このソフトのレビューを書く

【PS4】NieR:Automata レビュー

発売元 スクウェア・エニックスオフィシャルサイト
発売日 2017-02-23
価格 8424円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 暴力 犯罪 麻薬 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションRPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
76
(難易度)
2.20
レビュー数
5
スコアチャート NieR:Automataレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
0%
60-69
60%
70-79
40%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
100%
【標準偏差】
6.53


0人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 5pt 4pt 5pt 4pt 3pt
総合点
89pt

GOOD!

・グラフィックがすばらしい。風景も遠くまでよく描けている。遠くまで行けそうな気がするほどである。
・キャラも非常に魅力的で服の質感まで伝わる。特に2Bのコスチュームは女らしくかつクールですてきである。アクションも激しくバトルの爽快感がある。
・自由度が高い。どこへ行こうが、どこを探検しようがOKである。
・音楽は秀逸。とてもすばらしい。ゲーム音楽の中で五本の指に入ると思う。とにかく官能的で心にしみる音楽である。。
・ストーリーは少し突飛なところもあるが、だんだんと納得していく。
・やりこみ要素が多くて、クリア後も楽しめる。
・ロード時間が短くテンポよく進められる。
・クリア後はさらに自由度が増し、様々なクェストをこなしたりできるし、取り忘れたものを取りにいける。

BAD/REQUEST

・ハッキングやシューティングが難しかった。もう少し簡単にしてほしかった。
・二段ジャンプでぎりぎりの距離のところがあり、これが難しい。

COMMENT

・ニーアレプリカントで感動したので買った。期待を裏切らなかった。前作以上のボリュームだと思う。最近では珍しいほどの優れた芸術作品だと思う。
・とにかくすべてにおいてゲーマーを飽きさせない。
・2Bの色気はクールなキャラとあいまって際立っていた。操作しているとすごくうれしくなる。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
やまさん  [2017-03-23 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 3pt 4pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
75pt

GOOD!

■グラフィック
洋ゲーのようなリアルなグラではないですが、雰囲気が素晴らしいです。メインキャラは服の質感まで伝わってきそうな出来です。

■音楽
前作でも音楽に感動し迷わずサントラを購入したので今回も期待してたのですが、期待を裏切らない素晴らしい音楽でした。ファンタジーというに相応しい幻想的な音楽を思わず立ち止まって聞いてしまいました。ジュークボックスがありそこでゲーム内の音楽を曲調やコーラスの有無まで設定して再生できるのもよかったです。

■ストーリー
やはりニーアのストーリーはほかの追随を許さないぶっとんだものになっています。
悲しみ、怒り、殺意、嫉妬などほかのゲームではあまり取り上げないような部類のものがサブクエストまでに取り込まれています。
特に3周目のメインストーリーはこれぞニーアだと思い知らされました。

BAD/REQUEST

■周回ありきのストーリー
3周目は素晴らしいものでしたが、1周目、2周目はそこまで面白くありません。特に2周目はシューティングゲーと揶揄されてるようにほぼシューティングゲームになりストーリーもそこまで謎が解明されないので進めるのがだるく感じます。
前作は1周目でもちゃんと完結していて、2周目で真実が明かされて世界観が逆転するという驚きがありましたが、今回はただ1,2周目で伏線ばらまいて長いだけの周回です。

■オープンワールド・サブクエ
おつかいクエストが多いくせにただ広いだけのオープンワールドは相性が悪いと思います。ほかのオープンワールドのゲームならメインと関係ないところにいっていろんな発見があって探索が楽しめるものですがニーアはただ広いだけの空き地です。移動が面倒と感じることが多いです。

COMMENT

前作からのファンですがまさか続編が出るとは思いませんでした。
3周目までやってやっと面白かったと思えるゲームです。ぜひそこまでプレイしてください

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
akkiさん(Webサイト)  [2017-03-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
76pt

GOOD!

・グラフィック
背景もキャラも綺麗。特にぐるぐるうねる敵キャラの動きビジュアルは圧巻でSF映画のよう。必見。弾幕だらけの中爽快な動きアクション操作出来るので熱くなった。攻撃モーションが凝っており見栄えがいい。2Bのキャラデザインが魅力的。ストーリィ演出が良い。前作を知らないからでもあるかもしれないけれど3D2D見下ろし視点になったり驚く。画面でもノイズや色での効果のし方が上手く入り込めました。ストーリィも世界設定が凝っている割に分かり易く面白かった。

・アクション
R1押しで射撃、ボタンで攻撃、回避にR2(いずれも変更可能)。簡易ではあるもののジャスト回避アクションが楽しい。一対多数戦闘で無双に近い爽快感があります。ですがそれなりに苦戦と死亡は確実にあるバランスも良。

・快適な部分
スタミナの概念がなくボタン押し続けなくてもいい為ダッシュ移動が比較的楽。移動速度上昇スキルもあり。コンフィグ、難易度変更も可能。(回復)アイテム使用方法が非常に快適。ダウン時などでの縛りもなくいつでも出来るのは素晴らしい。ロードが起動時とFT以外ではほぼ挟まれないのは快適。

・音楽
BGMは印象的で耳に残る。ボイスが良い。万全。特に2Bとオペレーションさんが素敵過ぎ。

BAD/REQUEST

・快適でない部分
オートセーブでない。のは構わないけれど意図しないBADENDにしてしまった場合、強制上書きセーブで初めからやり直しにはややイラっと。
終盤の雑魚が全方位バリアを使うので近接が死んでいる場面がある。役に立ってるのかわからないNPCがプレイキャラと被って画面が見辛い場面がいくつか。後半の敵が硬すぎる。

・問題点
2週目から頻繁に発生するハッキングSTG。
難易度が高くテンポも悪い上グラフィックも残念でいいと思える点がない。何回かトライすれば自然とクリア出来るものだがダメージマスのある一ステージは最悪で20回くらいリトライしました。

・その他
(3)周回前提ゲームで、2週目がすごくつまらない。
あまり意味を成していない狭いオープンフィールドと武器強化のRPG要素。
初期以外のポッドを自力で探すのがはほぼ不可能なのは疑問。またポッド強化素材を見つけるのが非常に面倒。

COMMENT

前作未プレイですが問題なく物語も楽しめました。3週で26時間。

STG、ACT、RPGを混ぜたゲーム性にビジュアル、世界観SF設定が絶妙な物語。オープンフィールドは疑似っぽく残念な面もありましたが走って戦って物語を進めるのがとにかく楽しかったです。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
とななさん  [2017-03-12 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 5pt 3pt 2pt
総合点
82pt

GOOD!

■ストーリー

元々、尖ったお話がファンを得てるシリーズだとは理解していましたが、本当に良かった。
魅せ方が上手く、最後まで「続きが気になる」「早く進めたい」のモチベ―ションが途切れませんでした。
サブクエですら、報酬云々よりもどういうお話かが気になってプレイしてた始末。
ただ後半は前作プレイありきのシーンが増えますので、知識だけでも仕入れておくとより楽しめると思います。

■アクション

回避の判定が強力で連発できることも相まってガチャプレイでさえなんちゃってスタイリッシュに。
苦手な人にも配慮されてると感じました。
そもそも雰囲気のあるオープンワールドをすいすい動けるのはそれだけで結構楽しかったり。

■音楽

綺麗で物悲しい世界観によく合っている。戦闘シーンでVoが高まる瞬間などは盛り上がります。

BAD/REQUEST

■ハッキングの仕様

身も蓋もない言い方をすればしょぼいSTGです。
効果としては強力であり、ストーリーにも絡んでくる行為ですが、
短い時間とはいえプレイに水を差される感は多少あります。

■敷居の低いバッドED

要所要所でおかしな行動を取るとバッドエンド直行になります。それ自体は遊びとしてアリだと思いますが、
ちょっと寄り道してからいこうなんて、最短ルート以外を通ろうとするだけで即バッドという局面もあり、
手動セーブの煩わしさと相まってちょいちょい進行を巻き戻されたのが軽いストレスでした。
セーブはこまめに。を久しぶりに思い出しました。

■地図

ゲーム中でも言及されてたけどちょっと見辛い……。

COMMENT

大満足です。素敵なゲームでした。

特にお話の魅せ方は脱帽。
きっと同じ話を小説や映画で見ても物足りない。『ゲーム』だから心に残るものになっている。
これ凄いことだと思うよ、本当に。

難易度調整やEエンドに至る経緯、トロフィー収集等様々な面で救済処置が取られているのも◎。
節々にとてもユーザーライクな配慮を感じました。

正直、べた褒めです。それだけに発売当初の騒動が残念。
買い控えた方も多そうですがパッチが当たった現在はほぼ問題なしかと。
オススメします。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
ぼじょさん(Webサイト)  [2017-03-08 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: ING
レビュー日: 2017-03-04
前作にあたるニーアレプリカントは全ED確認済み。
また関連作であるドラッグオンドラグーン1、2、3でも全てのEDを確認済みの、所謂シリーズファンです。
今作はサブクエストを積極的に埋め、約40時間かけてA~Eエンドを見ました。

この作品を作り上げてくれたクリエイターの方々に感謝を伝えたい。
大げさかもしれませんが、心からそう思いました。

発売前から積極的にプロモーションが行われていたために入ってくる情報が多く、
キャラクターの魅力、アクションパートへの安心感、劇中曲への期待はとても高いものでした。
しかし同時に、ヨコオタロウ氏がどんなシナリオを書くのか、どんなゲームに仕上げるのか…という不安も大きくありました。
それが蓋を開けてみたら不安に感じていた部分は綺麗サッパリ消え、積み上げてきた期待にしっかりと応えてくれました。

体験版での感触どおり、操作キャラはデザインもアクションも洗練されていて操作が楽しい。
戦闘に関しては基本ノーマル、素材集めやハッキングに疲れたときだけイージー(オートチップオン)という感じで遊んでいたのですが、丁度いい難易度でした。
アクションが得意な方はヌルい・単調と感じてしまうかもしれませんが、この作品はおそらく普段ACTに触れない人をターゲットにした調整なんだと思います。
自機をカスタマイズするチップ(装備品みたいなものです)には、攻撃や防御、移動速度などの基本性能を上げるものももちろん用意されているのですが、
それ以上にオートアイテムをはじめとする多数の回復手段、被弾した際のリカバリーなど、生存性を上げる効果を持つものが多く見られました。
実質プレイヤーの手で難易度を調整できるような作りになっているので、アクションはちょっと…と尻込みしてしまっている人にこそ触れてみてほしいです。

物語に関しては、せめてC・Dエンドを見るまでは。可能であればEエンドを見るまでは評価を下さないで欲しいです。
おそらくAエンドまでならゆっくり遊んでも15時間といったところでしょうし、内容もここで終わり?とボリューム薄に感じるでしょう。
しかし、A・Bエンドは終わりではなく区切りです。そこから始まり、C・Dエンドを経てEエンドで終わる。これはそういう物語だと思います。

周回ゲーだと言われると億劫に感じるかもしれませんが、二周目は新規カットを加えた総集編といった内容でサクサク進みますし、
三周目に入ればまるで一周目のときのような驚きとワクワクを感じられると思います。少なくとも私は三周目が一番のめり込めました。
そして周回中に気が向いたらでいいので、サブクエストをやってみたり、手に入れたアーカイブに目を通したり。どうかより深くこの世界に触れようとして下さい。
その方がきっと、ずっとこの作品を楽しめると思います。

私はこの作品を非常に楽しめたし、心底好きだと言えます。
ですので好意的な感想を多く述べますが、唯一惜しかったと言うか、納得はできるけど批判されても仕方ないと思う部分があります。
多くの人が挙げている、「ハッキング時のSTG要素」についてです。
ただしその内容についてではなく、その要素との出会い方についてです。

ハッキング時のSTG要素が強く批判されるのは、実のところプレイさせられる場面の多さでも内容でもなく、
『STG要素があるということが完全に伏せられていたから』ではないでしょうか。

シリーズ経験者が当たり前のように受け入れ、そして今作でも採用されているトップビューも、サイドビューも、イクラ弾幕も、サウンドノベルも、
初めて触れたあの時は、なんだコレと思わなかったでしょうか。思いました。なんで急に文字を読まされているんだ…と思いました。
それが今やノベルキター!と大喜びで受け入れているのは、そもそもこういう要素がある、と知っているからに他なりません。

もし、事前にSTG要素があると知っていたら。ストーリーの最中にハッキングイベントが起きても、
「おっ、STGパートきたか!」と好意的に受け入れられていたのではないかと思うのです。
ただしその場合、「なんなのだこれは!?どうすればよいのだ!」という衝撃は絶対に味わえません。

STG要素を伏せてのプロモーションは、スタッフ側にも博打のような怖さがあったのではないかと思います。
それでも伏せたのは、ジャンルの枠に囚われないという異質さを持ち、驚きを与えてくれるゲームこそがニーアだからではないでしょうか。
どうか「A・RPGなのにSTGがあるのかよ…」ではなく、「A・RPGだけどSTGもできる!」と感じて欲しいです。
もっともそんな事を言っても、既に不快感を味わってしまった人のその気持を拭うことは難しいのですが…。

これからこの作品に触れるという人に対して、新鮮な驚きを覚えて欲しいという気持ちもあれば、
事前知識を持ってすんなりと受け入れて欲しいという気持ちもあって、とても複雑です。

最後に。

生きること、生きているということは?
たとえ機械でも、作られた命でも、感情と自我を持ったそれらと人間は何が違うのか?

そんな事を考えさせてくれる作品だと思います。

どうか一人でも多くの方が触れて、最後を見届けてくれますように。
私の40時間が、その手助けになってくれれば幸いです。

【PS4】NieR:Automata
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「NieR:Automata」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。