このソフトのレビューを書く

【PS3】三國志13 レビュー

発売元 コーエーテクモゲームスオフィシャルサイト
発売日 2016-01-28
価格 9504円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:歴史シミュレーション
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
59
(難易度)
2.00
レビュー数
1
スコアチャート 三國志13レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
100%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
-%
【標準偏差】
0


66人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 4pt 3pt 1pt 2pt
総合点
59pt

GOOD!

三國志シリーズはたまにプレイしています。(主に全武将プレイができるもの)

全武将プレイなので、様々な楽しみ方ができます。
君主の軍師となって、同盟国を変えながら、どの敵国を倒すかの方針を、評定での舌戦で動かすというプレイは、なかなか面白かったです。

一騎打ちや舌戦は、基本的に武力または知力が高い方が有利ですが、運が良ければ相手より多少低くても勝てるので、よくできたシステムかと思います。

合戦も、兵数が不利であっても、うまく挟み撃ちにすれば勝ちやすくなり、自分で指揮するのも楽しいです。

武将グラフィックもとても格好良いですね。
歳を取ると白髪になってくるのも、芸が細かいと思いました。

BAD/REQUEST

PS3版のせいか、フリーズが多いです。こまめにセーブしないとフリーズが怖くてプレイできません。

太守や君主が任務状を発行して命令を実行していくのですが、この制度だと、何もしない武将が出てきてしまいます。
また、任務状に枠があるので、他の武将に全て発行してしまうと、自分のやることがなくなってしまうことがあります。
任務のキャンセルはできますが、もう少し任務状がなくても、自主的に国の仕事ができることが多ければ良かったと思います。
ただ、今後の作品があるのであれば、従来通り武将ごとに命令する方式に戻してほしいです。

在野武将で始めると、お金もほとんどなく、稼ぐ手段もあまりないので、他の武将と親密度を高めることがなかなかできません。そのため、できることがほとんどないです。
以前のシリーズでは、お金を稼ぐような仕事があったと思うのですが、なぜなくなってしまったのでしょうか?

都市ごとに兵が属していて、兵が移動できないのはつらいです。
兵が多い自国都市から、敵国まで遠くなってくると、前線に送るのが面倒になってきます。

忠誠度を金で上げられないのもおかしいです。
家宝を買ってきて、自分から没収して国のものにしてから家臣に与えれば忠誠度が上がるのですが、非現実的すぎです。
君主が色々な都市を回って、家宝を集めて家臣に与えるというのは非常に滑稽です。

以前のシリーズからずっとそうだったのですが、相変わらずほとんどの武将の義理が高すぎて、大国がどんどん滅びて小さくなっていくのに、なかなか裏切りません。
現実的に考えれば、滅びつつある国にいるのは、家族のためにも敵に寝返ったほうが良いと考える武将が多いのが普通のはずです。
劉備と関羽、張飛のような関係なら、国が滅んだとしても裏切らないのは分かりますが、それほどでもない武将は、身の危険を感じてある程度は自分から裏切るようにしてほしいです。
追い詰められた一つの小さな都市に、100人近くも武将がいるのは不自然極まりないです。

COMMENT

不満点を多く書きましたが、かなりハマりました。

終盤はどうしても作業的になってしまうのと、自国が戦争を繰り返していて、敵の大国を放っておくと、その敵都市のほとんどが10万の兵を有するような絶望的な兵力差となってしまい、天下統一にものすごく時間がかかってしまうことがあります。
ただ、それは現実的でもあるので、BADではないのですが、辺境や田舎都市の兵士数MAXは低くするなど、もう少しどうにかならなかったのかというのはあります。

総じて、面白いと言えるのですが、不満な部分が結構あるという作品です。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
デッドドライブさん(Webサイト)  [2016-06-24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 歴史シミュレーションゲーム好き
レビュー日: 2016-02-01
コーエーの歴史シミュレーションは「信長の野望」シリーズを含めほぼ全作プレイしてきて(他にもシステムソフトの大戦略とかも・・・)
今回の作品は「武将プレー」のあり方を’新しくしよう’としていて絆システムなど評価できるところもありますが、『残念』な退化している部分もあるのが現状です → ★訂正:完全に退化しています → ☆アップデートして多少バランスはよくなりましたが、不満足点が顕著になりました→▼さらにアップデートしましたが焼け石に水 という印象が否めません

再追加(★2016年3月22日現在  3月3日~のVer4のアップデート後について)
・勢力評定で「同盟締結」を提言できるようになりました・・・しかし’残り6ヶ月を切った同盟の延長’や’同時に2勢力、3勢力との同盟’を提言できたりはしません(同盟していない勢力とだけの1年に1回だけ同盟を進言できる  ということです)
・君主が戦場で少しだけ賢くはなりました「大兵力を持ちながら本陣でずっと待機」とかしなくなったのが救いです
・前回のアップデートで都督や太守就任を拒否できて、君主軍師に留まることができるようになりましたが、実は勢力拡大すると「賈詡(カク)」といった自分より高知力の武将に君主軍師の職を奪われます(笑) そうなると結局、都督を受けるしかありません(自分より高知力の武将は捕虜にする前に戦場で殺しておくという 方法もありますが確実じゃないです) 
・結局、基本1年に1回の勢力方針による’貧弱な同盟外交’によって数年もしたら自勢力は大勢力との2正面作戦を強いられることになります・・・
 やはり「都督に外交権がない」「勢力が周辺勢力とどういう外交方針で臨むか決める外交フェイスがない」ので焼け石に水の修正です
 「都督にならざるを得ない状況」になった時から滅びの時間が迫る・・・というストレスゲームに変わりはありません 
▲君主プレーについて・・・あまり変更はありません「結局、『武将プレーの序盤&中盤』と『君主プレー(終盤は金欠が続きますが)』しか楽しくない」状況は変わりません  

追加(☆2016年2月15日 現在 10日にアップデート)
・都督や太守への登用を拒否できるようになりました、やはり「外交権」を与えたり「外交方針を決める」などの大きな手術は今からでは無理だったんですね・・・
・このため以前の不満は多少解消されましたが、あとは出世もなしに広大な領土を馬鹿君主の代わりに駆けずり回るだけになり、史実からは自分が活躍するおかげで外れていくので、どんどん歴史イベントも起きなくなり 「ある程度の勢力拡張を果たせば多数派工作→合戦→新しい家臣の繋ぎとめ作業の連続」になります
・勢力拡大に従って君主の家臣は増えますが、忠誠度を高める作業を君主がほとんどせず、どんどん下野していきます
・城の間の移動に時間がかかりすぎるので、軍師の自分が忠誠度を高めるられる地域や場所も限られていて非常にしんどい、そして金を稼ぐ手段が限られているので、『絆を高めて勢力への忠誠心をあげるために、高額アイテムを購入しないといけない』のに収入が追いつかないので超金欠が続きます
・何か「作業」に追われるだけで勢力拡大するたびに「新しい家臣が下野しないように金もないのに安い酒を買いあさらなくちゃ・・・」と奔走することになりしんどくなってきます
・君主プレーも君主は軍師以上にお金を稼ぐ方法が限定されていて(功績への報償が皆無)、それでいて国庫からは1銭もお金を借りられないので慢性的な金欠、「200万300万のお金が国庫にある君主が、200程度のお金を求めて街を徘徊し大捜索」なんて、切なくてありえませんよ・・・
・合戦の地図が数パターンしかなくて単調 、「信長の野望 創造PK」の戦場の方が視界限定もあって好評だったたのに・・・何で「信長の野望 天下創生」と同じような単調な合戦地図に戻してしまったんでしょうか?守備側が防御施設を作って待ち受けたりもできないし、合戦ははっきりいって単調です

(2016年2月1日現在)
評価する点(主に一般や重臣武将プレーの部分になりますが)
・久しぶりに武将プレーが出来る
・あくまで1武将として合戦に参加して「負けるけれども善戦する」方法を考える楽しさというのがある(過去作品にもありはしましたが)
・’絆’や’面識があるか’が登用や折衝に影響するという当たり前のことがちゃんと反映されている
・『兵士を金で雇う』というシステムじゃなく、都市の人口にある程度兵士数が比例するので『100万の軍勢が簡単に生まれる』三国志でなくなったのがいい
・自分が仕事に集中している時に君主に急に呼び出されたりといった「宮仕えのつらさ」を実体験できるのがリアルでいい(これが評価しない点にも現れますが)
・武将の登用がほぼ隣国でしかできないといったところがリアルでいい(登用じたいがほとんど成功しないのが妙にリアルではある)
・人間がコンピューターに多勢に無勢で敗北する(特に袁紹が驚異的に勢力を伸ばすので難儀します)

評価しない点(主に都督になった時に生じる)
・『君主の軍師重臣』は君主と固い絆で結ばれれば、ほぼ自分の意見が通るので、太守の任免や武将の移動以外は外交も出陣も内政も思い通りに出来る  が 『都督』になったら一番重要な「外交」が君主任せになり、しかも「君主は何もしない」ので周りが敵だらけになる
・都督になると君主の呼び出しや異動命令が頻繁で自分の仕事に集中できない、「勢力の方針」「軍団の方針」などでいちいち君主のもとに呼び出されるので、結局何もできない
・そして自分で仕事ができないので功績が積めないので、報奨金が入ってこない、過去作ではできた『国庫から頂戴』も出来ないのでなぜか「都督時代が一番の金欠」になってしまう
・そもそも『勢力の方針を決める』といいながら「内政」「軍備」「攻略都市」について決めるだけで、一番大事な「外交」の方針を決める事がないし
 『外交担当の重臣』がそもそも居ない! 三国志11では「弁舌」を持った文官武将が重宝し、その活躍が序盤の乗り切り方の醍醐味で
 勢力拡大には「外交」による同盟や多数派工作が重要だったが、「自分がやりま~す!」と提案しないと君主は外交を全くしない
・一般家臣や重臣だと「俺がやりま~す」と自分から手を挙げられるが、都督は昔手に入れて取っておいた「特別任務状」を消費しないとできない
 (それが尽きると外交上は詰んでしまう・・・)
・戦闘はリアルタイムで上級だとコンピューター側も侮れないのだが、戦場の視点を一方向からしか見られないので、特に関所などで「自分&敵部隊が城壁上に居るか」「城壁の向こう側に居るか」が分からなかったり、「雲悌で城壁上に上ったのか」「上がっていないのか」が全く分からない
・多くの部隊が乱戦になったら重なって位置が極めて見難い、『信長の野望 創造PK』の凸型の部隊をなぜ使用しないのか理解に苦しむ
・武将個人の「戦法」の効果がほとんど分からないので、アホな部隊が本陣を空けない限り、「多勢」&「相手を挟撃できる」方が確実に勝てる
・水上戦以外は『火計』をほとんど使わない(火をつけるというコマンド自体がほぼ無くなった・・・三国志の戦闘の楽しみは「火付け」なのに)
・出陣した部隊が兵糧を自動補給できない(手動で出来るが、その拠点に兵糧が大量にないと全く出来ない、さらに君主が指揮する部隊はこちらで手動で補給できない)、 これは極めて深刻で、自分の勢力の城の上にいるのに「兵糧がなくなりました」と出て敗北に繋がってしまう
・そもそも戦闘時間が長い!これはリアルの戦闘を全く反映していない、例えば3万と3万が戦場でぶつかって『長期対陣で睨み合い』でもないのに
 3か月もずっと殺しあって戦闘し続けるなんて現実の戦闘でありえない
 (例えば桶狭間の戦いや長篠の戦いは戦闘は1日で決着がついている、関が原でも同様、中国の戦いでも長くて2日で戦闘行為自体は終わっている)
 『信長の野望 創造』ではその点を「自勢力や友好勢力の拠点で自動補給できる」事でクリアーしたが、このゲームでは携行する兵糧は150日が最大で、60日かけて戦場に着いたら90日間戦い続けて兵糧切れ ということが頻発する(特に領土が広くなって遠くから部隊を呼ぶと)
・さらに都市の間の移動に時間がかかりすぎる!3都市移動するのに2か月とかかかるのは異常、確か史実では『許昌』から戦場の『荊州東部』とかまで長くても 2週間くらいで着いていたはずだが・・・ 「兵糧が自動補給できない」のに「戦場まで何ヶ月もかかる」仕様は何とかして欲しい
・兵士が傷兵扱いでもとの城に大量に戻るので、戦場で大勝利したはずが城に近づいたら【城の兵士が大回復している】ので
 ゾンビのように同じ兵士が出撃してくる  現実的ではない
・酒場や仕事の依頼がなくなったので在野武将で楽しくプレーする事が不可能
・上級だと勢力拡大の勢いが激しく、絆などの新しいシステムを楽しむ時間がない(主に袁紹が強い)
(★追加)
・都督にほとんどの仕事を丸投げしながら、外交権だけは自分で保持しつつ全く外交行為をしない君主が、こちらが綿密な侵攻計画を練っているのに、気まぐれに「敵対勢力を攻める」と言い出して全都市の兵士を強制動員→さらに集結都市を決めてそこにかなり遠くの都市の全部隊を集めるものだから敵国も狙われた都市の手前に大集結→ この間に2か月近くが経過し集結予定都市に待機したまま、誰も攻めかかりもしない → 集結が終わったら都市の手前で両軍が大激突、辛くも我が軍勝利 → 都市の攻城戦に移った頃には全軍の兵糧は残り1か月 → 敵の城でゾンビ兵が大復活 → 全軍崩壊し都市攻略は不可能に という惨劇を何度もループのように繰り返してます
・その間に私が軍師重臣時代に結んだ周辺諸国との同盟は次々と期限切れ・・・せっかくの版図も次々と周辺諸国に次々切り取られる
★警告★ 都督になった途端にすべてが終わるゲームです・・・都督になる前に全体の3分の1の城は抑えないと絶対にクリアできません(悲しいかな自分の力で5つくらいの城をとった時点で絶対に昇進して都督に任命されてしまうのですが)

と批判的な意見を多めに書き連ねましたが、「修正パッチ」「PK版」で改善してくれると信じています、『信長の野望 創造』が最初は「信長激強い」無理ゲーでしたが「支城勢力からプレイ」とかを足したり、戦闘&外交システムを改善して面白くなりましたから
今後に期待したいです   → ★訂正:たぶんこれは大手術をしないと治らないレベルです まず「都督がこの設定でいい」と思った
ゲームデザイナーのセンスを疑います  君主のを担当するAIが「単純に好戦的で同盟なんてクソッタレ」になっているので(歴史イベントによる同盟のみ発生する) 「修正」で何とかなるレベルではないです  購入しておよそ5日ですが「買って後悔」しています  
君主プレーはそれなりに楽しいですが、「武将プレー」が売りのはずでしたから・・・ 

 

【PS3】三國志13
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「三國志13」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。