このソフトのレビューを書く

【PS4】蒼き革命のヴァルキュリア レビュー

発売元 セガゲームスオフィシャルサイト
発売日 2017-01-19
価格 8629円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 犯罪 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:死に抗うRPG
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
46
(難易度)
2.00
レビュー数
4
スコアチャート 蒼き革命のヴァルキュリアレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
0%
30-39
75%
40-49
0%
50-59
0%
60-69
25%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
25%
【標準偏差】
13.5


1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 4pt 3pt 2pt 2pt 2pt 2pt
総合点
45pt

GOOD!

キャラクターは嫌いではない、というかキャラデザ自体はかなり好感。
特に女キャラは特筆するくらいにいいと出来だ。
ゲームデザイン自体もシンプルでわかりやすいのがいい。グラフィック自体はキレイ。
レベル上げがしやすいのも救済になっている。

BAD/REQUEST

イベントなんかはいつ終わるのかもわからないし、とにかくムービーとかがやたら多くて長い。
戦闘したらムービームービーと、そればっかり続くのでほんとダレてくる。
おまけにムービー中に戦闘が始まってみたりと変な作りしてるのマイナス。
前作にあった戦略とかそういういい点をことごとく潰しているシステム。
シリーズ化している以上は前作ファンが手にする位容易に予想できるわけで、
この変換ぶりはやはり多くにファンを失望させるレベルであろう。

COMMENT

前作は理不尽に感じる部分もありながら、その戦略を用いた駆け引きが面白くて
かなりの名作になってたという次第。ps4でリマスターが出るほどに。
今回はそういう前作のよかった部分を潰してありきたりな内容になってる。
おまけにムービーが邪魔をするという昨今のゲームのダメな要素が目立つ残念な出来となっている。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
ねこまんまさん  [2017-04-17 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 2pt 3pt 3pt 2pt 2pt 2pt
総合点
47pt

GOOD!

ストーリー、世界観、キャラクターの個性はなかなか。後で述べますが本作はなかなかのムービーゲーなのですがこのへんに思い入れが出来てくる中盤くらいからはあまり気にならなくなってきます。

意外と(←これ重要)戦略性のある戦闘。本作の戦闘はコマンド式とアクション式の中間のような戦闘なのですが自分はありだと思いました。

BAD/REQUEST

とにかくこれが言いたい。ボス戦が致命的につまらなすぎます。序盤から中盤は同じ型の機械ボスとばかり戦わせられてうんざりだし、中盤から終盤はバリュエーションこそ出てくるもののどれも嫌がらせ理不尽ボスばかりでやってて全く面白くないどころかストレス溜まります。これだったら無い方がマシ。

フリーミッションのバリュエーションがすくないです。というのも同じマップだと基本的に作戦目的、敵の配置、行動パターン、進行ルートなどなどが一緒です。序盤はまだいいですが中盤以降になってくるといい加減飽きてきます。せめて1つのマップにつき最低2つずつくらいバリュエーション持たせてほしかった。

中盤以降(具体的には7章あたり)から難易度の跳ね上がりが凄まじいです。とにかく火力インフレが凄まじくリーダークラスの敵だと平気で即死級威力の攻撃をしてきます。ミッションに設定された推奨レベルもかなり急激な上がり方をしていきそこそこフリーミッションこなしていた自分でも全く追いつきません。

戦闘は意外と戦略性あると書きましたがやはり人によってはアクションでもなくコマンドでもない中途半端な戦闘と感じるでしょう。さらにこの戦闘システムがボス戦と致命的に噛み合わず行動ゲージというものが存在するせいで常に攻撃チャンスがある訳では無いボスにいざ攻勢かけたい時に攻撃できないことが多く非常にイライラします。

他、全体的にシステムがお粗末というか戦ヴァルの一番評価された戦闘システム変更していらない部分ばっかり引き継いでしまったなという印象。1つ例を挙げるとレベルが上がっても何がどう強くなったのか分からないところとか...

COMMENT

ストーリー、キャラ、世界観はすごく好きだったのですがそれ以外のシステム部分が軒並ダメだった印象。というかこんなに中途半端に戦ヴァル要素引き継ぐくらいだったらもっと大胆に変えても良かったかな。

一応ジャンル的にはRPGらしいですが、とにかくムービーシーンが多く、ムービー→拠点→戦闘、の繰り返しなのでRPGをやっているという感じは薄い。むしろアドベンチャーゲーム?まあとにかくジャンルの判定が難しいゲームです。

難易度バランスも前半は簡単すぎ、中盤以降突然難しくなりすぎでちぐはぐ。特にこだわりがなければ6章まではノーマル、7章以降はイージーでやった方がいいです。自分はイライラしながらもラストまでノーマルでやろうとしてラスボスで力尽きました。

ある程度ファンのついている戦ヴァルではなくこの御時世にあえて新規IP(と呼べるかどうかやや微妙なところもありますが)に挑戦した姿勢は評価したいので次回作も是非挑戦してほしい。ただその際はもっと大きく戦ヴァル要素から脱却してほしいと思います。この微妙なシステム周りは戦ヴァルの戦闘システムが神がかっていたからこそ許された的なところがあるので...。
蒼ヴァルは蒼ヴァル、戦ヴァルは戦ヴァルで別で考えているらしいので戦ヴァルの方の新作も期待したいです。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(未クリア)
リュウヤさん  [2017-03-30 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

1人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 4pt 4pt 4pt 3pt 2pt
総合点
76pt

GOOD!

グラフィックは十分美しい。
一人一人の個性がよく描けている
序盤はややもたつく感じがあるものの、ストーリーがしっかりしておりぐいぐい引き込まれる。
バトルは、爽快感のあるもので、機械兵器をどうやって倒すかを考えながら進めるのも楽しい。
中盤くらいから緊張感のあるストーリー展開になっていき、夢中になる。
レベル上げがしやすく、時間をかければ必ず勝てる。

BAD/REQUEST

序盤がもたもたする。ムービーが多く、キャラは紙芝居のように動かず声優がしゃべるだけ。
しかし、クリアしてみると、状況が複雑であれだけのムービーが必要であったと納得した。

COMMENT

中盤までは少しだれたが、後半のストリー展開はすばらしかった。
ムービーの多さをストーリーのすばらしさが上回ったと言える。
バトルもしやすく、楽しく進められた。
エンディングは秀逸。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
やまさん  [2017-02-24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

8人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 3pt 2pt 2pt 2pt 2pt
総合点
43pt

GOOD!

〇人気シリーズの新作
人気シリーズである『戦場のヴァルキュリア』の世界観やシステムを一新した新作。
雰囲気などはそのままに、特に戦闘システムを大きく一新しており、今までのSRPGめいた作品ではなく、アクション要素を大きく取り入れたARPGになっている。
主人公は今風のスタイルに、身の丈ほどもある大剣を振り回すという、まあJRPGスタイルとなっており、魔法的な要素もあって、基本的には従来のゲームとは全然違うものと考えた方がいいだろう。

戦闘システムも、銃や戦車で戦っていた前作までと違い、武器でガンガンと敵陣に斬り込んでいくゲームになっている。
どちらかと言うと無双ゲー的なものであり、特殊部隊の精鋭を率いて戦争に従事する事になる。

BAD/REQUEST

〇頭の悪い味方AI
本作の戦闘は4人一組であり、一人をプレイヤーが操作し、残りがAI行動するのだが、これが非常に頭が悪い。
ちょくちょく敵の真ん前で棒立ちする事は多い。
マニフェストと呼ばれる要素で味方AIの戦闘行動を細かく指定する事が出来るので、通常に行動する分には問題ないのだが、時折起きるこの謎の立ちすくみでイライラする事もある。
そして一番の問題がボス戦だろう。
本作のボスは範囲攻撃を繰り出し、それがフィールド上に赤い範囲で見えるようになっている。いわゆるAoEというヤツである。
後半のボスはこれが強力になり、当たれば即死という攻撃も多いのだが、味方AIはなぜかこの攻撃を回避してくれない。
いや、一応回避はしているようだが、微妙に端っこに残ったり、ギリギリで当たるエリアに居座ったりと、わざとやってるのかとキレたくなるような当たり方をしてくれる。
何回倒れようが蘇生は出来るのだが、倒れる度にこちらの行動ゲージが減っていって不利になっていくので、かなりイライラの募る要素にもなっている。

〇絵変わりのしないイベントシーン
本作のイベントシーンは大抵キャラの会話で進んでいくのだが、このキャラが全然動かない。
みんな棒立ちのまま、会話だけが進んでいく。
恐らくシステム的な何かの影響なのだろうが、敵も味方も会話シーンは動かない。
一応、軽く身振り手振りをしたりはあるが、それ以上の動作はなく、またカメラも動かないので、ずっと同じ視点でキャラの会話を眺めるだけ。
そして会話のスキップも出来ないので、必然的に会話は全部聞かなければならず、ただただ謎のアングルからの会話を聞いて進む。
今時イベントシーンでこんなにキャラが動かないゲームも珍しいもんである。

〇青臭いキャラ
全体的にキャラが幼いというか、青臭いというか。
特に主人公やヒロインの言動は人によっては評価の分かれるキャラと思われる。
まあ全体的にキャラが若いので仕方ないのかもしれないが、それでも戦争というものを題材にしたゲームとしてはどうだろう。
ただJRPG特有の青臭い感じと捉えるなら、逆にしっくりくるが。

COMMENT

ゲーム自体は悪くはない。
細かい部分に難点はあれど、単なる新規IPとして見るなら及第点以上のものだろう。
しかし『戦ヴァル』という人気シリーズの名前を借りたゲームとして見るならば、微妙な作品と言えよう。
『戦ヴァル』の設定でJRPGを作りました、というのなら、十分理解出来る。むしろシャイニングシリーズだったら、もう少し評価してもいいくらいだ。
いくつか伏線が放置されたままなのは、今後もこのシリーズを続けていくつもりなのかもしれないが、出来れば原点回帰した方が望んでいる層は多いんじゃないだろうか

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
えあっどさん(Webサイト)  [2017-01-24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: くく
レビュー日: 2017-02-10
ムービーが長い。戦闘➡ムービー➡戦闘➡ムービーの繰り返し。しかもムービーはスキップは出来るが早送りができないので時間が無駄。また章が終わるごとに強制的にタイトルに戻される仕様。非常に面倒

【PS4】蒼き革命のヴァルキュリア
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「蒼き革命のヴァルキュリア」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。