このソフトのレビューを書く

【PS4】魔女と百騎兵2 レビュー

発売元 日本一ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2017-02-23
価格 7776円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 暴力 犯罪 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ダークファンタジー・アクションRPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
56
(難易度)
2.50
レビュー数
2
スコアチャート 魔女と百騎兵2レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
100%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
-%
【標準偏差】
2.5


2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 2pt 3pt 2pt 2pt
総合点
53pt

GOOD!

魔女と百騎兵・魔女と百騎兵Revivalクリア済み
・キャラクター
 相変わらず出てくるキャラクターに魅力があると思います。
・快適さ
 前作よりもマップの探索の際のギガカロリー(行動ポイント)の消費が抑えられ快適になった。途中からギガカロリーの補給に特化したファセットも出てくるのでギガカロリー不足に陥る事が少なくなったのは良かった。

BAD/REQUEST

・キャラクター
 キャラに魅力はありますが、とにかく登場人物が少ない。特にストーリーに絡んでくるかは別にして魔女はもっと多く登場して欲しかった。個性豊かなキャラクターもこのシリーズの楽しみだと思うので。
 また、敵キャラクターのグラフィックが前作の使い回しが多く目新しさが無かったのは残念です。

・ストーリー
 前作に比べると壮大さが無く盛り上がりに欠ける。また登場人物の少なさもあり途中でストーリーの先が読めてしまった。

・快適さ、操作性
 戦闘の際にL3の押し込みでその場に止まってHPを回復する事が出来ます。しかし、移動の操作も兼ねている為、咄嗟の操作で押し込んでしまい死ぬ事が多々ありました。
 キーコンフィングも無いので変更も出来ずイラッとします。特に敵の攻撃をギリギリで避けるとボーナスがありますが、それを狙う際にこの操作ミスで死ぬ事が多かったです。
 
・熱中度
 また、このゲームは装備を強化していく事が攻略のカギとなりますが、装備を強化する為のアイテム集めがダルい。敵を倒せばアイテムは簡単に手に入りますが、すぐに所持限界に達してしまいその度に一度セーブポイントまで戻らねばならず快適さと熱中度を大きく損なっている。特にストーリー後半は苦行。
 また、クリア後の特典が特に無い為、2週目をプレイする気にならない。最初から始めて武器をまた強化するのは、面倒くさ過ぎる。

COMMENT

悪い事をいっぱい書きましたが、この作品、魔女と百騎兵のシリーズが大好きです。
出てくるキャラクターは癖も個性もあり魅力があると思います。特にリサの3Dモデルは可愛いと思いました。
前作をプレイした事があるならオススメです。
前作をプレイしていない人には、前作と今回の両方のプレイをオススメします。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
マーさん  [2017-03-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 3pt 3pt 3pt 3pt 3pt
総合点
58pt

GOOD!

・スキルなど育成要素の追加
前作は戦闘は基本的に通常攻撃とダッシュ攻撃と回避攻撃くらいでしたが、今作はスキルが追加されアクション性がアップしています。
またスキルはスキルポイントで習得&強化ができるのですがリセット機能が付いており使ったスキルポイントが100%戻ってくるので敵に  よって必要なスキルをセットすることができとても便利でした。

・ファセットチェンジ
前作はメインのファセット+サブ2つで戦闘スタイルを変更していましたが、今作はファセットを3つまで選ぶことができ戦闘中にボタン一つで 着替えることができます。
物理が有効な敵には物理ファセットで魔法が有効な敵には魔法ファセットと切り替えられより効果的な攻撃ができるようになりました。

BAD/REQUEST

・使い勝手の悪い回避アクション
回避動作などが鈍く、爽快感はあまり感じられません。
回避に攻撃をキャンセル機能もないので、敵の攻撃中に攻撃ボタンをおしてしまったら被弾が確定してしまいます。
なのであらかじめ攻撃をやめ、敵の攻撃を棒立で待つことが多かったです。ぴったりのタイミングで回避すれば無敵時間が発生しますが強敵は 攻撃力が軒並み高くリスクが高いためヒット&アウェイ中心の戦闘になっていました。

・カロリーによる探索制限
HPのほかにカロリー(今作では名前が違ったかもしれません)があり、これが0になるとまともに戦闘ができないためマップにこもってレベ ル上げやアイテム集めをしていても何度も拠点に戻ってカロリーを回復する必要があります。
戦闘でカロリーを回復する手段はありますが確実ではなく効率も悪いのであまり意味がありません。
装備の強化が非常に重要なシステムなので強化に必要なアイテムが大量にいるのですが、なんども拠点とマップを行ったり来たりしなけらいけ ないので煩わしかったです。ロードも長くはないですが頻繁に入ることになるのでストレスになります。
特別オリジナリティもメリットもない機能なので消してもよかったのではと思います。

・装備の重複登録不可
ファセットごとに装備をセットするのですが同じ武器が登録できません。
敵の攻撃に合わせて攻撃重視⇔防御重視と切り替えて戦いたくてもどちらかは強化した武器を両方には付けられないので結局片方のファセット で戦う羽目になります。武器をファセットの数分強化すればいい話ですが上記の理由でなかなか強化するのが難しく、同じ装備がセットできた らなと常に感じていました。

・こじんまりしたストーリー
前作に比べストーリーが薄く感じました。
世界の謎も割と早い段階で予想がついてしまいましたし、予想外でもなかったです。
悪くはないですが、もう少し百騎兵にスポットをあててほしかったかなと思います。

COMMENT

あまり前作と変わった感じのしない作品でした。
作品の雰囲気も変わっていないので前作が好きだった方は拒否感なく遊べるのではないかなと思います。

 
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
HFJJさん  [2017-03-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Amazon カスタマー
レビュー日: 2017-03-03
前作(PS4)魔女と百騎兵Revivalをプレイした時は感動の連続で、トロフィーコンプでクリアし、
人生での名作ゲーム10本には入るほどの面白さでした。
超絶神ゲーなので是非続編を作ってくれと日本一ソフトウェアにハガキで送りました。

続編が出てくれただけでもう大満足なのですが、今作(限定版)を購入・クリアして少し、というか多くの点が気になり、★3としました。
レビューなんて滅多に書きませんが、今作はとにかく書きたくなりました。
以下はそういった信者目線での、個人の主観が多く入ったレビューとなります。

■ゲームシステム
前作より格段に遊びやすくなっており、文句無しです。
特にスキルシステムは戦闘の幅が広がって面白くなっています。
スタミナも廃止され自動ダッシュ+無限回避可能に、マップの穴埋めも必要なくなってストレス要素も減りました。
ボス戦も以前よりミスティカルダッジが弱くなったため歯ごたえが増しています。

しかし、本質的な部分は前作と変わっていないため、前作がつまらなかった、という人は今作も合わないかもしれません。

■ストーリー
前作に比べると盛り上がりどころが少なく・・・敵も少し薄っぺらく感じました。
全体のストーリーもこちらの想像を越えてくるような事があんまり起こりませんでした。
主人公達以外の登場人物の過去もあまり語られず、さっくりと会話中の軽い説明で終わるので感情移入もあまり出来ず。
ロケーションの変化も少なく森ステージの比重が高いので、プレーしていて新鮮味も薄かったです。
進行上、2Dイラストの会話画面での魔法によるどつき合いが多すぎるのもちょっと気になります。(表現的に)

■キャラクター
デザインが原田たけひとさんから変わったのはとりあえず置いておいて、
やはり魅力的なキャラクターが少ないように感じました。
覚醒魔女プリムやカラスのフニンムギンは個人的に気に入りましたが、そもそも登場キャラの総数が少ない。
メインキャラクターの覚醒魔女もあと3人ぐらい欲しい。
前作は登場回数の少ないサブキャラクターですら強烈な個性を持っており、好きなキャラは両手で数えられない程です。
こいつがボスとして出ないの!?戦いたかったのに!とゲームクリア後に驚くぐらい、とにかく個性派揃いでした。
アートブックが絶対欲しくなるほどの前作と比べると、今作はかなりスケールダウンした印象です。

雑魚敵も9割以上が使いまわしで、これもちょっと・・・見た目の飽き以上に戦略性そのままなのが。

■音楽
前作と同じ佐藤天平さん担当なのですが、体感では6~7割ぐらい前作からの流用で、これも使いまわしの印象が強かったです。
アレンジも入っていない?ので、前作をやり込んでいた身からすると少々聞き飽きていて、
しかも使いまわした曲が、イベントやステージの場面場所と合ってないような気がしました。
(例えば、今作はかなりの部分が森ステージですが、その森のBGMが前作の陰鬱な終盤の曲ばかりなのはちょっと・・・)
せっかくの新作なのに、前作のDLCをプレーしてるような気分になるため、新規楽曲を多めにしてほしかった所です。

ボス戦などは新規楽曲ですが、前作の対魔女ボス戦曲の「百輪の薔薇」のような強烈な曲も無かったように思いました。
今作イベント曲の「Romantica」は良い曲だったのでこれが覚醒魔女戦とかのテーマだったりしたら面白かったかも。
新規で良い曲の登場機会が少なくて、旧作の聞き飽きた曲があまりに多く使われているのは勿体ない。

■最後に
予算とスケジュールと人員都合が厳しかったのか、とにかく使いまわしが多く感じました。
ですが、流用がどうとかそういう細かい粗を吹っ飛ばすほどの勢い(話、キャラ、音楽、何か)が、欲しかったです。

今作はゲーム部分が70~80点以上の出来だと思います。
ラストまでそこそこ楽しく遊べるゲームだとは思います。
しかし前作の魔女と百騎兵1は、たとえゲーム部分が50点でも、
驚きと感動のストーリー・魅力的な多くのキャラクター・素晴らしい音楽が欠点を補うほどの良さを持っていて、
その結果100点、いやそれ以上のゲームが生まれていました。

今作はゲームとしてうまいことコンパクトに収まっていますが、
作品から匂い立つオーラというか、これがやりたいという意思や、燃えたぎる何かがあまり感じ取れませんでした。
前作には確実にそれがあったと思います。
「百輪の薔薇」のような凄みのあるBGMがかかりながら、悲哀を背負った魔女達と戦うあの時の感動を、もう一度新しい形で味わいたかったです。

何だかんだと言っても本シリーズのファンなので魔女と百騎兵3を熱望しますが、
今度はぜひ泉達也ディレクターに作って頂きたい所です。(ルフランの地下迷宮と魔女の旅団も良かったし・・・)

【PS4】魔女と百騎兵2
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「魔女と百騎兵2」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。