このソフトのレビューを書く

【PS4】英雄伝説 閃の軌跡IV ‐THE END OF SAGA‐ レビュー

発売元 日本ファルコムオフィシャルサイト
発売日 2018-09-27
価格 8424円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 セクシャル (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ストーリーRPG
■ プレイ人数:1人
■ PS4 Pro ENHANCED:PlayStation 4 Proでプレイすると一部の映像表現が強化されます

総合ポイント
70
(難易度)
1.91
レビュー数
11
スコアチャート 英雄伝説 閃の軌跡IV ‐THE END OF SAGA‐レビューチャート

0%
0-9
9.1%
10-19
0%
20-29
9.1%
30-39
9.1%
40-49
9.1%
50-59
9.1%
60-69
36.4%
70-79
18.2%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
63.6%
【標準偏差】
20.98


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 3pt 1pt
総合点
73pt

GOOD!

◆軌跡シリーズ一区切り
 軌跡シリーズの主人公たちが集結。序盤から夢のパーティーを組めてファンにはたまりません。最終的に意外すぎるメンバーもプレイアブルに。
 空が発売されてから14年経ちますが、これまでは1進めて10伏線を張るみたいな、風呂敷の広げっぱなしと揶揄されるくらい謎が全然明かされませんでしたが、今作はレギュラーだった人が何人か離脱したり、空~閃3までに徐々に広げた伏線を一気に半分くらい明かした感じで、もの凄い情報量に思わず「ファルコムどうしたの!?」と言いたくなるくらい。続編は色々一新されそうな雰囲気。

◆ストーリー
 空時代からのネタや伏線も大量に使われており、これまで広げる一方だった風呂敷をかなり畳んでいるのでストーリーが進むごとに次が気になりワクワクが止まりません。正直コマがそろいすぎていて、中だるみもあり予想通りの展開ではあったのですが、怒涛の結末に盛り上がっていくのは素晴らしいの一言。

◆会話
 これも空から続く伝統。イベントの進度によって街の人の反応が逐一変わります。こういった世界観を大事にするRPGって最近あまりないですよね。Aボイスも何かが見えたときなどに効果的に挿入されるため、主人公たちの考えや心情が移動中に語られます。区切りごとに必須キャラ+任意キャラを何人か選ぶのですが、任意キャラも場面によって的確なコメントを言うのでパーティー選抜に悩まされます。

◆音楽
 これまでと少し変わった曲調もありましたが、全体として耳に残りいつも通り高レベル。

BAD/REQUEST

◆OPムービー
 専門学校1年生に同人で作ってもらったかのような酷い出来。顔が誰?ってレベルでとってもヤバイです。

◆敵が速い
 前作でブレイクが猛威を振るいどんな強敵もノーダメで倒せた反動なのか敵の行動力が全体的に高めで、行動力をつけ通常攻撃しかしなくても敵が連続行動することも多々。クラフトのディレイはさらに重く、使ってブレイクさせても味方に順番が回る前に終わることも。Sクラはとてつもなく重く、最後に4連発でしとめ切れないと発狂した敵にずっと俺のターンで惨殺されてしまいます。

◆BP
 BPは追撃で貯まり消費してラッシュやバーストを使えるのですが、今作はボスのSクラをしのぐ為に必要なので気軽に使いにくい感じ。

◆人数が多い弊害
 突入時やボス前の前口上が長く、しかも何回もあります。キャラを使わせるために必須キャラがローテーションしていきますが、お金やセピスは割りとカツカツなので、装備、クォーツを付け外しするのが面倒。挙句の果てにはイベントでキャラに「さすがに多すぎだろう」と自虐ネタまで。
 あとシリーズを重ねすぎたせいもあるとおもうのですが、似た性格のキャラに同じ声優を当てているため、しゃべり方や口癖も似ていて声だけだと誰か分からないことが。

◆凄さの見せ方
 ミュゼは凄い指し手能力を持っているということになっていたはずなのですが、今作ではむしろプレイヤーですら簡単に先を読める程度のことしか出来ていません。むしろ悪役はやたら裏をかいてくるため、そちらの方がミュゼを凌駕していそうに見えてしまうのが残念。

◆日本語
 閃でずーっとツッコんでいる、知的なキャラに難しい言葉を言わせたいために同じ言い回しを多用する点。だいぶマシになったとはいえ、やっぱり語彙力が足りないのが気になります。

COMMENT

 閃1,3は中途半端すぎる打ち切りで、2はワンパターンすぎる展開に辟易していましたが、今作はGoodに書いたとおり軌跡シリーズやゼムリア大陸、教会、至宝と結社の目的の一端などが垣間見え、空のネタもふんだんに使っているのもあり満足度は高いです。物語が前作ありきなので、最低でも閃からのプレイが必要。ぜひ空からのプレイをオススメします。
 真エンド後にもう一度見ると結社が話し合うシーンが追加されるので見逃さないようにご注意を!

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
miRokさん(Webサイト)  [2019-01-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 3pt 4pt 2pt
総合点
70pt

GOOD!

【昨今では稀少な王道RPG】
スマホゲーの台頭、据え置き機向けの売上減少で軌跡シリーズのような王道RPGは本当に最近少なくなりました。ストーリーはおまけというゲームが多くなっている中、じっくりと腰を据えて物語に没頭出来るRPGはやっぱりいいなと思える作品です。

【軌跡シリーズほぼオールスターズ】
空、零碧、閃シリーズの主要キャラからサブクエスト絡みのNPCに至るまで非常に多くのキャラクターが登場しておりまさにオールスターズ。故に過去作をプレイしていないと縁のある人物である事自体が分からず、面白みが半減してしまうのは仕方ないと思います。単なる顔出しだけではなく、きちんとそれぞれの物語があり、丁寧に描かれてる点は軌跡シリーズならではです。主要人物はほとんどプレイアブルとして戦闘に参加しますし、シリーズの垣根を超えたパーティーや共闘などシリーズファン向け要素が盛り沢山です。

【ストーリーRPGの冠に恥じないストーリー】
相変わらずテキスト量が膨大で、単純に閃シリーズの完結というだけではなく、過去作から張られた伏線がかなり回収されています。一つ一つ丁寧に描かれているので分かりやすかったです。ゲーム進行度としては僅かでも、かなりのテキスト量があるので結構疲れます(笑)。

【奇をてらわない分かりやすい戦闘システム】
ロストアーツが復活した程度で戦闘そのものは理解しにくいようなものもなく、都度チュートリアルがあるのですぐ慣れます。引き継ぎなしナイトメアは序盤~中盤までが諸々整わないのでかなり難しいです。中盤以降は楽ですがどの道1周でトロコンは無理なのでおすすめしません。

BAD/REQUEST

【既視感のあるゲーム展開】
閃3の時はリィンは教官に、舞台は分校に変わったもののまるで閃1を再プレイしているような錯覚を覚えましたが、今回は閃2を再プレイしているような感覚になりました。正直、似たような展開が多く4作目はちょっと長引かせすぎたという印象です。特に2から3までの空白期間が長く、ハード移行などもあったのでしょうがその割にグラフィックなど大きな進化が見られないのも残念でした。

【必要性の感じないボス戦】
今作からではありませんが「このボスと戦うの何回目だっけ?」というくらい同じボスと戦い、倒しても決着がつかないお約束の展開が多すぎてさすがにげんなりしました。ゲーム的にボス戦として展開せざるを得ないという惰性のようなものを感じます。

【相変わらずグラフィックが前時代レベル】
背景はあまり気になりませんでしたが、やっぱりキャラゲーなのでキャラのモデリングが気になりました。JRPGらしいアニメ調なんですが他メーカーと比べると素人目に見ても「もうちょっとどうにかならなかったの?」というレベル。閃1からですが、会話時にイラストの立ち絵ではなく3Dモデルのアイコンになったのも残念ですね。キャラが多いのでイラストを用意するのは難しいのでしょうが、主要キャラだけでもイラストの立ち絵に次からは戻して欲しいです。

COMMENT

【初めて軌跡シリーズをプレイする場合、どこからプレイすべきか?】
最低でも閃1から、出来れば空3作→零碧→閃と順番にプレイ推奨です。空、零碧キャラもガッツリ絡んで来るので閃シリーズだけではちょっとよく分からない展開も多いです。閃以外はオリジナル版(PSP)はシステム的にもちょっとしんどいのでリメイク版(Vita)を推奨します。単に閃シリーズとしての完結ではなく過去作からの伏線回収も多いのでシリーズ全てをプレイするとなると時間もかなりかかりますが…。

【トロフィーに関して】
絆イベントで女性キャラの特別な思い出を共有するイベントとその他人物ノートが更新されるもののせめぎ合いで、1周目では絆ポイントが足らず両立出来ないので1周目トロコンは無理です。周回限定イベントもないので完全に作業ですがトロコンには最低2周しないといけません。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
hikkiさん  [2018-11-13 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 4pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
76pt

GOOD!

・帝国編が完結
長かった帝国編がついに終わった。結社についても進展があり、続編が気になるところ。
一周目は展開の盛り上がりに興奮しっぱなしだった。
今作もボリュームはかなりのもので、攻略サイトを見ないで気付くことのできるクエストをこなして進めただけでも、クリアに70時間弱かかる。

・過去キャラが大勢参加
エステルやロイドなど、過去作のキャラが久しぶりに出てきたのでシリーズファンとしてはとても嬉しい。

・音楽
不満な意見も見えるが、個人的には結構好きだった。
IIIのエンディング曲『嘆きのリフレイン』が戦闘BGMにアレンジされていたり、空の軌跡2ndでの結社のテーマBGMのようなものが久々に使われていたので、良かった。

・戦闘のautoモード
通常攻撃のみしかしないが、autoモード中は戦闘が高速化されるので、ストレスなく戦闘を進めることができる。

・サブマスタークオーツ
前作ではサブマスタークオーツを共有できなかったが、今作では一つのマスタークオーツを何人でもサブとして装備できるようになったので、思うようにカスタマイズできるようになった。

BAD/REQUEST

・ゲストキャラクター
参加キャラクターはかなり多いが、新旧7組以外のキャラクターはゲスト扱いなので、装備が変更できず、周回でやり込む際には邪魔になってくる。もう少し参加できる場面を増やし、装備の変更ができると良かった。

・口癖が全キャラクター同じ
前作でも『薫陶』『◯◯すぎるだろう』などの言葉を使うことが多かったがその辺りは激減(マキ◯ス除く)。
他のレビューに一度も出ていないのが不思議なくらい、あり得ないほど使われている言葉が「◯◯っていうか」「◯◯っつーか」である。
おそらくアリアンロード様以外、全てのキャラクターがこの言葉を乱発する。
「とんでもないものを発明したっつーか」など意味の分からない言葉が数えてきれないほど出てくる。普通に、「とんでもないものを発明しやがつて」とは言えないのか?「っていうか」のあとセリフがなく、この言葉を使う意味がわからない。
好きなキャラクターがこの言葉を使った瞬間に萎えます。
1番乱発したランディを嫌いになりました。
過去作のキャラクター含め、口癖が全員同じなので個性がない。

・男性キャラクター
女性キャラは美人、可愛い、巨乳と個人的には好きなキャラが多かった。
逆に男性キャラは1人も魅力的なキャラがおらず、結局1〜4を通して強制イベント以外に男性キャラをパーティメンバーに入れることは一度もなく女性キャラで固めていた。

・敵が固い
1周目はベリーイージーでプレイしたが、敵が固く倒すのに時間がかかる。
こちらが死ぬことはなかったので、苦戦するわけではなく、ただただ時間がかかるだけ。

・必ずトゥルーエンディングを見なければならない
一周目はノーマルエンディングを見て、2周目でやり込んでトゥルーエンディングを見ようと思ったのに、2周目を引き継いでプレイするためにはどうしてもトゥルーを見なければならない。
そんなことをするのであれば、エンディング分岐なんて作らなければいいのにと思う。

COMMENT

もっとも言葉遣いが気になる作品でしたが、そこさえ気にしなければ楽しめる作品です。
空の軌跡から9作目となり、1つ1つがボリュームが多いのでここまででも超大作です。
今回過去キャラが大勢出てきたのでまた空の軌跡からやりたくなりました。
逆に空の軌跡からプレイしなければ話がほとんどわからなくなってしまうが、シリーズものなのでそこは仕方がないところ。
結社のこれからも気になるので、続編が出たら言葉の改善を期待して購入します。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
エマ推しさん  [2018-11-04 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 2pt
総合点
80pt

GOOD!

英雄伝説・軌跡シリーズはすべてやったので、オールスター勢ぞろいは楽しかった。中には、懐かしい顔もあった。
キャラ一人一人の個性がよく描けている。特に新七組は、かなり深く掘り下げていて楽しかった。
音楽は、いいものが多かった。私は、魔の森の音楽が好き。
バトルシステムは、使い慣れたもので、今回から新しくなった部分はないのでやりやすかった。
ストーリーは、よくあれだけ複雑な過去をまとめたなと感心した。エンディングは十分納得できた。
キャラの育て甲斐がある。レベル上げの努力は必ず報われる。

BAD/REQUEST

セリフなどで、過去作の使いまわしが多いように思った。ただ、七組のメンバーについては、この子学生時代と変わってないなあ、という同窓会的な感覚で見たために、それほど違和感は感じなかった。例えばユーシスは、そうそうこの子トールズに入ったときはこんなだったよな、と懐かしかった。
悪い点はあまり見当たらないが、強いて言うなら、若干ロードが長いことかな。

COMMENT

面白かった。最後までわくわく感が持てた。エンドのところでは、またあのトールズの日常が戻ると思うと、Ⅲあたりからやり直してみたくなった。新七組の生徒一人一人にかなり感情移入をしてしまった。
軌跡シリーズは全部したので、終わったときは虚脱感に襲われた。
面白いケームで、内容も盛りだくさんで納得した。
最後の最後では、結社の不穏な話があり、次回作が続くのではないかと期待をしっかりと持たせてくれたのもグッド。
強いボスでも、難易度を変えれば必ず勝てるようになっているので、あの絶望的な感じはしなかった。
健康的ないいゲーム。みんなに勧めたい。
 絶対に、続編をだしてほしい。もう一度、アッシュやユウナ、ミュゼたちと冒険をしたいから。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
やまさん  [2018-11-01 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

【PS4】英雄伝説 閃の軌跡IV ‐THE END OF SAGA‐
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「英雄伝説 閃の軌跡IV ‐THE END OF SAGA‐」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。