このソフトのレビューを書く

【PS3】DARK SOULS II(ダークソウル2) レビュー

発売元 フロム・ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2014-03-13
価格 7800円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク AmazonPS4版 レビュー
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションRPG
■ プレイ人数:1人(オンライン:2〜4人)
■ COLLECTORS EDITION版:15,800円

【DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN】
■ 発売日:2015/02/05
■ 価格:4,936円
通常版にDLCを同梱した廉価版です。

総合ポイント
63
(難易度)
3.50
レビュー数
44
スコアチャート DARK SOULS II(ダークソウル2)レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
2.3%
20-29
6.8%
30-39
15.9%
40-49
13.6%
50-59
29.5%
60-69
11.4%
70-79
11.4%
80-89
9.1%
90-100
【60点以上】
61.4%
【標準偏差】
17.41


295人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 3pt 4pt 2pt 3pt 3pt
総合点
61pt

GOOD!

・豊富な武器や防具
 度重なるバランス調整の「一強」と言えるほど強すぎる武器がなくなり、まったく使い物にならないほど弱い武器もない。
 自分のこだわりで好きな武器を使い続けたり、ファッション目的で防具を選ぶということもできる。

・やりやすくなった対人戦
 闘技場のようなステージがあり、そこで1対1の戦いを延々と楽しむことができる。
 マッチングもサクサク。

・オンラインプレイ中の多様なシチュエーション
 侵入者が雑魚敵に襲われるようになる「巨人の木の実」。侵入者からホストを守るために現れる「青の守護者」
 など、オンラインプレイ中に前作にないシチュエーションがある。

・まともな方向に進んだ対人戦
 バックステップの性能が上がったり、盾崩しというアクションが追加された結果、ローリングでコロコロしたり、
 バックスタブを狙うばかりの対人戦から脱却。ケツ掘りはあくまで選択肢のひとつであり、絶対習得&対策必須な
 前作から改良されている。

BAD/REQUEST

・世界観
 伝承の勇者の装備が普通に売られていたり、何人ものNPCが装備している、
 「盾なし」の称号を持つ戦士の武器が盾と一緒に見つかるなど、世界観はあまり真面目に作っていないように思える。
 情報も出し渋りすぎて、四天王的なボスの情報は倒した後じゃないと詳しく分からないし、ストーリー中で自分が何をしているのか
 よく見失う。謎の多いNPCのイベントを最後まで進めても何の謎も明らかにならず、ただ防具を貰えるだけというイベントもありガッカリだった。


・後半になるほどテクニックが通用しなくなる敵
 戦闘アクションの肝となるのは、相手の攻撃を受け流して体勢を崩し、致命の一撃を叩き込む「パリィ」、
 相手の背中から攻撃して大ダメージを与える「バックスタブ」、相手の盾を弾いて無防備にする「盾崩し」などがあるが、
 後半の敵は巨大化してバックスタブが効かなくなったり、パリィが使えなかったりする。バックスタブや致命の一撃中は
 無敵ではないので、敵に囲まれている状態ではほとんど使用不能。通常サイズで盾を構えているのに盾崩しが効かない敵、
 小型でパリィは効くが致命の一撃は効かない敵などやりたい放題。たま~に大型の敵がパリィできたりするのも混乱する原因になる。
 「音無し」で足音を消して後ろからゆっくり近づいても普通に気づかれたり、近くの敵の存在を伝える「ささやきの指輪」で
 透明な敵に警戒しようとしても、透明な敵相手にだけ無効だったり、強い敵をひるませるために強靭削りの高い武器を選んでも
 実は強靭が無現だったなんてこともある。結局いろんなアクションがあるのにほとんど活用できず、攻撃しては逃げ攻撃しては逃げ
 というターン制バトルか遠距離から弓矢でチクチクダメージを与えるというような攻略法ばかりになってしまう。

COMMENT

対人戦はキャラクターの装備やステータスとプレイヤーテクニックのバランスが良く楽しかった。
反射神経だけで相手の魔法や攻撃を全て回避するのは難しく、属性防御や強靭度などを考える必要がある。
でもやろうと思えば装備を全て外してプレイヤースキルだけで戦うこともできる。

一方、本編攻略には不満がある。アイテムのテキストがゲーム本編と乖離しているように感じられて
ファンタジー世界を冒険しているという感覚にはならなかった。NPCの動きが現実離れしていて、
動作のキャンセルを多用し、いかにもゲーム的だということも理由のひとつかもしれない。

敵との戦闘は最初は楽しいが、パリィや盾崩しがほとんどの状況で使い物にならないため、
ヒット&アウェイを延々と続けることになり飽きやすい。


前作は世界観が良くても 対人戦が気持ち悪いケツ掘り合戦なのであまりハマれなかったが
今作は逆に、対人戦がそこそこ面白くても世界観がダメダメであまりハマれなかった。

 
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
black9さん  [2015-05-03 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

298人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 0pt 3pt 3pt 1pt 4pt
総合点
49pt

GOOD!

① 篝火間の転送が最初から出来る
全ての篝火に最初から転送可能。これにより、前作の問題だった転送で行けないエリアは過疎化していて協力プレイが出来ないという問題が克服されている。

② グラフィックが綺麗
エリアによっては、まるでヨーロッパの街を旅しているような感覚になれる。

③ 動きがなめらか
デモンズの時のようななめらかさで、前作のようなもっさり感がない。マントが風でたなびくなど、芸が細かい。

④ 二刀流システムが進化
要求ステータスを満たしていると武器を二刀流した時、専用モーションで強力な連続攻撃が行えるようになる。個人的には成功したシステムだと思う。

⑤ 周回するうざさがない
あるアイテムを使うと、そのエリアのボスが復活すると同時に、落ちていたアイテムが再配置される。これにより、前作のように何度も周回してアイテムや魔法を集める手間がなくなり、1週目でキャラを完成させられる。

⑥ 協力プレイが進化
協力プレイ時に回復などの奇跡を使うと、魔法陣に触れた他のキャラも同時に回復させられる。また、全員のステータスを底上げする奇跡などもあり、協力プレイ時の幅が広がった。

⑦ ステータスの振りなおしが出来る
あるアイテムを使うとステータスの振りなおしが出来る。これにより、行き詰った時、例えば、戦士→魔法使いに転職みたいな形で、状況を高い出来ることがある。

⑧ ステータス画面が便利
ステータスのアイテム画面が一覧表のようになっており、目的のものを瞬時に見つけられるようになった。

⑨ オンライン時にも篝火を灯せる
これにより、白霊を連れている状態で死んでも、途中の篝火から再開することが出来る。

BAD/REQUEST

① 音楽がダメ
耳に残る音楽がまったくない。音量0にしてるのかと疑ってしまうほど。

② 闇霊侵入がやり過ぎ
亡者状態でも侵入される。一度クリアしたステージでも侵入される。
亡者から復活しようと白サインを書いていて待ってても侵入されるし、一度クリアしたステージに買い物に行ったとたん侵入されたりする。
本当にやめて欲しい。うざいだけ。
しかも、改造してるチーターが多すぎる。そういう輩が侵入してきても、なすすべなく殺されるしかない。回線を切って逃げようとすれば、今作では処罰され、しばらくオンラインプレイができなくなるからだ。不正改造してる人間が野放し状態で、逃げようとした人間が罰せられるなんて明らかにおかしい。

③ 魔法の使用回数が回復出来てしまう
魔法や奇跡には使用回数があるのだが、アイテムで回復出来てしまう。しかも、そのアイテムは無限に購入することが出来る。高レベル帯では、雑魚戦でも最強魔法をみなが連発みたいな状況がデフォルトである。切り札という感覚が全くない。どうせ回復出来るんだったら、デモンズのようなMPゲージに戻すべきだ。

④ キャラメイクが同じになりがち
前述のように魔法が使いたい放題なことや、防具や大盾が弱体化して敵の攻撃を受けきれないことが多く回避が前提になっているせいで、有利に進めようとすると、最終的には軽装キャラになってしまう。

⑤ 敵のデザインがみな同じ
騎士系の敵ばっかり。

⑥ 使えないアイテム、魔法、奇跡ばっかし
アイテムと魔法、奇跡の数は大幅に増えたが、使えるものとそうでないものがはっきりしており、結局、使うのは一部だけ。

COMMENT

アイテム、魔法、奇跡、ステージの数など全体的に大幅にボリュームがアップしている。
しかし、上記のように使えるアイテムとそうでないアイテムの差が大きく、結局は一部しか使わないため、意味がなくなってしまっている。
また、ステージもだらだらと長いものが多く、前作のように閉所に固い敵を大量配置のような展開があいかわらず多く、突破しても疲労感だけが残る。ひどいケースだと、矢で遠くから数を減らそうにも、矢が届かないぐらいの距離からこちらに気付いて、そこからどこまでも追尾する魔法を放ってくるみたいな場所も存在している。
要するに、ボリュームアップしているが一つ一つの作り込みが雑なのだ。

闇霊侵入にしてもそうで、新しく追加した青霊による救援を流行らせるために、侵入される機会を増やしたのだろうが、青霊が全く流行っていないため、単独で戦って殺される機会が増えただけになっている。
装備や魔法の弱体化も、やり過ぎたせいで今度は逆に全く使われなくなるなど、問題を消すために新たな問題が出てくるといった感じだ。

これだったら、デモンズのように「ボリューム不足」「短すぎる」と言われても一つ一つを丁寧に作り込み、完成度を上げて欲しい。

仕事はまず丁寧さが大事だと、鮮やかなスーパープレイよりミスをなくすことの方が大事だという基本的な部分が開発者には欠けている気がしてならない。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
開発者の人間性が欠けているさん  [2015-03-11 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

393人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 2pt 4pt 3pt 2pt 1pt 2pt
総合点
49pt

GOOD!

★対人には興味が無いので踏み込みまず、協力プレイにだけ僅かに触れます。
★デモンズは10キャラ程度、前作は15キャラ+1周早解き30周くらい経験済み。
★デモンズよりダークソウルの方が好きなプレイヤーです。

前作よりよくなった点

・□ボタンのアイテムの「NEXT」が表示され、分かりやすく、パニックになりにくい。
 (魔法も同様なのですが、同じ魔法を複数枚積むと表示がおかしいです)
・ロックしたときのカメラ旋回がゆっくり目になり、撃破後に次の敵を自動ロックすることによる操作ミスが減った。
・最後に触ったメニューを覚えてくれる。基本的にはうざったく、非常に不快なのですが、ボス戦中の指輪変更などは前作より多少やりやすかったです。
・アイテムボックスがアイコン制になった。武器種別も多少細分化され、スクロールの手間が減った
・武器派生の方法が分かりやすくなった。派生用の鉱石を派生時に1ヶ消費するだけでよい

シリーズ未経験者向けの特筆すべき点

・レベルアップが自動ではなく、プレイヤー自身で難易度調整可能
・武器や補助アイテムが多彩
・ボス数とステージ構成が充実
・マルチは PvP、PvE の要素が両方用意されている

BAD/REQUEST

・START押してからメニュー出るまでが遅い。初期は5秒以上待たされることもありました。こういう配慮の行き届かなさは、一事が万事、別の面にも顕著に現れるものです。「なるほどそういうレベルね」とお思いの方は、私のBADはこれ以上読まなくても大丈夫かも。

・キャラクターの初期運動性能を下げすぎ。レベルを上げ「敏捷」を増やせば向上する部分はあるが、実際にどうなるかは上げるまで知りようが無い。「敏捷が上がる(が、ペナルティがある)指輪」など、お試しを用意すべき。新要素なのだからなおさら。
・何度も倒したモブ敵がいなくなる。「上達」と「工夫」の他に「作業」も選べるようになったのはいいとは思うが、「死なずに全部に打ち勝った」という満足のないまま、敵が減りエリアがどんどん簡単になっていくこともある。 達成感を求めるプレイからそれを奪うような調整はやめていただきたい。
・斧槍のモーションがかぶりすぎ。どれを振っても大体一緒とは・・・。
・ファルシオンの当たり判定がひどい。1段目がよくスカる。確実にあたるリーチはごく短く、まともには使えない。
・大型武器のモーションが、ロック中もノーロックのように動作する。どんなメリットがあるのか判然としないし、前作での操作グセを根本から変えなければならない。
・ローリング明けの弓構えの動作も変更。先行入力不可。前作慣れしてると非常にやりにくい。
・敵がどまん前にいるのに、ロックしたまま接近しすぎる(敵が接近する)と、角度判定がおかしくなって90度横を向く。
・ローリング明けの投擲があさっての方に行きます。
・ノーロック投擲の角度調整が、デモンズのように大雑把になりました。駆使する楽しさダウン。
・最下位の魔術触媒が、落ちてはいるけど容易に手に入らない。売ってもいるが、初期ではそれを知ることができない。結果、手に入るか分からないうちから盲目的に理力を上げることになる。何故デモンズや前作のように、誰でも買えるようにしたり、普通に落としておかないのか。聖鈴はそうしているではないか。
・攻略の順番によっては、終盤まで鉱石がまるで手に入らない。とんでもない数の武器を用意しておきながら、「並列にいくつも育てていこう」というプレイは否定するチグハグさ。私のプレイでは中盤後半まで大欠片がだぶつき、クリア目前では原盤がだぶついた。欠片ぐらいケチケチせずに売れ。
・反面、それがわかっている2キャラ目以降は自然と攻略順が偏ってしまう。やる前からマンネリ。
・篝火が多すぎ、しかも最初から転送可能で緊張感がない。前作前半の病み村などの「苦しい旅」を楽しむことができない。
・ある、序盤で訪れるべきエリアの開通が分かりにくい。前作のように、周囲に変化があったことをそこらのNPCが教えてくれればよかったのでは?
・マップのつながりがほぼ完全なる樹形図で、面白くない。初見で難所を迂回したり、低レベル攻略であえて突っ込んで高火力装備を取ってくるなどの楽しみが激減。さりとて個々の面はショトカ開通の喜びの場面も少ない。
・あるボスの難易度を下げる謎解きが理不尽。「そうなる」ようにはとても見えない。
・デモンズ、前作では「ゲーム実況者の低レベル攻略に参加」という楽しみがあったが、本作ではいろんな面でできない・やりたくない。ソウル量マッチング。全エリア開通までの長さ。ドロップや鉱石の集めにくさ。ボスの弱さ(特に複数でやったときの)。
・あるボス面の壁際のカメラ動作がおかしい。プレイに支障をきたすなら余計な装飾をやめれ。
・グラフィックは土細工のようにぱさぱさで、好みではないです。また、エリアと同系色の敵が多く、見難いです。陰影をはっきりつければもっと違うと思うのですが・・・。

・前述の大型武器のみならず、操作のしにくいところ、よくなったけど生かしにくいところが多いです。じゃぁどうすればいいかというと、新機能は単純に「オンオフ」可能にすればいいだけのことだと思います。それで改善しこそすれ、余計に不満に思う人はいないのですから。
・同様に、マッチングはもはや選べるようにしてもよかったのでは? 名を刻む指輪で ○○の神=獲得ソウル帯 ○○の神=レベル帯 ○○の神=類似ステふり(協力のみ) など。

COMMENT

難易度調整のため、最大レベルなどの縛りを課した上でのプレイ。
その後制限なしのキャラでトロフィーコンプリート済み。

シリーズ初挑戦者の立場を考慮して:
平均的な評価では「クソ」とされているようですが、なんのなんの、十分良作です。「工夫しさえすれば熱中できる」点では、前作までにそれほど負けておらず、できればそこに20ptくらいつけたいところです。しかし本サイトの方式ではそれはできないし、本来なら「工夫しなくても熱中できる」べきだと思いますので、3ptとしました。
そしてあまりにも不満な点が多く、大部分は調整の必要なく改善可能な点(=開発サイドの手抜き)だと思われるため、快適さと満足感は相応にptを下げることにしました。結果ごらんのようなありさまになっております。
自分の中では75点くらいあるんですが、上記の理由で反映のしようがないし、未経験者向け・一般向けには正しい点数になってるのかも知れません。(ちなみにスカイリムのレビューも同じようなことになりました)

シリーズ経験者の立場として:
初見から縛りを設けたおかげで冒険として成り立った、という感じです。篝火が多すぎてぬるくなっていたはずが、ちょうどよく殺される難易度にできました。もし縛り無しでやってたら、味も素っ気もないことになっていたことでしょう。

しかし、基本的にシリーズ初見向け・ライトプレイヤー向けのゲームではありませんね。とにもかくにも、鉱石の手に入らなさ。【何度繰り返し殺されてもいつかはキャラクターの強化とプレイヤーの成長で突破することができる】のが、ARPGのよさだと思うのですが、本作の「楔石の欠片」の配置状況は、それを真っ向から否定していますね。
前作の序盤ボスにさえ、レベルを相応に上げてもなお勝てないプレイヤーが存在するからこそ、あそことあそこに鍛冶屋があり、その時点での武器・防具の最大強化ができるようになっていたのではないでしょうか。
本作では、終盤までは防具に回す余裕がまるでありませんでしたね。選択肢が1個潰れているわけです。
武器も、モーションのいいものが見つかっても欠片不足で無強化を強いられる。挙句キャラデリしたという話もちらほら聞きました。はい、もう1個潰れていますね。
選択肢が潰れるごとにゲームはつまらなくなる。難しくて投げるよりつまらなくて投げた方のほうが多いのではないでしょうか。

 
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ての字さん  [2014-09-20 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

358人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 3pt 2pt 2pt 3pt
総合点
52pt

GOOD!

・一度灯した篝火間を特に制約なくワープできるので移動が楽。
・ボスの動きが単調で倒しやすい。倒すとソウル(経験値のようなもの)がたくさんもらえるので自キャラの強化が楽。
・入り口の階段からドラングレイク城を見上げる/城壁から見下ろしたときの風景は見ほれた。
・終盤まで安定して使える武器が序盤に入手できるので攻略が楽。

BAD/REQUEST

・敵の攻撃範囲が見た目と実際の当たり判定がずれている(と感じる)のはつらい。経験や攻略サイトの情報を見れば避け方はわかるのだが、いったんゲームを離れることになるのであまりやりたくない(がやらざるを得ない)。
・一部の篝火の場所がわかりにくい。ある程度慣れてくると「このあたりに篝火があるはず」(実際に近くにある)とわかるので付近を探索するが、隠し扉の中などわかりにくいところにあるので探す手間がかかる。(見つからなければ攻略サイトを見にいく。)いわゆるチェックポイントなのだから道のど真ん中に置くぐらいでちょうどよいと思う。
・私だけかもしれないが、「特別なソウル」(ボスを倒すと得られるアイテム)を利用して入手する武器の性能がいまいちなのでボスを倒したときの喜びが薄い。
・狭い場所に複数の敵を配置したり、足場の悪い道で爆風で自キャラを吹き飛ばす敵がいるなど、プレイヤーの動作を想定して敵の配置を露骨にしているため、そこに飛び込む(飛び込まざるを得ない)自分が馬鹿に思えてくる。無論遠距からチクチクやればよいのだが、それってゲームやらされている感が強くやる気がうせる。

COMMENT

デモンズソウルをプレイ済みなのでボス攻略は比較的簡単でした。
当たり判定の調整などゲームとしてはちょっと荒い感じですかね。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
erさん  [2014-09-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Amazon カスタマー
レビュー日: 2015-07-13
ソウルシリーズを過去プレイしてきた者なので、少し意見に偏りが有るかもしれませんがそこはご了承下さい。

このゲームについて
〇 ジャンルはアクションRPGですが、ソウルシリーズを経験していない人にとっては『オープンワールドのゲーム』と思っていただければ良いと思います。ソウルシリーズ経験者の方は今までとゲームジャンルは変わっていないと思って頂いて問題ありません。

〇 過去の作品との関連について
これはこのシリーズ初挑戦(ブラッドボーンに必要なPS4は持ってないし今更デモンズやダークソウル1はなぁと思っている人)に対してですが、ほぼ気にしなくて良いレベルですのでワザワザ前作の動画を見るなどの必要はありません。

〇 ゲームの中身について
・ボリュームはかなりあります。これはDLCも込みの商品ですので、DLCエリアの攻略も含めるとかなりの量です。その分飽きてしまうかもしれませんが、それはその人次第なので何とも言えません。
・操作性について
これはソウルシリーズ経験者に向けてがメインとなります。未経験者の方にとっては「あぁこんなもんか」といったような感覚でプレイ出来ると思いますが、経験者にとっては厄介な所があります。
1 まず驚くのが回復動作、並びに回復速度の緩慢さでしょう。前2作品と比べて圧倒的に遅いので、注意が必要です。
2 こちらがメインですが、相手の攻撃のdelayです。前2作は最速回避を主として戦っていたと思いますが(シフやその他のもぶ等)、今作は最速回避にわざと当たるタイミングで攻撃を繰り出してきます。最初はかなりのストレスになるでしょうが、しばらくすると慣れてきますのでそこは辛抱です。
・オンラインシステム
これはオンラインプレイをする人向けですが、マッチングのシステムが変わりました。なんと総取得ソウル量でマッチングします。想像に容易いと思いますが、超高レベルの人と低レベルの人がマッチングするなんて事態はザラです。さらに総取得ソウル量なので低ソウル帯でのマッチングはかなり難しいです。基本的に周回プレイ時に協力という形になるでしょう。

・敵の事やその他
モブの数は前作より多めですが、何より厄介なのは固まって居ることが多いので、基本的に遠距離攻撃に固執するようになってしまいます。
またボスも対複数のものが多く、プレイしててストレスが溜まる事がありますので、そんな時はNPCやウィキに頼るなど柔軟な対応をすることをオススメします。

長々と書いてきましたが、後半の単調さ、数の暴力などが作用して⭐は4としました。ですがゲームは嗜好品ですので、気になった方は是非手にとってプレイしてみることをオススメします。

ては、ドラングレイクでお会いしましょう。
   

【PS3】DARK SOULS II(ダークソウル2)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「DARK SOULS II(ダークソウル2)」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。