部無かった事」になる展開には本気で萎えた。
他には、ファンサービス的な展開も多いが、何の脈絡も無く唐突にねじ込まれてる事が多いのも残念。

・使い回しが多い
呪文や特技のモーションやエフェクト、鍛冶、BGM、効果音、グラフィック、多くのものがドラクエ10からの流用。10の他にも過去作品からの流用が多数。
その他にも中盤、後半のモンスタは、前半の使い回しばかり。所謂色違いモンスタよりも酷く、体のとある一部分の色が違うだけの敵ばかり出てくる。

・戦闘AIが馬鹿
まず2人がかりで敵を倒すという発想が無い。HP200の敵が3匹出てきたら、全体100ダメージの技を2人で使えば倒せるのに「一撃で倒せないなら出来るだけ大ダメージを与えよう」という発想にでもなってるのか、単体150の技を使い出す。それを6回使い敵を倒すという何とも無駄な行動をとる。
他にも止めを刺す事を優先しているのか、イオを使えば敵5匹全員倒せるのに、1匹だけ弱っている敵に通常攻撃したり、MP消費を考慮せず優先順位が設定されてるのか、同じダメージで消費MPが4と10の技があっても消費10ばかりを乱発する。

・快適さがイマイチ
無駄にかかる移動時間、長いロード時間、リセットすると鍛冶が出来なくなる陰湿仕様、室内や木々がある場所だと何も見えなくなる操作性最悪のカメラ、こっちが背後から先制攻撃したのに逆に不意打ちをしてくる敵、敵への攻撃と挑発とアイテムを拾うボタンが全部同じで誤爆が多い事など。

・乗り物がただの別マップ程度
お約束の船や空飛ぶ乗り物だが、自由度が全く無く、決まった場所にしか降りられない。世界が広がったワクワク感などまるで無く、ただの特定のダンジョンに降りるためだけの中継マップ程度の扱い。

・開発者の価値観の強要が鬱陶しい
これもネタバレになるので詳しくは控えるが、例えるなら「ドラクエ5で3人目の花嫁デボラを追加したから結婚してね。でないと天空装備や王者のマントとか手に入らないようにしたから」って感じ。ただの嫌がらせ。

・キャラ性能の差が悪い
過去作品に比べるとだいぶ良くはなっている。少なくとも某6の引換券のような、明らかな役立たずは居ない。だがそれでも1人ぶっ飛んだ強さの奴が居てバランスを壊している。しかも設定上はそれほど強くない、ただの盗賊にもかかわらず。

・キャラデザインが酷い
中分けロング主人公、デコっぱちヒロイン、パッツン幼女、のっぺりオカマ。ゲームを進めればどれも魅力的なキャラだったが、イラストを見た時はかなり購買意欲が落ちた。せめて主人公ぐらいはキャラメイクしたかった。

・ミニゲームがつまらない
PS4限定のボウガンとか馬レースとか、こっちはRPGをやりたくて買ってるのであって、レースゲームに興味は無い。しかも最強装備をレースの高難易度部門の商品にするとか問題外。
仮にするのならFF7のチョコボレース的に、馬の育成をゲームに取り入れて、楽しみつつ時間をかければ誰でも手に入るようにしなければ、それはRPGじゃない。

・マップの構成が無茶苦茶
主要国家を結ぶ唯一の道が、崖をよじ登る必要があったり、丸太の橋をだったりする。逆に誰も立ち入った事の無い土地や、立ち入り禁止の地区に立派な橋が架かっている。
他にも、各国と貿易をしている設定の港町があるのに、そもそも港がある国が1つしかない。未開の秘境なのに町から道が続いており、案内看板も設置されている。山に囲まれて一般人では辿り着く手段が無い町が有名な観光地。など、矛盾を挙げればキリが無い。
住人のセリフも、同じ町の事を「旅なれた俺でも初めて聞く町」と説明する人と「有名な観光地」と説明する人が居るので、設定が意味不明。

・危機感や悲壮感が無い
これもネタバレになるので詳しくは避けるが、物語後半になると世界崩壊レベルの危機が訪れ、世界は滅んだ人間は死に絶えたと、言葉では散々危機感を煽ってくるが、実際は町が1つ入れなくなるだけで他は平穏無事。敵の将軍が町を襲撃しても、どこも住民は全員無事で建物も被害ゼロ。

COMMENT

良くも悪くも普通。ただし高品質な普通、といった感じ。
フルコース料理でも斬新な料理でもないが、すごく美味しい焼魚定食みたいな。変わらない良さとか、王道の安定感が流石と言える内容だった。
基本的な出来が良いだけに、細かい不満点が多く出てしまったが、総評としてはかなり楽しめた、オススメできるゲームだと思う。

あからさまな水増しなどは一切無く、一通りクエストなどはやる自分で、クリアまで110時間ほど。道中も目的が絶えず示され、イベントも頻繁にあり、サブクエストもあり、クリアまで飽きるとか面倒になるとか全く無く、これだけ安定して長時間楽しめたゲームは中々無い。

もちろん、どんなゲームにも人それぞれ好みはあるだろうが、ドラクエが好きな人ならプレイして損は無い、中々の名作だと思う。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ジャスさん  [2017-09-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

7人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 1pt 3pt 3pt 1pt 2pt
総合点
47pt

GOOD!

※ドラクエ初プレイです。

・ストーリーは基本お使いばかりで都合のいい展開が続く特典的なJRPGですが、キャラクター達は個性豊かで戦闘での演出、イベントシーン含め非常に楽しませてくれるメンバーが揃っています
シルビアやグレイグは最初のイメージこそ少し悪いものの、二人とも本作で1、2を争うレベルで魅力があるキャラでしたね
特定の街にしか出てこないようなサブキャラもとても味がある。

・フィールドやダンジョンの作りがRPG初心者にもやさしい
複雑な構造だとか難解な謎解きギミックだとか、面倒な要素が少ない
大抵のフィールドにはキャンプポイントがあり、セーブ、アイテムの売買、回復ができる

BAD/REQUEST

・UI、戦闘システムが前時代的
戦闘画面では行動順も表示されず、コマンドのデザインが昔のゲームそのまま
古き良きRPGというコンセプトが売りなんでしょうが、平仮名がやたら多かったり、メニュー画面が使いにくい印象を受けました。

・フィールド移動での快適性
移動速度は遅すぎるってわけでもないのですが、ダッシュができないのがちょっとつらい
馬の呼び出しも街の入り口とキャンプ付近でしかできないのもBAD
ゼルダやMGSVのように口笛で呼べる機能があってもよかった
たいして使わないジャンプより、ダッシュと馬の呼び出しをもう少し工夫してほしかったですね
街でもフィールドでもジャンプで乗り越えられる場所なんてほとんどありませんし。

・音楽が酷い
オープニングだけは最高ですが、フィールドと戦闘のBGMは聴いていて疲れます
かっこいいわけでもなく、単調で迫力もない
バリエーションが少なすぎてどこ行っても同じBGMが流れます
ストーリー上、重要なボス戦でも、通常ボスのBGM使いまわしです
あれだけストーリーが長く、色々なシーンや場所があるのだから、音楽もそれに合わせて作ろうと思わなかったのか・・・。

COMMENT

初ドラクエでしたが、RPGとしてまあまあな出来だと思います
面白かったけど、快適性に難ありです
とにかくシステムとUIが古臭いので、最近のゲームに慣れてると融通が利かないところが多かった
そして一番の不満はなんと言ってもBGMでしたね
序盤から終盤までずっと同じ曲を聴いているような気分になりました。

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
スカーレットさん  [2017-09-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 5pt 4pt 5pt 3pt 4pt 2pt
総合点
78pt

GOOD!

■DQらしい、大ボリュームの王道ストーリー

前半、仲間たちを集う長い旅が続き
後半、大いなる驚異の前に世界が危機に陥って、勇者たちは…

という、まさに王道の流れです

ついでに、クリアした後にも
さらなる重大エピソード(ある意味で本番)があり
ゲームボリュームは満点

総プレイ時間は
安定の100時間越えでした(笑

さすがのDQ


■過去シリーズからのオマージュ&BGMてんこ盛り

今作は随所に
歴代シリーズをオマージュしたようなイベントや
歴代BGMを流用したシーンが、各所に散りばめられており

「あぁこれはDQ4の!!」とか「DQ6の!!」とか

思わずニヤリとさせられますw


■今時のRPGでは珍しい、民家などの室内MAPの作りこみ

最近のRPGは
オープンワールド傾向が進むにつれ
広大なフィールドや、外観ばかりに力を入れがちで

住民たちが暮らす民家や
建物の内部MAPなどは作らない、手抜き…
…もとい、見かけだけのハリボテ構造が多くなってきているのですが

(イベント用の建物と、宿屋にだけ入れるようにして、他はただの飾りみたいな)

しかし今作は
古き良きRPGを思わせるように

何気ないモブの住居や、人々が集う酒場といった、生活の場にも入ることが可能で
町の探索を非常に楽しいものにしてくれている

やっぱりこういう
住民たちの生活感や世界観が感じられる要素は大事ですねぇ

もちろん全体の景色も
非常に綺麗で素晴らしいですよ


■豊富な村の数

上記とも繋がりますが

町の作り込みがしっかりしてるのに加え
立ち寄ることができる町が各地に結構な数ある

そして、それぞれの大陸には地域に合わせた特色があり
新しい街にたどり着くたび、どんな建築様式なんだろう?とか
観光気分のワクワクが止まらないです


■やりこみ要素も満載

裏ダンジョン・カジノ・馬レース・クエスト依頼
修練場・素材集めや鍛冶・ボウガンの的当て・スキルパネル埋め

などといった、各種やりこみがあり
それらをこなすだけでも、プレイ時間をガンガン消費していく(笑

BAD/REQUEST

■幼馴染エマの存在

数少ない不満の中で
個人的に彼女の存在についてだけは
ゲーム評価を揺るがす最大級の失点だと思っている

なんというか彼女は
・「主人公が独身になることを心配して」
「公式がいらぬ世話を焼いた結果生まれた縁談相手」という感じで

DQ8の馬姫ことミーティアを彷彿させる

ろくに会話にもストーリーにも参加してないのに
幼馴染というポジションを利用して、正妻アピールしてくるパターンね

3DS版の8では
それに関する不満意見を取り入れて(?)
ゼシカ用のEDルートを新たに作ったようですけど

そこが分かってるなら、この手のお飾りヒロインは作らないで欲しかった

主人公の体を気遣い
その身を挺して守ってきたのは仲間達だし

主人公がエマのために必死になって頑張るイベントもほとんどないし

テーマタイトルの「過ぎ去りし時を~」に該当する
主人公のある重大な決断ですら、エマのためではなく「仲間のため」という事実

(少なくとも8の馬姫は、旅に同行したし、タイトルを象徴する「呪われし姫君」であった)

さらに、それだけでは飽き足らず
コンプ要素(最強装備レシピ)を回収するためには
エマと「〇〇」しないとダメという、ゲーム側の押し付けにより、さらに印象を悪くした感じ


まぁ強いて救いがあるとすれば
DQ8とは違い、プレイヤーの意思を無視して
ストーリー上で駆け落ちしたり、確定カップル扱いはされないこと

(〇〇さえ否定しとけば夢は無限大)


■移動中のキャラ表示が主人公のみ

歴代シリーズでは
戦闘加入キャラが全員表示されたり

リアル等身になったDQ8では
表示されるキャラこそ1人になったものの
隊列の並び順を先頭にすれば、移動キャラを主人公以外に変更できていましたが

今作では、並びに関わらず
移動キャラとして表示されるのは主人公1人のみ

魅力的なキャラが多いだけに
モデル鑑賞の場を奪われたようでちょっと残念


■意味があるようで、ないような戦闘中の移動

今作は、戦闘してる間
順番が回ってきたキャラを自由に歩かせることが可能

かと言って
これが戦闘に有利に働くか(攻撃をかわしたり、範囲攻撃を避けたりできるか)
といえばそんなことはなく

敵から狙われれば
どれだけ距離が離れていようがダメージは食らうので
戦略的価値は一切なし(ゲーム上の解説にもあり

あくまで、演出的な効果+キャラモデル観賞用のシステムといって差支えないです


■飛行移動の必然性が減少

今作にも飛行移動用の乗り物はあるんですが
歴代シリーズのように「好きな場所に降りる」ということはできず

決まったマーカー地点にのみ降りられる
着陸ポイント固定制になっている

そのため
ルーラ登録できない離れ小島に
船を使わず飛んで移動する、ということも不可能で

空を飛ばないと入れない
限定MAPに行く時くらいしか使い道がない


■必要以上の露出規制

DQシリーズが国際的に有名となり
少年たちにも(3DS版など)大人気ということからか

PS2版8とくらべ
過度な露出を避けたような
堅めの衣装デザインが多くなっている

例えば
女戦士の定番デザインだった「ビキニアーマー」が
ショートパンツ履きに変更されていたり

8のゼシカと同じ衣装でも、ふともも露出してた部分がズボン履きになっていたり

ついでに「あぶない水着」と銘打ってる衣装でさえ
まさかの下半身がトランクス(ズボン型)という鉄壁ぶり

それのどこが「あぶない」のか…

COMMENT

ナンバリングシリーズは8までプレイし
以降の9、10はオンライン中心で手を出してなかったのですが
ついにオフ専向けのDQ登場ということで歓喜してました

その内容はといえば
スタンダードな王道RPGとして高水準のものとなり
非常に満足のいく出来でしたね

ここまで長期間どっぷりハマれた作品は久々
最近のRPGなら、5,60時間遊べたら御の字ですし

…ただホント、エマ好きの方には申し訳ないですが
彼女の使い方さえ誤らなければ、シリーズ最高傑作と呼べたのに…という惜しい気持ちもあり
(満足度の減点)

仲間キャラとの好感フラグだけに留めておけば
不満がほとんどなかったのに…

それを除けば
かなりの名作だと思います

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
武士のハートさん  [2017-09-11 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

4人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 4pt 4pt 3pt 0pt
総合点
73pt

GOOD!

(最初に3DS版をプレイした後このPS4版をプレイしました。両方のレビューに投稿します。)
【グラフィック】
真っ先に訪れるデルカダール城下町やダーハルーネの町を一目見たときの景観は圧巻。ホムラの里もPS4版で改めて見て感動。
各地点の風景におけるバラエティの濃さや雄大さは近年のRPGには無い魅力。
某姉妹やエマなど可愛さを売りにするキャラは3DS版のグラフィックにも独自の魅力があったが、
マルティナや男性陣、サブキャラに関してはどう見てもPS4版の方が圧倒的に見栄えがある。
川のせせらぎ等の自然描写においては「PS4のソフトである」ことを踏まえても一級の水準である。

【熱中度、満足感】
特筆すべきは、変に奇をてらうことなく王道に沿っているメンバーやサブキャラの構成です。
実はこの王道に沿ってこれらの仲間達とずーっと冒険していたいと思えるゲームは今では数少ないです。
中でも色物と思われていたシルビアの立ち位置や生き方には流石職人的に作り上げた人気シリーズと感心させられます。
ストーリーに関しては凝りすぎずシンプルな「勇者の物語」なのに引き込まれるストーリーが一貫して展開されます。
そして、一旦クリアした後ではとある目的の為にサブタイトル通りのどんでん返しが待ち受けており、大昔の勇者の足跡を追って新たに復活した黒幕を倒す展開です。
このPS4版は正確には2度目のプレイになりますが、PS4ならではの圧倒的な演出力で終始、上質のエンターテイメントを魅せてくれており、とある重要なイベントで涙するのも含めて改めて感動出来ました。
ようやくドラクエという大作がハイエンドの場においても再びプレイ出来るようになったことに感謝しております。

そして、グラフィックの項目でも述べたが、圧倒的な広さ及び箱庭的なフィールドや町並みでの探索活動も非常に楽しい。
文字通り膨大なプレイ時間で「広大な世界を駆け抜ける物語」であり、これも今のRPGにおいては貴重な存在である。

【システム】
PS4版では、戦闘は個人毎に即時行動出来るターン制に変わっている。
回復が即時に出来る安心仕様と思われがちだが、実は行動順が分りづらい為慎重な行動になりがちであり一概に有利とは言えない。
他に入れ替わったメンバーが即時行動出来ないこと、ベホマラー、ハッスル等全体回復が控えまで届かないものが多いこと(届くのもある)。
更にボスの使ってくる特殊攻撃を中心にPS4版の方が効果が一回り厄介になっているのが散見され3DS版よりは難易度がやや上昇している。
問題はそもそもの難易度が低すぎて双方比較しても意味ないことであるが。

そして広いフィールドという見た目に反して敵シンボルの密度が低くDSのドラクエで見る様な敵シンボルの猛追も行わない為、
クエスト絡み等での移動やダンジョンの探索はPS4版の方が楽でストレスなく行える。
2回目のプレイで(アイテムの配置はバージョンで違うが)要領がある程度分かってたこともあり
3DS版でプレイした時よりは各イベント、ボス戦、そしてEDを迎える時の主人公のレベルが幾分低かった。

【キャラバランス】
難易度の低さもあり、基本的にどのキャラにもどの系統のスキルパネルにも活躍の場がある。
ステータス的には前半イマイチなキャラは伸び率が高く後半相対的に高くなる傾向があり、逆も然り。
「レディファースト」はPS4版だからこそ非常に使える特技。

BAD/REQUEST

【難易度】(古参ドラクエプレイヤーのクレームとしてBadにも書かせてもらいます)
今回、なぜあそこまで簡単になったのかといえばLvアップでの全回復や要所要所に設置されてる回復ポイント、簡単に敵シンボル避けが出来てその気になれば一切の消耗無しでイベント地点まで行けること等はさることながら(敵避け、探索、クエスト遂行はPS4版のが容易)、
根本的には敵から入手出来る経験値が多すぎることです。せめて普段の経験値入手は現状の半分ぐらいで丁度よい。
下手したらボス戦でもらえる大量の経験値だけでも十分です。

RPGの醍醐味はストーリーと戦闘とサブイベントであり、取り分けドラクエは敵モンスターや各キャラの魅力の占める割合も大きいので、FFに比して地道な戦闘やサブイベが凄い大事なのに
クエストを順当に消化し、ダンジョンで普通に出てくる敵を倒しているだけでもう各ポイントにおける攻略サイト推奨のレベルを余裕で超過してしまいます。

さらに転生以外の図鑑埋め目的で戦闘したりしても、それだけで経験値が入り過ぎてしまいます。
今回のプレイでも出現に手間の掛かる転生モンスターの関係するクエストなんかやっていません。
まさかドラクエで「レベルが上がらないように」気を使う事態になるとは思っていませんでした。
FCのドラクエ1、2の頃、町に張り付いてレベル上げてた頃が懐かしいです。

当然、一旦クリアした後に戦うのも含め今作の全ボスがただの消化試合といっても過言ではありません。
シンボル極力避けるなどして攻略サイトの推奨レベル以下で挑めば、特技や装備の組み合わせの駆け引きが生きてくるボスも中にはいるんだろうけど、不遇なものを感じざるを得ません。
しいて強敵を挙げれば、真のEDを迎える為に戦うボスにとあることしないで挑む時ぐらいでしょうか。

これに比べれば従来の確率エンカウント方式とはいえ途中の敵を逃げずに倒していき、「余計な」レベル上げをしなければ
ラスボスに至るまで要所要所のボスに激戦出来る様に調整されているFF10がいかにバランス取れていたかまで痛感することになりました。
(そのFF10も当時ヌルゲーと叩かれ、その腹いせなのか同開発部門であるFF13での難化やレベルキャップ設定に繋がったぐらいです)
ちなみに戦闘の体感難易度は
(難易度2点相当のゲーム)>FF10≧FF9>ドラクエ9≒FF7>ドラクエ11(PS4)≧同(3DS)
です。

そして、初の試みになった公式「縛りプレイ」も「防具装備不可」ぐらいしか意味を成さないものとなっています。
公式で用意すべきだった縛りプレイはどう見ても入手経験値に関する内容であった筈です。

【音楽】
ゲーム中に良かったと思える曲はいずれも過去作のどれかで聞いた曲ばかりであり、
11独自の曲は後半に流れる様になるボス戦曲(前半はボス戦曲自体が無い)、ラスボス戦曲など今ひとつなのばっかりだった。
(11独自の曲のみに点数を付けるなら2点か1点)
PS4の音源も全然活かしきれていない印象。

【おまけ】
ボウガンはターゲットが気になって初見の土地をのんびり周り辛く、挙げ句暴発をして余計な戦闘を招く等、邪魔以外の何物でもなかったです。
独自要素は素直に3DS版の方が良かったと言い切れます。

COMMENT

ようやくPS4等ハイエンドの世界でも老若男女が遊ぶ様な大作が戻ってきて感無量。
100万を軽く超えている売上を見てもこの正統派大作のハイエンド路線が予想以上に大手をもって支持されていることを実感。
ただ、今回は老若男女にも遊ばせることに徹底され、シナリオの質やゲームの量的には大作らしくボリューム満載でもRPGの醍醐味を味わせる要素の面ではすこぶる薄味になった印象。

今年のRPG業界における衝撃第1発は何と言っても、このドラクエ11の「ドラクエというRPGの模範」としてどうした?っていうくらいの易化でしょう。
本作は史上もっとも簡単だったドラクエ9よりさらに易化なのは勿論、スクエニから出されたゲームを通しても5本の指には余裕で入るくらいの易しさです。
一旦クリアした後に現れる真の黒幕やそれに付随するイベントやボスも穏やかな難易度であり、裏ダンジョンと言えるものも特に無かった為、やり込みにおいては大変な上位激戦になることと思われます。

今作においてスクエニは全体的にすこぶる抑えめなバランスに終始したと思います。
密かに爪を研いでいるのか、すっかり丸~くなってしまったのか・・・正直、次回作はどう出るのか全く分かりません。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ペンシルさん  [2017-09-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: ブラックフィン
レビュー日: 2017-08-02
とりあえずPS4のデュアルショック4が電池切れで充電中なので、時間潰しにレビュー書きます。

オンラインの10を除くとDSの9以来8年ぶり、据え置き機だとPS2の8から13年ぶりのナンバリングドラクエって事で全ての情報を遮断して楽しみに待ち、PS4版は近所の店で並んで買って、3DS版はアマゾンで注文っていう買い方をしました。
そして29日からは睡眠時間が削られて削られて…('д`)

ほんとに楽しい。

これに尽きる。

ほんと何をしててもドラクエテイストというか、自分は今ドラクエをプレイしている!という気持ちにさせてくれます。

時代の流れからか、「へんじがない、ただのしかばねのようだ」の様なおなじみの台詞が「へんじがない、すでにこときれているようだ」みたいにちょっと変わってたりするのは寂しいかなぁと思うけど、それでも台詞回しがほんとドラクエ。
勇者が居て魔王が居る王道のストーリーだからなんか古いなぁと感じる人も居ると思うけど、それがドラクエでそれを求めて1からリアルタイムでプレイしてる自分からすると「それがいいのに!」と言いたくなる。

戦闘も今時のRPGやってると古くさく感じるかもしれない。
でもやっぱりドラクエだからそれがいい。

…さて、コントローラー充電少し出来たし、次のキャンプまでは進めておかなきゃ!

【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。