このソフトのレビューを書く

【PS4】JUDGE EYES:死神の遺言 レビュー

発売元 セガゲームスオフィシャルサイト
発売日 2018-12-13
価格 8953円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 犯罪 セクシャル 暴力 ギャンブル (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:リーガルサスペンスアクション
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
79
(難易度)
2.25
レビュー数
4
スコアチャート JUDGE EYES:死神の遺言レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
0%
60-69
50%
70-79
25%
80-89
25%
90-100
【60点以上】
100%
【標準偏差】
6.65


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
76pt

GOOD!

◆ドラマチック
予想通りキムタクのドラマを見てるかの様でゲーム感がいい意味で
薄れてストーリーにグッと入っていけるシナリオと演出です。
龍が如くよりサスペンス色が強い作品です。

◆ミニゲーム
如くシリーズの数々のミニゲームが豊富すぎてやりきれない程ある。
クリア後にじっくり街ブラ出来るのでやり込みには最適です。
特に今回はドローンレースがあって自機ドローンを改造して優勝を
目指すゲームがとても楽しめました。

◆ボリューム
メインストーリーとは別に神室町の住人に貢献してフレンドを作ると
サイドシーンという依頼ミッションが受けられたりと豊富なサブスト
ーリーが豊富で遊んでも遊んでもメイン進行出来ないという自分的に
嬉しい悩みですがあり満足しております。
、その部分を中心に具体的に記載して下さい。

BAD/REQUEST

◆ダッシュ
×ボタン一度押しでダッシュして移動入力解除でストップなので、
とてもアクション性が欠けてやり辛く感じました。
特に戦闘の瞬発性が損なわれると思います。。

◆カメラワーク
L2押しっぱなしで移動中カメラ固定出来るのですが固定を標準とした
方が見易くプレイできる気がして3D酔い防止にもなると思います。

◆カラオケ
やはり大物は歌ってくれないか。。
カラ館に入れないのはちょっと寂しい。
羽村のシャングリラも良かったがあれがあれしたからなぁ。。択した場合、その部分を中心に具体的に記載して下さい。

COMMENT

REGZA(26C3700 26V型)HDMI接続でプレイ。
ハードは500GB:CUHJ-10001(3TB外付HDCZ-UT3K接続)でプレイ。

世間で「キムタクが如く」と言われているのがわかりました。
まんま「龍が如く」のシステムと神室町マップがそのまま採用されて
おりシリーズをプレイした人は直ぐゲームに馴染んで入れると思う。

龍が如くシリーズも維新まではプレイしましたが今作は新鮮に遊べて
とても楽しい作品でした。
頂上人物が違うのでちゃんと差別化出来ます。

龍が如くファンに特にオススメですがどなたでも楽しめる作品です。
とある事件により発売自粛でプレミアが付いた市場での入手しか無く
非常に残念です。。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
Fusioneer♪さん(Webサイト)  [2019-04-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt
総合点
80pt

GOOD!

まず前提として龍が如くシリーズは一切プレイしておりませんのであしからず
ゲームシステム、シナリオ、サウンド等すごくいい感じにまとまってますね、キムタクはこの際置いといてオープンワールド系では
かなりレベルの高い感じがします。
後シナリオも入りやすいので続きが気になって一気にやってしまいました

BAD/REQUEST

これと言ってあんまりないのですが一部ミニゲームが難しい感じですかねー
他には個人的にガールフレンド関係は蛇足なような気もしました、一応ヒロインぽい人がいるのに他にも現地妻作ってる感じがどうにも

COMMENT

最初に述べたように龍が如くシリーズはまったくの未経験で探偵物&オープンワールドに惹かれて購入
DLCが救済用で別課金必須じゃないのも高ポイントですね、次回作にも期待です

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
古参エクス隊員さん  [2019-02-27 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

4人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 4pt 4pt 5pt 5pt 4pt 2pt
総合点
93pt

GOOD!

=ストーリー=
殺人鬼を無罪にした八神、目を抉る猟奇殺人鬼、東西ヤクザの抗争…
新しい事件が起こり、裏を探る度に全ての事柄が真相に繋がるのが自分でも判るだけに止め時が見つからないストーリー
一章ごとの引きが上手く、殆どのサブクエストは無視しても問題なく進められるので熱中度に加点
収拾つくのか終盤でも不安だったが不快感なく綺麗に纏めたので満足感も高評価になってます
しっかりとした本筋があるからこそ探偵業パートが日常回として映えて、一つのドラマ作品の様な厚み

サイドケースやフレンドと呼ばれるサブクエストも充実しており、拠点で受注する真っ当な依頼もあれば街中で突発的に巻き込まれるアクシデントまで幅広く用意されている
一つ一つは小話程度だが解決した事件の依頼主が彼女になったり、仲良くなった住人が事件解決の手助けをしてくれたりといった繋がりが案外多いので後半になってくると街全体と信頼関係を気付いたかのような体験が出来る
フレンドが町人Aのような仮称ではなく全員フルネームが設定されている拘りも好印象

=キャラクター=
木村拓哉を始め、実在の俳優をキーパーソンとしてキャスティング
“声優”ではなく"俳優"としてゲーム内に落とし込まれている上に実力派ばかりなので"キャラクター"としても抜群の存在感、映画で見る豪華声優(笑)のようなガッカリ感は微塵も無い
木村拓哉が演じる探偵・八神隆之のキャラ立ちも絶妙で、一時の感情でヘマを犯すほど若くなく、かと言って不条理に屈するほど聞き分けが良い訳でもなく、実際にそれを跳ね除ける実力があるイケメンなのに嫌味が無いという驚異のアラフォー
おっパブに通って泥酔した帰りにチンピラに喧嘩売って自転車で殴り倒すキムタクとか中々見られないんじゃないでしょうか
これをやっても愛嬌すら感じてしまうのがキムタクの凄いところ

=街の作り込み=
裏道や複雑なビル内部など普通なら入れなそうなとこまで作り込まれてる
公園の工事現場から壁を乗り越えてヤニ休憩取ってる従業員を横目に裏口から喫茶店に入る流れがシームレスに行える
ビル一つとっても屋外用コンセントがあったり、警備室に防災発報装置が備え付けてあったり、そんなとこまで拘るのかと感心した

移動手段はファストトラベルのタクシーがあるものの基本は徒歩
最初は少し億劫に感じたが、道中に細かくサブイベントを配置してあるので苦にならない
サブイベントは基本的に幾つ並行して受注しても問題なく時限要素も無い為、安請け合いしても大丈夫なのも助かる
依頼などで街を巡る内に自然と土地勘がつき、変な名前で気になってた風俗店が後々になってイベントの舞台になったり、親しくなった人が街中で挨拶してくれたり、広いオープンワールドを乗り物や特殊能力を使って駆け巡るのに疲れた身には心地良い作り
舞台が一つの街だけだからこそ馴染み易く、没入感を高めてくれたように思います

>プレイスポット
街に散在するミニゲームが異様に豊富
ポーカーやバッティングセンター、麻雀に将棋など実在の遊戯から、自分でカスタマイズしたドローンを使ったドローンレース「Dリーグ」
同社作品から「バーチャファイター」「ぷよぷよ」、往年の名作「スペースハリヤー」などもゲーセンで遊べるのには驚いた
ある程度やり込むとスキルポイント貰えるのも嬉しい、ただ…

=他の主要要素=
>探偵要素
ドローンを使って猫を探したり、尾行した上で浮気の証拠写真を撮るまでを実際にプレイ
ピッキングやサムターン回しまで実際にやらされるのは驚いた
単なる設定の一つではなく、ゲーム的にもちゃんと作り込まれている
単調になりがちな尾行がショートカットの紹介を兼ねていたり一工夫の配慮が感じられるのも〇

>戦闘
スタイリッシュなカンフーと泥臭い喧嘩殺法を混ぜた流派
集団戦に強い「円舞」とタイマンに強く派生技も多い「一閃」の2スタイルをスイッチして戦う
これに加えてカラーコーンや看板など、そこかしこのオブジェクトを武器として使う事も出来る
ゲージ消費で出せるEXアクションは荒々しくも格好よくて無駄に使いたくなるし、「相手に走っていき馬飛びがてらにDDT」みたいな体術から「押し入ったコンビニの電子レンジに敵を突っ込み店員にチンさせる」ネタ技まで豊富に用意されていて探すのも楽しい
戦闘自体は大味だけど程好い暴力性とガラスぶち破って店内で乱闘出来る自由さで楽しめるものになってる印象

=その他
・音楽が4点なのは主題歌やチェイスのBGMが耳に残ったのとミニゲーム含めてSEが豊富だから。
・選択肢を選ぶ際に一度スティック入力が要るので誤爆が減る
・金稼ぎの明確な方法が用意されている
・一部のミニゲームはイカサマ用のアイテムが割高だが用意されている
・有料DLCがやたら出てるが本編に必要なものが無い
「事務所に猫が置ける」とか「どうしても戦闘勝てない人の為のチート技」みたいな本当に欲しい人だけどうぞといったものだけ

・アプデで細かい改良がきた
バグFIXは勿論だが「助っ人がいる状態で戦闘が終わると一々ウィンドウ表示が出てテンポが崩れる」という不満点があったが最新のアップデートで改良された
余程要望が届いたのかもしれないが販売後に細かい改善を加えてくれるのはありがたい

BAD/REQUEST

・致命傷
 ボス格の特別な攻撃や銃撃を食らうと最大体力が減らされるシステム
 基本的に自然治癒はせず、治療手段を得る場所が一ヵ所しか無く不便
 終盤から定期的に湧く一部ボス格と雑魚も致命傷攻撃を持つ為、事故った時の対処が面倒

・変装が一部イベントでしか使えず勿体無い
 PVでも紹介されてたけど実際は特定のイベントで必要になった時のみ選択出来るだけで普段は着替える事が出来ない
 スーツ姿も決まっているしクリア後でも良かったから開放してほしかった


=トロコンが難しい=
先ず書いておきますが普通にプレイする上では全く問題ないので、この項目は減点対象にしてません
プラチナトロフィーを取るにはゲーム内トロフィーを100%にする必要があり、これがGOODのプレイスポットで言葉を濁した理由です
これにはプレイスポットも含まれており、レースや格ゲー、麻雀に将棋など多岐に渡る内容なので地力と根気が試される 
凝り性というか義務感でトロコン狙ってしまう人には辛いかも
麻雀や将棋は下手なりに覚えて最悪イカサマアイテムに頼るのも有りですが鬼門なのが「ぷよぷよ」と「ドローンレース」の二つで”ミニゲーム”の枠をちょっと超えてる
もしトロコン前提で評価するなら熱中度と満足度は2、難易度は4

・ぷよぷよ
チャレンジに直接書いては無いが実際は30連勝近く必要
軽く遊んだ事がある程度だと歯が立たず、20連勝も大分つらい
個人的には格ゲーのオンライン連勝トロフィーと同じくらいのしんどさ

・ドローンレース(Dリーグ)
最初の内は徐々に解放されるパーツや賭場で手に入れた強力なパーツで順調に勝ち進めるんですが最後のグランプリで相手選手のスピードが突然跳ね上がる
よしんばグランプリを全て制覇しても優勝したタイムじゃ全く及ばないようなタイムアタックが全コース用意してある
グリップやターボの他に耐久力(HP)があり、0になると脱落扱いになるがタイム更新の為には耐久を捨てて速度全振りにせざるを得ないので狭いビルを蚊トンボで全速力で駆け抜けるような心を削るレースになってしまう

COMMENT

「龍が如く」シリーズは未プレイ、体験版やプレイ動画を見て面白そうなので購入
龍が如くは初代から気になってたものの、キャバクラなど興味の無い要素が見えてたので避けてましたが顔をキムタクに変えての新作という事で手を出してみたら真っ当に面白くて驚きました
何したらいいか判らないくらいの広大なエリアに放り出されるのに疲れ、そこそこの広さの島を特殊能力で暴れ回るのは楽しいけど建物がただのオブジェクトに過ぎず生活感が無いのが寂しいと思ってたので今作がとても刺さる
箱庭ゲーというよりオープンワールドと呼ばれる事が増えた昨今、日本だとこういう方向の「街ゲー」に行き着くんだなという良い経験が出来ましたのでオリジナリティが5点になってます
特に意味の無い作り込みや多種多様なイベントの積み重ねなど、RPGで無駄に探索した民家で何気ない発見をしたような遊び心を思い出す、どこか懐かしさも感じるゲーム

1章丸々プレイ出来て引継ぎも出来る体験版が出てるので何か少しでも興味が惹かれたならプレイしても損は無いかなと
ただ、どうしてもトロコンが気になる人だけは覚悟した方がいいかも…

余談ですが芸能には疎くても戦えば「キムタクかっこいいな…」となり、レースで優勝してはしゃいでは「キムタクかわいいな…」と何やってもサマになる辺り、本物はゲームになっても輝くんだなと。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
羅万さん(Webサイト)  [2019-01-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

4人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
78pt

GOOD!

龍が如くスタジオの最新作です。龍が如く6の出来がアレすぎたので極2は余裕でスルーだったのですが、体験版をプレイしたら楽しかったので購入しました。

〇キムタクを始めとしたキャスティング
まずはやはりここに触れなければならないでしょう。
本作の主人公であるキムタク演じる八神探偵は元弁護士で頭も切れる、喧嘩も強いし度胸もある、しかも男前という超ハイスペック。特に喧嘩は桐生ちゃんのように完全に人間離れした強さです。しかしまぁ、キムタクなんだし、それくらい当然だよなぁ?と、「主役がキムタクである」というだけで納得してしまえるだけの強烈な説得力があります。DLCを導入するとバトル中に気弾を撃ったりパワーゲ〇ザーを出したり更に人間離れしてしまいますが、キムタクならカメ〇メ波くらい出せてもおかしくないので問題なし(?)。
また悪役のピエール瀧さんが非常に良い。凶悪で強力、恐ろしくて憎たらしい奴なんだけどどこか憎み切れないところがある……みたいなキャラを演じますが、本当にいい味を出しています。ピエール瀧さんだけでなく本作の俳優さんは全員素晴らしいです。
ちなみに本職の声優でないかたが声を演じると、特に戦闘中の掛け声とかが微妙になることが多いですが(例:大誤算)、本作ではそれも全く問題ありません。

〇バトル
桐生ちゃんは腕力に物を言わせたパワースタイルでしたが、本作の八神はカンフーを基本にしたアクションスタイルとなります。壁を蹴っての三角飛びや相手を飛び越えて背後に回るなど、桐生ちゃんで実現するのは難しかったであろう軽快なアクションも多数搭載されています。個人的には「発勁」が気に入りました。威力も高いし命中時のエフェクトが気持ちいい。ヒートアクションにあたるEXアクションも、一部過去作からの使いまわしはありますがそれも微々たるもので、どれも派手で良いです。
そんな主人公の高いポテンシャルに合わせて本作は敵もやや強めです。雑魚敵が攻撃を食らいながら反撃してこちらのコンボに割り込んでくるのは当たり前。序盤は精々金属バットや鉄パイプくらいだったのが、終盤では当然のように日本刀や銃で武装して襲いかかってきます。それに対して我らが八神は基本素手(または自転車、看板など)で戦います。武器の携帯はできませんし、バットなどはともかく敵の落とした刃物や銃は拾えません。さすがにキムタクが刺したり撃ったりするのはまずいという判断でしょうか。その割にはビルの屋上から投げ落とすEXアクションがありますが……。ま、まあ、技の説明にも「死んでない」って書かれてるし、セーフです、セーフ(錯乱)。
またデモ中でもカンフーアクションを色々とやってくれて、そこも面白かったです。

〇サイドケース等
メインストーリーは大真面目ですが、ケツに針を刺されて「ふぬーっ!」とか言ったり、裸の大男を追いかけて街中を走り回ったりと、サイドケースは大分ギャグに振りきってます。キムタクもよくここまでOKしたなと思うくらい。さすが被り物をしてコントをやったりしてただけのことはあります。桐生ちゃんはとにかくぶっ飛ばして解決、終わり!って感じのが多かった印象ですが、本作では依頼の解決方法のバリエーションが豊かでそこも良かったと思います。

〇フレンド
仲良くなった住人と街中ですれ違うと挨拶してくれます。その際に立ち止まるとこちらも軽く手を挙げて挨拶できます。欲を言えば「よう」とか「こんちわ」とかの一言でいいので何か喋ってほしかったですが、「街に根差した探偵」というのを表現するのに一役買ってると思います。

BAD/REQUEST

〇偏りすぎな探偵アクション
変装、潜入、尾行などの探偵アクションが楽しめますという謳い文句ですが、変装や潜入は数えるほどしかありません。その代わりに尾行がとにかく多い。そしてこの尾行があんまり楽しくありません。単調で微妙です。

〇部屋の模様替え等
クローゼットの上などにUFOキャッチャーで取ったぬいぐるみや質屋で買ったアイテムを配置して模様替えができる……のですが、自由度があまり高くないです。ていうか入り口近くはともかく、クローゼットの上は高すぎて配置したアイテムもあんまり見えません。模様替えができること自体は決して悪いことではないので、もうちょっと練り込んでほしかったです。

〇ガールフレンド
依頼の中で知り合った女性と恋仲になることができますが、どこぞの屋根ゴミほどではないにしても四股ができてしまいます。四股かけるかどうかはプレイヤー次第なのでそれは別にいいんですが(良くない)、問題はそうして彼女になった後です。こっちから連絡して一緒にプレイスポットで遊べるだけで、他に何もありません。こちらからしない限り向こうからは一切連絡してくれません。本当に付き合ってるの? ……ビルの管理人さんから探偵事務所の冷蔵庫に料理の差し入れを貰えるという要素があるんですが、それをガールフレンドからってことにすれば良かったのではないかと思います。正直、こんな仕様ならこのガールフレンドの要素はいらなかったです。

〇トロフィーコンプを阻む敵
過去作でもありましたが本作でもあります。「ぷよぷよでライバルを全員撃破する」。本っっっ当に腹が立つ。本編中の要素やミニゲームでならまだしも、ミニゲームですらない「別ゲーム」でどうして本作のトロコンを阻まれなければならないのか。ならばせめてもっと条件を緩めてほしい。ていうかせめてコンティニューさせてくれ。私は幸い突破できましたが、このぷよぷよのせいでトロコンを諦めてしまった人も中にはいるでしょう。
もうぷよぷよは二度とやりたくないです。ていうかスペースハリアーとかファンタジーゾーンとか、過去作で収録したことがあるゲームはもう全部いらない。

〇QTE
チェイスと一部のボス戦にしかなく、また入力の猶予もかなりあって簡単なのですが、そもそもいらないです。

〇ストーリー
BADに書くほど悪いというわけでもないんですが、GOODに書いた要素と比べると見劣りするレベルなのでこちらに。
殺人事件の調査から始まり、次第に過去の事件まで含めた大きな事件に発展していく……という内容ですが、次から次へと事件が起きて先の展開がとても気になります。ですが強引な展開や無理矢理に感じる部分があったり、実際の死因と検死結果に齟齬があったりと、ミステリーやサスペンスとして考えるとかなりお粗末なところがあるのが残念です。といってもいつもの如くシリーズからすればかなりマシな部類に入るので、あくまでもサスペンス「風」のストーリーとして楽しむ分には問題ないかと思います。
それと別に本作だけの問題ではないのですが、発売前に公開されたPVで終盤はおろかエンディングの場面まで流してしまっているのはどうかと思います。実際にその場面まで辿り着かなければそれがエンディングの場面だとはわからないから問題ないという意見もあるでしょうが、実際私は初見プレイで「そういえばPVのあれとあれの場面を見てないな、多分あれがエンディングだから、ここから先はこんな流れになるんだろうな」と予測できてしまっていました。またPV中に、黒のレインコートの人物が殴られて呻き声を出す場面があります。この人物の正体がストーリーにおいて非常に重要で、私はわからなかったですが、耳の良い人ならその声だけで正体が予想できてしまっていたのでは? これがストーリーなんかどうでもいいアクションゲームなら別に構わないのかもしれませんが、一応サスペンスを名乗るならもっと気を遣ってPVを作成するべきではないかと思いました。

〇「こりゃうまい」
料理を食べたときのボイスですが、全然うまそうに聞こえないというかむしろまずそう。唯一、ここだけは録りなおしてほしかったです。

COMMENT

〇味方
戦闘中にサイドケース等で仲間になったキャラがランダムで加勢に来てくれるという要素がありますが、そいつが戦闘終了後に毎回同じ台詞を言ってから立ち去ります。結構な頻度で加勢に来てくれるのですが、そのたびに戦闘後に5秒ほど余計に待たされることになるので、これが結構ウザいです。……が、アップデートで改善されました。これからプレイする予定の人はアップデート推奨です。

全部入りのDLC購入済み。サイドケースも全てクリアして約80時間かかりました。不満もありますがそれを差し引いても満足できる出来でした。
クリアするだけなら簡単ですが、トロコンを目指すとなると難所がいくつかあるので(個人的にはドローンレースのタイムアタックとぷよぷよの二つが壁)、それなりに時間をかける必要があると思います。逆に言えば数少ない難所さえ乗り切れればあとは時間をかけるだけでトロコン可能だと思います。
ストーリー等を追加するDLCは難しいそうなので、それならば是非ともジャッジアイズ2を制作してほしいです。そう思える良作でした。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
たにしさん  [2019-01-05 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

【PS4】JUDGE EYES:死神の遺言
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「JUDGE EYES:死神の遺言」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。