このソフトのレビューを書く

テイルズ オブ ゼスティリア レビュー

テイルズ オブ ゼスティリア
発売元 バンダイナムコゲームスオフィシャルサイト
発売日 2015/01/22
価格 8,716円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象 セクシャル 暴力 言葉・その他 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3 (?)
タイトル概要 ■ ジャンル:情熱が世界を照らすRPG
■ プレイ人数:1人(戦闘時のみ最大4人)

スコアボード

テイルズ オブ ゼスティリア評価ランク
中央値
39
難易度
2.32
レビュー数
44

スコアチャート テイルズ オブ ゼスティリアレビューチャート


2.3%
0-9
20.5%
10-19
13.6%
20-29
15.9%
30-39
6.8%
40-49
13.6%
50-59
15.9%
60-69
0%
70-79
9.1%
80-89
2.3%
90-100
【60点以上】
27.3%
【標準偏差】
23.64

ユーザーレビュー


このレビューだけを表示する  507人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 4pt 0pt 0pt 0pt 2pt
総合点
16pt

GOOD!

 テイルズ オブ ゼスティリアのレビューとなります。3周目のプレイで一通り遊び終わったところです。【】で各項目に分けて書きます。各GOOD項目には10点を満点とした点数を記載します。点数が大きいほど評価にプラスとなり、各項目にはこのレビューサイトの基準に則り『個性・映像・音楽・熱中度・満足度・快適さ』の点数に如何に反映されたかを記載します。


【映像美】10点
 今までのテイルズで一番綺麗だと思います。色鮮やかになり光沢や炎、水などが特に美しいと感じました。今作は神依によるダイナミックな攻撃を多用することになるのですが、攻撃エフェクトも良く出来ていました。
 マップは人工物よりも自然の方が綺麗だと感じ、水と植物の多い場所が一番映像の進化が分かると思います。映像の評価に大きくプラスです。(この時点では)

【BGM】7点
 一部ダンジョンのBGMがとても素晴らしかったです。神々と人工物の『日常とかけ離れた』印象を存分に表しています。これらのBGMの為に、ダンジョンに入ってからメニューを開いてしばらく聴いていたほどです。街や屋外のマップのBGMは可もなく不可もなくと言ったところ。ですので初めてこの曲を聴いたときは、ガラリと変わる曲調に驚きました。
 全てのBGMが素晴らしかったら間違いなくもっと大きく音楽の評価をプラスしたと思います。

【MPの無い戦闘】8点
 MPやPPの様な「術を使えば減り、アイテムで回復」するゲージはありません。スタミナ系のゲージがあり、大きな術は大幅に減り、小型の技は少し減ります。時間回復するので終盤になり装備も整いシステムも理解すると、大型の術を撃ち放題に近い状態になり戦場は攻撃エフェクトで溢れます。エフェクトで溢れると書くと悪い意味にも聞こえますが、コレは良い意味です。派手で爽快な攻撃の連射が楽しく、個性・熱中度・満足度にプラス評価です。

【周回がしやすい】3点
 周回プレイのポイント(GRADE)が、使用した分も含めて次回に引き継げます。3周目からポイントが余り、快適すぎるくらいの特典を付けてのプレイが出来ます。快適さにプラス評価です。

【移動】5点
 走る速度を高速化するスキルや、ガルド(ゲーム内通貨)でセーブポイントをワープ出来ます。今作は基本の走る速度が遅いのでとても助かりました。ワープ移動する時の選択画面も、場所名と地図上の矢印とシンボルの写真が出るのでとても分かりやすいです。快適さのプラスです。

【ボスの存在感】6点
 敵のボスがしっかりとキャラ付けされていて良かったと思います。なぜ悪となったのか、なぜ悪事を働くのか、なぜ悪であり続けるのか、悪の親玉になるほどの力の源は何なのか。そういった背景がしっかりと説明されます。主人公サイドより敵サイドを好きになりやすい私ですが、そう言った贔屓目を無しに見ても今作のボスはガッチリ作られています。
 むしろ不満なのは、これに比べ主人公と仲間達、ボスの側近キャラの過去や考えに至る行程がまるで説明されていないこと。主人公は敵ボスなんじゃないかという冗談が、冗談では無いゲームです。ボス自体は高評価なので、満足度にプラスしました。

BAD/REQUEST

 大きく分けて、システム・世界観・キャラクターの三つに問題を感じました。ゲームのジャンルを考えると致命的かもしれません。各BAD項目にはマイナス10点を最低とした点数を記載します。マイナスの点数が大きいほど評価にマイナスとなっています。


【カメラワーク】マイナス7点
戦闘中の左スティックは操作キャラの移動、右スティックはNPCへの指示なのでカメラの操作はありません。問題はカメラ操作ができないことに加え、障害物にカメラが当たると障害物を透過して見えるのではなく、カメラが障害物に引っかかることです。
 例を挙げると『主人公が手前に移動』→『カメラも下がる』→『カメラが先に壁に当たる』→『カメラはそれ以上下がれない』→『主人公は下がり続ける(カメラに近づく)』→『カメラの高さから真下にまで来た主人公を映すため、主人公の頭頂部アップ』→『カメラの角度的に敵が見えない』と、こんな感じです。とてもストレスが溜まり、音楽以外の評価に関してマイナスとしました。

【戦闘フィールド】マイナス7点
 移動用のフィールドで敵シンボル(モデル)に接触すると戦闘になるのですが、この戦闘のフィールドは接触場所を中心に円となった赤いラインの中となります。そのため建物内の細い廊下で戦闘になるととても狭いです。それに加えカメラが壁にぶつかりカメラワークは最悪の一言。敵が見えないので『どこから撃っても敵の頭上に落ちる術(テイルズ的に言えばバーンストライク系)』ばかり使うことになりました。自由度と楽しさが無くなるので、コレも音楽以外のマイナス評価です。

【敵の種類の少なさ】マイナス5点
 ほとんど色違いと少しの形状変化だけで5倍くらいに増やしています。実質的な敵種は総数の20%以下と見ていいでしょう。動きは色が変わっても同じなので、後半の新鮮さが無いので戦闘がつまらなく感じました。コレは熱中度のマイナスです。

【神依の技が共通】マイナス8点
 主人公ともう一人の仲間、どちらが神依化しても全く同じ術・天響術・秘奥義を使います。もう削減できるところは極限まで削減するのでしょうか。神依とは2人の力を合わせることなのに、なぜメンバーが変わっても攻撃が全く変わらないのでしょうか。基本として宿る武器が同じとしても、コレは酷いと感じました。
 パーティーの二人の人間が、同じ動きで同じ術・秘奥義を使うテイルズを私は手抜きだと感じ、満足度のスコアを大きくマイナスしました。

【世界の狭さ】マイナス7点
 世界の存続をかけた冒険には全く感じられません。国というのが「街×1 村×3」ではあまりにも小さいと思います。国も2つあるだけです。
 他のRPGなら「住人がほとんど厚着をしている雪の積もった街」などがありますが、そういった変化のある街や村が無い点も、世界の広さを感じなかったポイントです。7つのマップで住民が着ている服装がほぼ同じで、誰も歩いていないのが凄く不自然です。同じ服装でも大丈夫なほとんど同じ気候の、たった2つの街と5つの村しか住民が住む場所が無い。それがこのゲームの「世界」です。このことから個性と熱中度、満足度の評価を下げました。

【NPCの行動(AI編)】マイナス4点
 味方NPCの行動が邪魔でしかありません。今回の戦闘システムは『三すくみ』が導入されています。簡単に言えば術がグー・技がチョキ・天響術がパーです。天響術(パー)を唱えている敵に術(グー)を当てると、自動ガードされ敵の天響術の詠唱は中断せず、詠唱時間が半減します。天響術は詠唱に長い時間がかかり、隙は大きいが威力抜群という特徴があります。
 しかし味方NPCが天響術詠唱中の敵に術を当てまくる為、高速詠唱された天響術が一瞬で飛んできます。そして【NPCの行動(選択編)】に書く問題がコレを致命的にしたというのが私の印象です。

【NPCの行動(選択編)】マイナス3点
 味方NPCが使う技・術・天響術が一覧として表示され、そこから使用する攻撃にチェックを入れるシステムがあります。つまり使って欲しくない攻撃のチェックを外せば【NPCの行動(AI編)】は解決・・・とは行きません。
 なんと全NPCの技3種と術3種のチェックは外せません。この3種はどれも基本系で出が速く攻撃力の低い物が多く、あっという間に敵の天響術を加速させます。戦闘中は何もして欲しくありません。私は『攻撃無し』で置物にしました。この2つの問題を合わせて考え、私は個性と快適さのスコアをマイナスしました。

【NPCが勝手に死んで戦闘評価を下げる】マイナス3点
 死亡とアイテム使用が戦闘評価を大幅に下げます。その為ボス戦のNPCは基本『攻撃無し・防御のみ』で放置するのですが、ボスや強敵系はガードしてもHPの20%程持って行く威力が有り置物でも邪魔です。回避も下手で、5回程ガードしては死んでいきます。
 それだけならまだしも、NPCは死ぬと控えに居る残り2人が生きていれば、勝手に交代して出てきます。そして回避に失敗して死にます。ただイライラしました。このことから熱中度を下げました。

【戦闘後のセリフや会話(ロングチャット)が少ない】マイナス10点
 戦闘後の仲間達による掛け合いの種類が少なく、すぐに全て見てしまいました。ストーリーに関係のないロングチャットも少なく、主人公や仲間の趣味嗜好や好物や人生経験といったものがまるで分かりません。キャラクターが重要な要素であるシリーズで、これは致命的なマイナスと言えます。音楽以外の評価を大きく下げました。

【何をしても肯定される主人公の仲間】マイナス8点
 人を殺しても罪に問われない点が、私はおかしいと思いました。どんなに相手が人間の屑で、もしも裁判があの世界にもあったなら死刑確実だったとしても、慿魔ではない人間を殺しておいて罪に問われないのは間違っています。
 主人公達がしていることは『自分達の判断で、殺してもいいほどの悪人と判断したから殺す』という行為以外の何物でもないと思います。
 仲間の反応の「純粋なんですね」「穢れが無いな」なども思考停止で仲間を肯定している風に見えて気持ちが悪いです。主人公を含めた仲間達の殺人に対する考え方がブレていて、仕方がない理由で犯罪をした少年は報告。仕方のない理由で殺人をした仲間はそのままパーティーというのは、仲間なら通報しないよ。と言っている感じがして好きになれませんでした。個性と満足度のマイナスとしました。

【都合よく出てくる敵】マイナス8点
 詳しく書くとネタバレになるので、全体的な雰囲気を大雑把に書きますが、「もう分かりあう方法は無いのか!?」と苦しむと、都合よく共通の敵が現れ「力を合わせなければ倒せない!」。そして力を合わせ敵を撃退「俺達は戦友だ!」。全体の雰囲気としてはこんな感じです。ここまで酷い『ご都合主義』は久々に見ましたよ。個人的にこのストーリーは大嫌いです。もう一度書きます。このタイプのご都合主義は大嫌いです。争いを如何にして解決するか、もう解決策は無いのかと悩んでいるのに、両者共通の敵である化け物が都合よく現れて、協力以外に倒す方法が無い。仕方なく協力しそこから友情が・・・これの繰り返しには反吐が出ました。個性・熱中度・満足度を大きく下げました。

【セーブが長い】マイナス2点
 セーブ時間が長く、セーブポイントで最初のボタンを押してから再びフィールドで走り出すまで30秒ほどかかります。今作は敵との戦闘で死ぬとセーブデータからやり直しなので頻繁にセーブしましたが、一々ストレスが溜まりました。快適さのマイナスです。

【走りや歩き、ツタを登る動きが気持ち悪い】マイナス1点
 特に歩きの動きとツタを登る動きが気持ち悪く、不自然でした。人間はあんな風にツタを登りません。映像の評価にマイナスです。

【メニューに時間がかかる】マイナス1点
 メニュー操作に古い紙を捲るような演出と音が入る為、一々長いです。初回はこれでもいいのですが、2回目以降はもっとサクサク動いて欲しかったです。快適さの評価にほんの少しマイナスです。

【仲間の天族の人間に対する考え方】マイナス6点
 仲間の天族達が、終始「人間は汚いところがある」「人間はすぐ悪いことをする」と、人間一括りに考えているのがとても嫌でした。天族と人間の共存をテーマに据えているのに、この考え方をしたのが仲間パーティーに多いと言うのは如何なものでしょう。
私にとってテイルズシリーズで種族の共存と言えば『テイルズ オブ リバース』が真っ先に思い浮かびます。リバースでは、序盤「ガジュマは皆野蛮」と考えるアニーが少数派(と言うかパーティーではアニー1人)で、そのアニーも数々の経験で終盤には考えを改めました。
 しかし今作は、ネタバレになるので誰がと詳しくは書けませんが「人間は、と発言する一括りタイプ」が半数よりも多いです。居るのはまだ許せるのですが、結局最後まで人間一括りという考え方を改めず、主人公達は特別清らかな人間と言う考え方です。パーティーメンバーすらこれでは共存など出来る筈が無いと思います。ゼスティリアのメンバーに『リバース』をプレイさせれば、大切な事に気が付くと思います。個性の評価をマイナスしました。

【目指す到着点が分からない】マイナス5点
 主人公の目的がイマイチ分からない。世界中の遺跡を見ることなのか、穢れを祓うことなのか、2つの種族の共存なのか。なぜその結論に至り、なぜ敵の考え方を否定するのか。【戦闘後のセリフや会話(ロングチャット)が少ない】でも書いた通り、趣味嗜好や考え方を示すロングチャットがあまりにも少ないのが原因だと感じました。
 敵「穢れの世界がいいと思う」→主人公「そんなの生きているとは言えない」と結論だけ言われても、なぜそう考えるのかのプロセスがまるで分かりません。個性と熱中度の評価を下げました。

【旅に同行する理由が分からない】マイナス3点
 仲間の一人は、主人公とは別の目的で旅に同行します。紆余曲折の後、彼女が旅に同行する目的が解決します。なのに平然と同行を続けます。例えば「私の為に凄く頑張ってくれたからお礼がしたい。これからも旅に同行して助けることで、お礼としたい。」とか説明があるなら分かるのですが、こう言った物が何もありません。命がけ前提みたいな旅ですので仲間達も「ここから先の旅は、君には命を懸ける理由が無い。ここで別れてもいいよ?」などと言うべきだと感じました。
 その後も同行するのならば、「私達は仲間だから」的なイベントが入って同行するのが筋だと思いました。イベント後の仲間の一人の存在理由が分からないので、コレは個性と満足度のマイナスです。

COMMENT

※総合的な評価※

 全体的に完成品とは言えません。折角の映像美を台無しにするカメラ。ここから倍のボリュームにしてやっと完成品と言える街の数。敵キャラは色違いで数を増やし、マップとロングチャットはあまりに少なく、キャラに魅力を感じないというより、キャラの中身や体験が説明されないため好きになれません。サブイベントも少なく、テイルズなのにパーティーメンバーの好きな物と嫌いな物、趣味や過去が分からないまま終わりました。
 随所に見られる「ヒロイン詐欺」やゲームそのものの酷評にも納得できると感じました。
 ゲームは3つ良い所が有っても、1つの悪い所で相殺されると思っています。悪い所の方が目立ちますし、ストレスはゲームの大敵です。悪い所が多いゲームは、どれだけ良い所が有っても酷評されて当然だと思います。
 今作の酷評は、キャラクターやストーリーに対する低評価とマップやサブストーリーなどのボリューム不足、快適さの無いシステム面が原因となっています。
 個人的にはロングチャットの少なさと、何をしても糾弾されない仲間が大きなマイナスです。容赦なく低い点数を付けさせていただきます。

 そして最後に一言を。低評価のレビューは読んでいて気持ちの良い物では無かったと思います。私自身書いていて「どうしてこうなった」と悔しい気持ちや悲しい気持ちで一杯でした。もちろん憤りの気持ちもあります。このシリーズはPSのエターニアからのファンです。あの頃とは開発費用や開発にかかる時間と手間が段違いだという事は理解しています。しかしそれでも20周年記念の作品がコレでは理解も納得も出来ず、コレを書きました。読んでくださった方の為に少しでもなれば幸いです。お読みくださりありがとうございました。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
電卓さん [2015/02/01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  396人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
1pt 2pt 3pt 3pt 1pt 2pt 2pt
総合点
38pt

GOOD!

キャラクターデザインとBGMが良い。後半のイベント部分は盛り上がる。

秘奥義のテンポが良い。

雰囲気だけは良くも悪くもいつものテイルズといった感じ。

BAD/REQUEST

ディスクが認識しない。高密度にデータがつまったディスクはそういうことがあるとは聞くけど、高密度なほどボリュームは無い。おそらくアニメと一緒になってるからだと思うが・・・。
PS3を購入してから何十種類ものゲームをしたが、起動しなかったことなど一度も無いので確実にディスクにも原因がある。

キャラクターの不遇。突然パーティから外れるキャラがいるものの、そのキャラの装備は店に普通に売っている。DLCでも全キャラ分売っている。抜けていく理由が納得できるものならともかく・・・。

キャラクターのデザインや性格は個人的に気に入っているものの、ストーリーのせいでキャラを愛せなくなる。

「この台詞や単語を使いたい」と言う感じで世界観に合わない台詞や不自然な台詞が多い。

戦闘中のカメラアングルがひどい。

装備の融合などやりこむ要素があるのに装備がほぼ引き継げない。

戦闘メンバー4人のうち2人が固定されているため自由度が無い。パーティトップも変えられない。(過去作みたいにアイテムで変えられたらごめんなさい)

チャットが少ない。遊び心が何もない。

COMMENT

エクシリアあたりから諦めてたものの、「20周年」この言葉に少しでも期待したのが間違いでした。ディスクが正常に起動しない時点でもう終わってる。このゲームのために新しいPS3買うのもアホラシイ。唯一の救いはDLCを焦って買わなかったことでしょうか・・・。

大人の事情でこうなったのか、本当にゲーム作りが下手なのかはわかりませんが、テイルズは本当に終わったと思います。

ただ、不満をあげたところ以外ではそれなりに楽しめました。最初の部分はワクワクしたし、久々に冒険が始まるという感じがしました。普通のディスクになった廉価版が中古で1000円ぐらいになったら買いなおすかもしれません。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
tapさん [2015/01/27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  459人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 5pt 0pt 2pt 0pt 4pt
総合点
32pt

GOOD!

20thということもあり、グラフィックが壮大で、音楽もそれに伴っている感じがあります。
ストーリーは王道とは少し路線を外し、暗いし重いし現実的ものになりますが、そういったところも好きです。
憑魔は非常に現実的な解釈で、現実的な設定にファンタジーを盛り込んだという印象。その世界観が本当に好き。
主人公のスレイも今までと雰囲気が違い、好奇心旺盛→現実を受け止められるといった印象。個人的には2番目くらいに好きな主人公です。

神依というシステムは今回の目玉であり、デザインも素敵で秘奥義のカットインもそれぞれ用意されているのも魅力のひとつだと思います。

音楽に関しては、桜庭さんと椎名さんの特徴を生かし、然るべき場所で使われていた
久々にサントラがほしくなるレベルで素敵なBGMが盛りだくさんな感じです。

メインキャラクターも好印象で、アニメイラストもそれぞれの絵師に合わせながらも統一されていて、それも好印象。
問題視されている部分は多々あれど、私はみんな好きです。

BAD/REQUEST

熱中度、快適さを0点にしたポイントは
ストーリー中の矛盾点の多さ
戦闘のバランスの悪さ
画面が常に暗め
システムについていけない
(ストーリーについては、他の方のレビューも参考にしております)

ストーリーでは、不明瞭な点が多く残り、疑問に思ったことはほぼ解決しません。
土台となる部分は好きなのですが、作り込みの甘さが目立つ気がします。
『当初ヒロインとなる予定だった』アリーシャの扱いが悪いというか、恨みでもあるような扱い。ストーリーに矛盾を生じさせているのは、ほぼアリーシャとロゼという印象もある。
ジャンルである『情熱が世界を照らす』など微塵も感じさせないし、鍵であるとされたドラゴンはほぼシナリオに関わって来ない。
それどころかサブイベントで片付けられている。

敵の強さが神依基準ということ、ダンジョンがだだっ広く、敵数も多いしどこまでも追いかけてくる。
更には、穢れているということもあるのですが、ダンジョンが非常に暗く見通しが悪い。仕掛けもわかりづらい。
戦闘はマップの地形をそのまま利用したフィールドなので、もちろん戦闘中も暗い。
戦闘中のカメラの自由度が低いだけではなく、近すぎて味方の状況どころか自分の居場所までわからなくなる始末。

敵は上記の通り、神依基準のステータスなので強い。くせに数も多く弱点も少ない。マップにシンボルも多く出現するのでデンジャーエンカウント(近くの敵がまとめてエンカウントするシステム)不可避。
術を使用する敵に遭遇したときの絶望感。

武器防具のスキル、ノルミン、地の主などなど、考えなければならないことが多数。
しかも武器防具に関しては複雑な上、狙うのも難しいため、極めてやる気を削がれる。というか私は理解する気もありませんでした。

戦闘システムもいろいろあるようだけどまったく気にしておらず、敵に全滅させられセーブポイントへ、1時間経っても先に進めないなんてことも。
かと言って考えて戦っても、敵は強いし弱点は突けないしで面倒。


ストーリーすらほぼ無心で見ていたし、ここまで苦行と感じた作品は初めてです。

COMMENT

そもそもの土台がしっかりしていないのに、公式の態度も悪く悪評の高い作品になってしまったが、上記の通り好きな部分もあります。
しかし、私の好きな部分はほとんど賛否両論がある意見です。

細かい部分で作り込まれているところもあるので、シリーズのファンであればぜひプレイして、好きなところを見つけてもらいたいところです。

何より私自身もシリーズのファンなので、悪評ばかり広まるのは気持ちのよくないものです。
悪評が高いことは否定しませんが。

プレイ時間:わからない(クリア済)
紅花さん [2016/01/05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  354人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 4pt 2pt 1pt 1pt 2pt
総合点
36pt

GOOD!

●サブストーリーの作りこみ
近作はサブストーリーもフルボイスで急にキャラの性格が変動することもなく良かったです。
1つ1つが丁度良い長さなのでやりがいがありました。

●シームレス戦闘
近作は移動しているマップでそのまま戦闘が始まりますので没入感に一役買っています。
が荒削りすぎてマイナス要素の方が目立ってしまいますが今後の発展のための第一歩かなと。

●戦闘開始時会話
雑魚も初めて会うと会話してくれます。
ボス戦も必ず会話してくれるのはとても良かったです。

●AP仕様
APを増やすとバトルアクト(パーティー全体のパッシブスキル)をセット出来るのですが
スキットやディスカバリー等を見るとAPが増えていくので楽しかったです。


●カムイ
人間と天族が合体して強くなるのですが高性能なので操作していて気持ちが良い。
4属性の天族それぞれ操作感に個性があるのも◎
人間は戦闘不能になってもカムイ化すれば復活出来るのも便利で良い。
ただ、強すぎて合体前の状態で戦う機会が少なかったのは残念でした。

●アタッチメントのカスタマイズ
大きさや位置、回転、カラー等の変更が可能です。
メガネのフレームを赤色に出来たりツインテールのサイズ調整等地味に嬉しかったです。

BAD/REQUEST

●良く分からない世界観と動機付け(ネタバレ)
DLC含め最後までプレイしても色々分からなかったです。自分の理解力・情報収集不足かもですが・・・
天族が人間に加護を与えるメリットは?信仰で力を得ている感じもなかった。
天族からみた人間の価値が見出せなかった。(基本人間に冷たかったため)

穢れた人間や天族は憑魔(ひょうま)になるのですが普通の人では、まったく対抗手段が無いのに意外と人間社会に実害が少ないのも良く分からなかった。
憑魔は導師以外には無敵?なはずで世界を滅ぼしたいラスボスは導師が現れるまで世界に何もしないという謎
※数十年導師が存在しない空白期間があります。

等など、何で導師育成しないの?導師(主人公)がやらないといけないのか?
命かけないといけないのか?やればやるほど疑問が増えていく感じでした。

よくキャラクターがおかしい旨の意見を見ますが、正直それ以前に色々おかしい気がして
そんなところまで気になる段階に至れませんでした。


●ボリューム不足
据え置きテイルズシリーズとしてはメインストーリー、サブストーリーを含めても短いです。
メインストーリーはVやXの半分程度しかないです。メイン&サブ&DLC全部やってようやく他シリーズのメインくらいになります。

●カメラワーク
カメラが壁や障害物に当たると操作キャラを見失います。そのためカメラが見やすい位置に移動する&狭い所で戦闘にならないようにする等の余計な対処をする必要があります。
これのせいでシームレス戦闘が残念になってしまっています。

●戦闘での3すくみ(術を使う敵が強すぎる)
今作では特技→術→奥義→特技、という3すくみが導入されています。
これ自体は悪くない試みだと思うのですがプレイヤーへのストレスが悪目立ちしています。
・味方AIが3すくみを考慮しない。術詠唱中の敵に積極的に奥義を使うためストレス
 →詠唱中に奥義を入れると詠唱が早まります。
 →作戦で「術を使わせるな」にすると詠唱中の敵に突っ込んで行き奥義を使います
・カムイ中は特技が使えない
 圧倒的にカムイが強いため、術に対して弱点を突くのが難しいです。
 カムイを解くか敵より早く術詠唱して吹き飛ばすしかないため、
 複数の敵に詠唱されると防げないため味方を守ることが難しい
 ※人間は特技と奥義、天族は特技と術、カムイは奥義と術を使用出来ます。


●回復手段
カムイ化がとても強いので基本的にずっとカムイのままバトルするのですが
そうすると回復手段はアイテムかBG(必殺技ゲージのようなもの)を消費するしかありません。
味方AIは自動でアイテムを使用してくれないので苦戦するバトルではとても面倒なことになります。

COMMENT

何か色々残念な箇所が目立ってしまい、非常に勿体無い作品です。
テイルズはPS3のヴェスペリア以降全部プレイ済みですが毎回丁寧な作りで好印象だったのにどうしてこうなった・・。

PS3のV,Gf,X,X2はそれぞれ好みが合うならオススメ出来るが今作はオススメ出来ないです。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
あら40さん [2015/02/28 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


このレビューだけを表示する  415人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 4pt 0pt 0pt 0pt 2pt
総合点
16pt

GOOD!

シリーズは据え置き機発売はプレイ済
毎回、戦闘システムを楽しみにしているシリーズファンです。
隠しボス撃破後、ある程度のやりこみ済みでのレビューです

【音楽】

主題歌こそ好き嫌いが分かれるものの、試練で訪れる遺跡等のBGMは特にお勧めです。
もちろんフィールドや地域や街のBGMも悪くはないのですが、消化不良というか、諸手を挙げて良いとは言えない点がありますが、この辺りはBADにて触れます。

【グラフィック】

テクスチャの使い回しが目立ち、広大なMAPではあるのですが、『そこそこ綺麗だけれど、似たような景色が広がっているだけ』という感じで、散策しようという気は起きません。ですが、そもそもモデリング等には力を入れていないシリーズですし、ユーザーもそのあたりを期待しているわけではないので、可もなく不可もなくといったところです。
アニメーションも、テイルズシリーズの目玉ではありますが、これも可もなく不可もなく。
そもそもシナリオに致命的な欠陥があるために、アニメーションにしたところで何の感情も沸いてこないといったところでしょうか。


「可もなく不可もなくという評価」をGOODにあげなければならないほど、今回は褒めるところがありません。

BAD/REQUEST

【シナリオ】

王道RPGと謳ってはいるものの、明らかに大幅なシナリオ変更があったと思わせるストーリー展開と演出。風呂敷を広げた後にやっぱり別な風呂敷被せてみましたって程のひどい有様です。シリーズ過去最悪と言ってもいい出来。

ネタバレを含んでしまう為、詳細に語れないのが口惜しいですが、導入から序盤こそ王道な展開で盛り上がりこそすれ、中盤でユーザーを陥れる不穏な気配。そこから嘘のように崩れていくストーリーの根幹。
壮大なスケールで繰り広げられていたはずが、いつのまにか「あれ?なんかスケールが小さくなってない?」と気付いた矢先、ユーザーを極めて悪い意味で裏切る超展開。
キャラクターの相関関係も、いわゆる6次の隔たりを表現したかったのでしょうが、無理矢理繋げたせいで、至る所に酷い綻びが見えてしまっていて、逆にそれがスケールを小さくしてしまっている要因となっているお粗末な出来。

ただ、無理矢理好意的にフォローするならば、テイルズオブエクシリア(以下、TOX)やTOX2では、何でもかんでも詰め込み過ぎだったシナリオを、“異人種間の共存と共栄”というシンプル且つ明確な目的にしたところは、評価できますし、そこから構想自体は進んでいたのかなと思います。
ですが、キャラデザインの都合上「このキャラはこうした方がいい」という案を後から詰め込んでしまい、それに合わせてサブストーリーを構築。その後、キャラの相関図を作り上げて、最終的に辻褄合わせにメインシナリオを捻じ曲げたという感じが、終盤のなりふり構わず慌てて纏めてきた展開や「仲間の殺人は黙認するけれど、名前も知らない孤児の窃盗は見逃さない」というダブルスタンダード等からひしひしと感じました。

また、せっかくの異人種間の共存共栄がテーマにも関わらず、あまり異種な雰囲気が漂ってこないのも問題です。人間と天族(天使や妖精、精霊といった扱い)も見た目は一緒、限られた人にしか見えないという扱いの天族もプレイヤーからは見えていて、人間世界も同人種が二つの国に分かれているだけといった様子。
街も北国や南国などの地域分けがあるわけでもないし街並みも一緒。来ている服もほぼ変わりがないので、スケールの小ささを助長している一つの要因であるため、そもそもの世界観が小さい。
街ごとにBGMの曲調を変えるなどの工夫しようにも、特徴がないから際立たない。
この辺りは世界観の設定にも問題があったといわざるを得ません。

天族は明らかに人間とは容姿が異なるものであったり、人種の違いを明確に肌の色を変えるとか、いっそのこと別な種族を増やすとか文化の違いを明確にするとか街の様相を極端に変えるとか、そういった工夫が必要だったのではないかと思います。
であれば、広大なMAPもより世界観を際立てることになっただろうし、まるで「国の内乱に介入した特殊能力者」みたいなスケールの小ささもここまでひどくなかったかと思います。


【装備強化・スキル周り】

一言でいうならば蛇足。
まず装備強化関連の問題点として
○複雑すぎる
○武器・防具の数が多すぎる
○金策がほぼ戦闘のみで、強化費用がかさむ為、取得金額ブーストのある周回前提となる
○能力は付属スキルに依存しているうえに、スキルシートとも複雑に絡み合うため、一見して比較しにくい
○にも関わらず、何故か融合(特に意図したスキルを消滅させたり付加する方法等)に関しての詳細な説明がゲーム内にはない
○これだけ複雑だが、『レベルを上げて神威で殴れ』といった感じでどうにでもなる
○それでもだめなら難易度下げればどうにでもなる
という、悲惨なことになっています。

更に、付加スキルの組み合わせによるボーナススキルや同スキルの重複付加によるスキルの上昇などまで存在し、このシステムを作った本人でさえ説明するのに1時間はかかるのではないかと思うほどです。
ただシステム的には悪くないし、寧ろ良く考えられていて、やりこみ要素ではあり評価すべき点なのですが、このシステムは某狩ゲーやライトユーザー殺しの某死にゲー、海外産のオープンワールドRPGなどでやるべきで、このシリーズに導入すべきではなかったと思います。

【戦闘システム】

○コンボが楽しかったシステムに縛りを入れてしまった
○“神依化”と呼ばれる合体システムによって、PTメンバーが二人は固定となってしまっている
もはやこの2点が致命的で他の問題点が霞みます。

【その他】

○ DLCはコスプレに300円というシリーズ恒例のぼったくりも健在。
○ カメラワークは、なんちゃってシームレスの影響を受けて障害物や狭いダンジョン内でのエンカウントは避けるようになります
○ もちろんキャラの掛け合いも相変わらずです。

COMMENT

【総 評】

結論から言うと、キャラゲーとしてもRPGとしても“下の中“といったところです。

各所でキャラの扱いについて論争が始まっていますが、そんなことは二の次にして酷い出来。

テイルズにシナリオを求めるのは間違っているというそもそも論は置いておいて。

私は基本的にどんなに青臭い信念やある程度のご都合主義、ぶっ飛んだ”とんでも設定”も、ファンタジーなら許されると思っていますしそういうものがテイルズの特徴であると思っています。(こちらのTOXのレビューでも同じことを言った気がしますが…)

ですが、それは最低限その世界の中で成り立っていることが前提であって、今作は過去作の中でも一番といっていい程、成立していない事柄が多い作品でした。

まだ攻略サイトなどの情報が進んでいない為、2周目や分岐ルート、隠しダンジョンやサブクエストがあるんじゃないかと期待していましたが、おそらく分岐と言える分岐はありませんし、評価を覆す程のものは見つけられませんでした。

なんというか、結局スケールもボリュームも小さく感じるというか、実際に小さかったのだという結論に至る始末。


当然次回作があるでしょうけど、まずは“伝承”の意味を調べてから次回作に臨んでもらいたいと思います。
テイルズは、比較的値崩れしないシリーズですが、グレードショップの仕様が今までと違うため、何度も周回するような物でも出来でもないので、今回は中古市場に流れるのが早いかもしれません。

トロフィー獲得には興味のないシリーズファンの方は低難易度でさっくりクリア、即周回することをお勧めします。
シリーズ未プレイで今作から手を出そうかなとお考えの方は、他のシリーズ作品からプレイすることを強くお勧めします。

プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
めろりんQさん [2015/01/29 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ




レビュー投稿フォーム

テイルズ オブ ゼスティリア
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

 入力文字数:0

 入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


 入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
・「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています。


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です
  • どんな人にも向いている
  • プレイヤーで好みが分かれるソフト
  • ファンを対象としているソフト
  • 初心者でも無理なく楽しめるソフト
  • 女性を対象にしたゲーム
  • 昔のプレイヤーを対象とにしているソフト
  • キャラクターが魅力的
  • リアリティな演出
  • ストーリーがよく練られている
  • ゲームのシステムが優れている
  • 爽快感抜群でストレス発散できる
  • ユーザー同士で楽しめる
  • 緊張感のあるゲーム
  • 対戦が燃える!
  • 自分の好きなように遊べる
  • 攻略情報を参照してプレイすると楽しめる
  • 細かい操作が求められている
  • 続編物で前作のプレイを推奨
  • オンラインが楽しめる
  • やればやるほど隠された楽しさが出てくる
  • 手先よりも頭を使うゲーム
  • 少しの時間で楽しめる(息抜き)
  • 長い時間楽しめる(やり込み)
  • 特に秀でたところはない…

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。



検索









サイト情報

お知らせ
スマホゲームのレビューサイト『APP mk2』を開設いたしました!皆さまの投稿、お待ちしております!m(_ _)m
2015/03/17更新 (2015/03/16投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(2件)

[PS3ソフト]
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 ~オールスタースペシャル~
龍が如く0 誓いの場所

2015/03/16更新 (2015/03/15投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
GOD EATER 2 RAGE BURST
ドラゴンエイジ:インクイジション
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(2件)

[PS3ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

2015/03/15更新 (2015/03/14投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(3件)
KILLZONE SHADOW FALL

[PS3ソフト]
龍が如く0 誓いの場所
魔都紅色幽撃隊
機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 ~オールスタースペシャル~
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/03/13:レビュー募集を開始しました!
[PS4ソフト]
龍が如く0 誓いの場所

[PS3ソフト]
龍が如く0 誓いの場所
ひぐらしのなく頃に粋
Winning Post 8 2015
2015/03/13更新 (2015/03/12投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
アサシン クリード4 ブラック フラッグ

[PS3ソフト]
蒼の英雄 Birds of Steel

2015/03/12更新 (2015/03/11投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

2015/03/11更新 (2015/03/10投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
EVOLVE

[PS3ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(2件)
DARK SOULS II(ダークソウル2)
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/03/10更新 (2015/03/09投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

[PS3ソフト]
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 ~オールスタースペシャル~
ドラゴンボール ゼノバース
サイコブレイク
End of Eternity(エンド オブ エタニティ)
テイルズ オブ ゼスティリア
ソニック ジェネレーションズ 白の時空

2015/03/09更新 (2015/03/08投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(2件)

[PS3ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(2件)

2015/03/08更新 (2015/03/07投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(3件)

[PS3ソフト]
ファークライ4
英雄伝説 閃の軌跡II
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/03/06:レビュー募集を開始しました!
[PS4ソフト]
EVOLVE

[PS3ソフト]
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会 ~オールスタースペシャル~
シャドウ・オブ・モルドール
2015/03/06更新 (2015/03/05投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(2件)
ドラゴンボール ゼノバース

[PS3ソフト]
バットマン:アーカム・ビギンズ

2015/03/05更新 (2015/03/04投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
シャイニング・レゾナンス

2015/03/04更新 (2015/03/03投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/03/03更新 (2015/03/02投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(6件)

[PS2ソフト]
ウォーシップガンナー2 ~鋼鉄の咆哮~

2015/03/02更新 (2015/03/01投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(3件)
ファークライ4
Destiny(デスティニー)

[PS3ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城(2件)
鉄拳レボリューション

2015/03/01更新 (2015/02/28投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

2015/02/28更新 (2015/02/27投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/02/27:レビュー募集を開始しました!
[PS4ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

[PS3ソフト]
ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城
2015/02/27更新 (2015/02/26投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
NBA 2K15

[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/02/25更新 (2015/02/24投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ファークライ4
The Last of Us Remastered

[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/02/24更新 (2015/02/23投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
The Order: 1886(3件)
ファークライ4
ドラゴンボール ゼノバース
DEAD OR ALIVE 5 Last Round

2015/02/23更新 (2015/02/22投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
GOD EATER 2 RAGE BURST

2015/02/22更新 (2015/02/21投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
バイオハザード HDリマスター

[PS3ソフト]
DEAD OR ALIVE 5 Last Round
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/02/21:レビュー募集を開始しました!
[PS4ソフト]
The Order: 1886
2015/02/21更新 (2015/02/20投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
ミラーズエッジ

2015/02/20:レビュー募集を開始しました!
[PS4ソフト]
DEAD OR ALIVE 5 Last Round
GOD EATER 2 RAGE BURST
テラリア

[PS3ソフト]
DEAD OR ALIVE 5 Last Round
2015/02/20更新 (2015/02/19投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
バイオハザード HDリマスター

[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/02/19更新 (2015/02/18投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
ドラゴンボール レイジングブラスト2

2015/02/18更新 (2015/02/17投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
ドラゴンボール ゼノバース

2015/02/17更新 (2015/02/16投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ファークライ4
ロード オブ ザ フォールン
Thief(シーフ)

[PS3ソフト]
Rainbow Moon

2015/02/16更新 (2015/02/15投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
AKIBA’S TRIP2(アキバズトリップ2)

[PS3ソフト]
ドラゴンボール ゼノバース

2015/02/15更新 (2015/02/14投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア

[PS2ソフト]
トゥルー・クライム ~ニューヨークシティ~

2015/02/14更新 (2015/02/13投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
ドラゴンボール ゼノバース
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/02/13:レビュー募集を開始しました!
[PS4ソフト]
ロード オブ ザ フォールン
戦国無双4-II

[PS3ソフト]
戦国無双4-II
Rewrite
2015/02/13更新 (2015/02/12投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンボール ゼノバース

[PS3ソフト]
悪魔城ドラキュラ Lords of Shadow 2
憂世ノ志士

2015/02/12更新 (2015/02/11投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ドラゴンエイジ:インクイジション
Destiny(デスティニー)

2015/02/11更新 (2015/02/10投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
ファークライ4

2015/02/09更新 (2015/02/08投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア(2件)

[PS2ソフト]
ブラックマトリクスII

2015/02/08更新 (2015/02/07投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア(2件)

2015/02/07更新 (2015/02/06投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
ワールドサッカー ウイニングイレブン 2015
サイコブレイク
ニード・フォー・スピード ライバルズ

[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア(2件)

2015/02/06:レビュー募集を開始しました!
[PS4ソフト]
ドラゴンボール ゼノバース

[PS3ソフト]
ドラゴンボール ゼノバース

2015/02/05更新 (2015/02/04投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/02/04更新 (2015/02/03投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
アサシン クリードIII

2015/02/02更新 (2015/02/01投稿分まで掲載)
[PS3ソフト]
テイルズ オブ ゼスティリア

2015/02/01更新 (2015/01/31投稿分まで掲載)
[PS4ソフト]
DRIVECLUB

[PS3ソフト]
ブレイドストーム 百年戦争&ナイトメア
テイルズ オブ ゼスティリア(2件)


PS3 FAN最新ニュース

PS3 FAN [プレステ3の最新ニュースやソフト情報を提供!PS VitaやPSPも!]