このソフトのレビューを書く

【PS4】FINAL FANTASY XV(FF15) レビュー

発売元 スクウェア・エニックスオフィシャルサイト
発売日 2016-11-29
価格 9504円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 セクシャル 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:RPG
■ プレイ人数:1人
■ DELUXE EDITION版:13,997円
■ PlayStationVR:対応

総合ポイント
60
(難易度)
1.95
レビュー数
43
スコアチャート FINAL FANTASY XV(FF15)レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
16.3%
20-29
11.6%
30-39
7%
40-49
9.3%
50-59
37.2%
60-69
14%
70-79
4.7%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
55.8%
【標準偏差】
18.7


5人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 5pt 3pt 3pt 2pt 4pt 2pt
総合点
61pt

GOOD!

既に参考になるレビューが多く投稿されているので簡潔にとどめます。

グラフィックの作り込みは圧倒的です。
遠景近景やモンスターと風景との溶け込み方、
ムービー演出の圧倒的さなどを見ても
海外大作の頂点クラスを凌駕します。
間違いなく現在のPS4作品では頂点クラスでしょう。

UI周りはさすがの日本作品、非常に丁寧でストレスがありません。
後述する一点が問題ですが、それ以外は本当によくできています。

レガリア運転中に過去作BGMが流せるのも非常に良かった。
懐かしかったです。

ストーリーについてはほぼ酷評になりますが
14章からエンディングのところだけは評価します。
あの演出は卑怯。

BAD/REQUEST

・ストーリー演出はボロボロ。
 9章以降の問題点は既にほかのレビューで語り尽されており
 概ね同意見ですので、それ以外の部分を中心に。
 ・極度の説明不足は9章以降に始まったことではなく
  前半からずっと続いているんですよね。
  ここでルーナとの関係や指輪の重要性、六神の意味、
  あるいは仲間との関係性やエピソードをきちんと語らないせいで
  9章~10章が悲惨なことになっています。
  ここの仕込みがきちんとできていれば
  あの辺があそこまでひどくはならなかったと思うのですが。
 ・映画やアニメに説明部分を丸投げ、という話もありますが
  自分はそうは思いません。
  映画見てもアニメ見てもさっぱりわかりませんから。

・13章
 散々批判されているとおりです。
 ひたすら単調でひたすら長く、途中の出来事もそれまでの説明の蓄積がないため
 何にも響かない。
 これだけだるいだけのダンジョンに誰がゴーサインを出したのでしょうか。
 レイブスのシーン追加しても指輪魔法強くしても
 何の解決にもなっていないのですけれども・・・。

・オープンワールドとサブクエスト
 まともなNPCは全部で十数人で
 彼らが何回も同じことの繰り返しを要求してくるだけのサブクエスト。
 むやみやたらにだだっ広いけれども
 採集ポイントとガソリンスタンド以外ほぼ何もないフィールド。
 これでオープンワールドといわれましてもねえ・・・。

・ロード
 長すぎ。
 というか、これだけスカスカのフィールド移動するのに
 なんでこんなに長時間ロードが必要なのでしょうか。

・音楽
 常時過去作のものを流していればOK。
 FF15独自のBGMは軒並み用なしです。

COMMENT

プレイ直後はもっと低評価のレビュー原稿・点数も用意していたのですが
少し冷静になって他のゲームと比較してみたときに
まあ概ねこんなもんだろう、という数値に落ち着かせることにしました。
なんだかんだでクリアもしたし、エンディングはそれなりに感動したし
プラチナトロフィーも取りましたしね(取得率7%と超簡単ですが)。

PS4のJRPGで見てもトップはおろかベスト5入賞すら怪しいですし
これで海外AAAタイトルと勝負とかおこがましいにもほどがありますが。

ま、こんなもんじゃないですかね。
田畑ディレクターの大言壮語さえなければ、
そこまで叩かなくてもいいんじゃないかと思える程度の出来ではあります。

プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
らるさん  [2017-03-28 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

9人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
1pt 5pt 4pt 0pt 0pt 2pt 2pt
総合点
25pt

GOOD!

まずよかったのは音楽。(オープニングとエンディングのアメリカンは除く)
そしてグラフィック。
オープンワールドもそこそこ楽しめた。(サブクエストで)

BAD/REQUEST

オープンワールドを散策するRPGとしてならば満足度は高いが
ファイナルファンタジーとしての満足度は0

■ストーリー面
ストーリー、それに演出が壊滅的。理解できないまま終わる。
サブクエストがメインストーリーに一切絡まないのでやる意味がない。
それなのにむしろサブクエストのほうが楽しい。(RPG的に)
サブクストはMOB討伐して終わり、お使いして終わりなので決してストーリー的に面白いわけではないのだが
上記のとおりメインストーリーが死んでるので、サブクエストのほうがってなる。

■システム面
10年間何をやってたんだろうと問いただしたくなる。
まず人間の動きが気持ち悪い。常に同じ行動。
MOB、武器、移動手段などリアル志向過ぎてファンタジーを感じられない。
人間の動きが変。急に動く、急に角度が変わる。
主人公たちのフィールド上のセリフが同じノリでシリアス展開後でも同じセリフ。
魔法をガンガン使いたいのに、数に制限(素材集めて合成)があるので気軽に使えない&使いどころが難しく結局使わなくなる。
召喚獣も滅多に使わないというか使いたいときに使えないのでほぼ空気。一度も使ってない召喚獣もいる。
結局、剣でのゴリ押し戦闘になり飽きるし面白くない。
好きだった戦闘は例えば・・・・
ライブラで弱点を見抜き、属性の魔法や攻撃で殲滅、ときには召喚獣で一層!
ピンチはケアル!次の攻撃はやばいからケアルガしとこう~
あいつは地震ヤバイから全員浮遊だ!
なんて、そういう戦略的だったり演出だったりがファイナルファンタジーの良さの一つだと思うのだけど
今作ではほぼ見当たらない。というより仲間はほぼ役に立たず主人公1人でゴリ押し(ボタン連打)が一番強いという設定。

COMMENT

寄り道しなければ各章30分~1時間、長くても2時間ほどで終わってしまう。

1~3章 オープンワールド凄い!(ワクワク感100)
4章 あれ、ストーリー展開がなんか変?(ワクワク感80)
5~6章 もしやMAPこれだけ?(ワクワク感60)
7章~8章 ストーリー理解できなくなってくる。(ワクワク感40)9章 おお!この街はすごい!けどストーリーいまいち理解できない!(ワクワク感80 不安感20)
10章 ・・・・え?(ワクワク感0 不安感80)以下、ワクワク感ずっと0
11章 ・・・は?(不安感100 嫌悪感50)
12章 ん?ストーリーまったく理解できない・・・(不安感100 嫌悪感80)

13章 はぁ・・・なにこれ(嫌悪感100 苦痛50)
14章 はやく終わらないかな・・・(苦痛100)
といった展開でした。

ストーリークリア後のレベル上げやサブクエストを楽しみにしていましたが
今はやる気が全く起きません。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
Dブルーさん  [2017-02-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

17人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 5pt 4pt 3pt 3pt 2pt 2pt
総合点
59pt

GOOD!

・圧巻のグラフィック、演出
 FFといえばグラフィック。本作も非常に素晴らしい出来になっています。どこまでも走って行きたくなる爽やかなフィールド、ガヤガヤしていて楽しそうな街の雰囲気もバッチリ出ています。特にオルティシエの清廉さと賑やかさが同居した美しさは筆舌に尽くしがたいものがあります。それまでに私は50時間プレイしていてFF15のグラフィックに慣れつつあったにもかかわらず、スゲェと本気で思ったものです。
マップだけではなく、食べ物のグラフィックにもかなり力が入っており、お米のつややかさに少々不満があるもののどれも美味しそうな描写になっています。
 演出も最初から最後まで全力を感じられます。タイタンやアダマンタイマイの勝てるのか不安になる程の圧倒的な迫力、ルナフレーナの青い花を前面に打ち出した儚くも美しい映像、ゲーム終盤のそれまでの比較的明るい世界との落差を感じる絶望的な状況などが私はかなり印象的でした。それ以外も、見れば見るほど細かい部分まで拘ってると感じます。

・仲間たちの台詞の圧倒的な多さ
 とにかくノクト達4人の台詞が膨大です。ありとあらゆる場面、例えばフィールドを走っている時や敵と戦ってる時も彼らは会話します。なので終始賑やかなゲームとなっています。また、サブクエストの受注時、クリア時の多くに専用の会話が用意されています。サブクエストを受注する時に「今度はどんな会話をするんだろう?」と期待してしまいます。
 正直、男同士の会話としてはうーんと感じる部分も多くクオリティが高いとは言えませんが、皆で旅をしている感覚や仲の良さの描写としては上手く機能しています。ノクトたちはまさに仲良し4人組という感じで、愛着も段々湧いてきます。なのでラスボス戦前の、最後のキャンプの会話や今まで撮った写真の中から最高の一枚を選ぶイベントにはグッと来るものがありました。


・ドラマを感じるBGM
 どの曲も本当に素晴らしい。全編オーケストラが使われており、壮大でドラマチックな曲がゲームを盛り上げてくれます。私はカルタナティカ駅の曲とラストダンジョンで流れるボーカル曲が一番好きですね。前者はそれまでの展開による疲弊感や変わっていく関係性への焦燥感、後者はもう少しで全てが終わる哀愁と最終決戦に向けての盛り上がりが見事に表現されています。ストーリー以上にノクト達の心理を物語っていると言えましょう。
 主題歌は誰もが一度は聞いたことがあるであろう『スタンド・バイ・ミー』のカバーです。オープニングでも使われており、その時は何でこの曲を……と思ったものですが、エンディングまでたどり着くとノクト達の友情にピッタリで、効果的な使われ方をしてるなと感心するようになりました。

・制約は強いものの、それが気軽さにつながるオープンワールド
 今作では自由度が高いゲームプレイが楽しめる、所謂オープンワールドが採用されています。メインストーリーの他にサブクエストや釣りといった本筋から外れた要素が用意されており、中盤まではメインストーリーを無視してそれらに没頭することも可能です。適当にサブイベントをクリアしながら釣りしたりチョコボレースにチャレンジしたりと、メインストーリーそっちのけで私は楽しめましたね。
 サブクエストの進行度や選択肢によってストーリーが変わるということはなく、確固たるメインストーリーが存在しますので、オープンワールドとしては決して自由度は高くありません。しかし、逆に言うと何をすればいいのかわからなくなることがない、とも言えるます。私は他のオープンワールドのゲームをやる時、自由度の圧倒的な高さ故にあれこれ考えすぎて疲れてしまうことがあるので、本作はある程度自由が制限されてるのが逆に気楽に楽しめて良かったです。初めてオープンワールドを人にとってはとっつきやすいと思います。本作をきっかけに様々なオープンワールドのゲームに手を出してみるのも面白いかもしれません。

・スタイリッシュなアクションバトル
 コツを覚えてくると楽しくなってくる、プレイヤーが成長できるバトルだと思います。最初のうちはなかなか慣れず、敵の前で攻撃を連打することしかしていませんでしたが、敵の攻撃を読んで回避する、その隙に攻撃する、といったことができるようになると、一見強くて適いそうもない敵をあっさり倒せるようになったりして、段々楽しくなってきます。これに加え、瞬時にワープする、攻防ともに強力な「シフト」を使いこなせるようになるとスタイリッシュにキャラを動かせてるな、という感覚が出てきます。
 アクションが苦手な方でもウェイトモードでじっくり戦うことが出来ますし、歴代のFFの中でもトップクラスに回復アイテムが強力なのでゴリ押しも可能なバランスになっているので、クリア自体は比較的しやすいと思います。
 その一方で最難易度クラスのボスやダンジョンはレベル99でもかなり厳しく、システムを使いこなせなければクリアできない程の難しさなので、やり込みがいもバッチリです。

BAD/REQUEST

・評価不可能なストーリー
 全体的にキャラクターや設定を出しては中途半端なまま投げ出しています。重要そうなキャラクターが出てきても、これと言った活躍や掘り下げもなくあっさり出番終了になります。パーティメンバーを含めた5,6名以外は全員そうと言っても過言ではありませんが、じゃあ彼らが充分に掘り下げられているかというと別にそんなことはないです。それと、メインヒロインのはずのルナフレーナの出番がどう考えても30分もないのですがどうなってるんでしょうか。設定もキャラクター同様に、出てきてはすぐ話題に出なくなりを繰り返している印象が強いです。
 このように、どの設定もキャラも掘り下げられぬまま進むので、何もかもが非常に薄っぺらい印象を受けます。もしかしたら奥深い設定が存在するのかもしれませんが、ゲーム中にその節が見受けられない以上ないも同然です。

 ストーリーを盛り上げるものの一つに、心理描写があります。しかし本作ではそれがほぼ描かれません。ノクト達の台詞が多いと前述しましたが、帝国と戦う決意や故郷を奪われた悲しさ、成長性などを感じさせるものはそこにありません。むしろ、故郷を奪われた直後に走りながら「だるいな」「そうだな」と言ったそれまでと同じノリの会話が繰り広げられ、もしかして彼らは何も感じていないのではないかとすら感じさせます。「仲良し4人組」と先述しましたが、その描写がストーリー上のシリアスな展開と噛み合っていません。
本来心理描写が出来る絶好のチャンスを、4章以後はほぼ毎章、時間経過のテロップで誤魔化す傾向にあります。一番酷いのは10章の始まりです。ネタバレはしたくないのでボカしますが、前の9章でノクトたちを取り巻く環境は劇的に変化します。ここからどのような経緯で旅を続けることになったのか、彼らの真意はいかに……とプレイヤーが最も興味をそそられるところでしょう。しかし、ロード中の「旅を続けるために列車に乗った」という文章と「数週間後……」というテロップだけで全て流され、それらが描かれることは一切ありません。
また、とあるキャラクターの意外な真実や真の王として世界を救うための驚くべき条件が語られてもこれまたさらっと流されて次に進みます。条件についてはかなり過酷なもので、普通に考えればそう簡単に受け入れられるわけがありませんが、ノクトは普通に受け入れます。この場面のみならず、ノクトは様々な重要なことを案外あっさりと受け入れる傾向にあります。
また、ストーリー上大事な展開を、任意でしか聞けない町中のラジオで伝えるという謎の手法も取っています。町中で調べられるものの一つでしかありませんから、ノクトたちは当然何の反応もしません。
もちろん、心理描写は必ずしなければならないわけではなく、本作はあくまでもRPGなので濃密なものを要求しているわけでもありません。また、敢えてせずにプレイヤーに想像させるというのも大いにアリです。しかし、本作を完全に理解しようとした場合、想像というよりは創造が求められます。RPGということを考慮しても、あまりに行間がないゲームなのです。
その結果、ただでさえ薄っぺらいストーリーが突拍子もなく意味不明なものになってしまいました。特にグラディオは頼れる兄貴分という描写が恐らくしたいのでしょうが、実際は「なんだかよくわからないけど突然キレる人」、ルナフレーナの兄レイヴスに至っては相当な重要人物のはずなのに言動が断片的かつ滅茶苦茶すぎて支離滅裂という印象が強いです。

いつだったかは忘れましたがPVで、スープを不味いというノクトを窘めながらも、口に含んでから不味そうにべえっと舌を出すレギスというワンシーンがありました。これだけでレギスがどういうキャラなのか、どういう親子なのかわかる巧みな描写で、これは期待できそうだなと思ったことがあります。しかし本編にはこのように、短い時間で様々な感情や関係性を伝えられるような描写はまるでなく、クリアして落胆したものです。そもそもこのシーンは本編にありませんでした。

写真選びや最後のキャンプのシーンでグッと来ると言いましたが、それはあくまでプレイの累積でしかありません。共に世界を駆け巡り、苦労しながらもお互いに助け合って強敵を倒し、様々な困難を乗り越えていく。そのようなゲームプレイで得た経験ゆえの感動であり、シナリオはハッキリ言ってプラスには全く作用していません。むしろ、シナリオが並以上であればもっと感動できたであろうという点で、私はマイナスだったと思っています。


・内容の薄いサブクエスト
 「○○倒して」や「△△持ってきて」といったお使いに終始しており、それを終えたら報酬をもらって終了です。依頼主の台詞から世界観の広がりや新たなキャラクター性が発見できるということも特になく、全編通してただのお使いと化しています。シナリオの薄さと相まって世界観に薄さを感じる要因となっています。


・戦闘のストレス要素
 まず、カメラワークが滅茶苦茶です。戦闘でカメラとノクトの間に木々などのオブジェがあった場合は、カメラが近づくわけでもオブジェが透明になるわけでもなくそのまま表示され、ノクトや敵が見えなくなります。また壁際にいる時や巨大モンスターが相手の時はカメラが変に動いたりズームアップしすぎたりしてノクトがどこにいるのかわからなくなることもしばしばです。これにより相手の攻撃をよく見て対応するということが難しくなっています。
 また、本作では操作できるのはノクトだけで仲間は基本的にAIで動くのですが、そのAIがとてつもなく馬鹿です。基本的に敵に突っ込むことしか考えておらず、敵が攻撃を仕掛けた時に突撃して勝手にダメージを受けます。この問題は敵が強くなるにつれ顕著になっていき、レベル90前後以上の敵が相手では仲間全員を生かして勝つよりも、死んでも放置してノクト一人で勝つ方が楽なこともあります。なので四人で協力して戦う戦略性は次第に薄れていきます。仲間の絆を描く本作ですから、もうちょっと強くても良かったのではないでしょうか。


・3章以降段々ショボくなっていくゲーム性
マップの拡張性という点で疑問が残ります。オープンワールドとして機能しているのは8章までの舞台となる、ルシスの大陸のみです。実はこのゲーム、3章の時点でこの大陸の8割以上のエリアに行けるようになります。残りは7章で訪れる北西のエリアとクリア後に飛行して訪れるプティウォス遺跡周辺のみです。つまり、4章以降はほとんど行ける所が増えないということです。3章の時点でかなり広い世界を実感できたため、「ここからどんどん広くなって、同じくらいの規模の他の大陸にも行けるようになるんだろうな」と期待したのですが、そんなことは全くなくかなりガッカリしました。ゲームとしての楽しさやワクワク感は間違いなく3章がピークです。

 9章でオルティシエに上陸してからは完全な一本道になり、つまらなくなっていきます。9章はオルティシエの美しさや賑やかさ、闘技場やモブハント(モンスター討伐の依頼)が楽しめるためまだいいのですが、問題は10章以降。これ以降は行動できる範囲が電車内だけ、小さな拠点とダンジョンだけなど、とにかく狭すぎます。サブクエストやモブハント等、本筋以外の要素も一切ありません。また、ルナフレーナの故郷テネブラエは城が見える丘だけ、敵国ニフルハイムは道路と塔だけと、見える所に行けない窮屈さをこれ以上ないほどに感じます。
 ストーリー上のミッションはひどく単純で、10~13章では戦闘もそれまでに比べ出来ることが少なくなっています。
 中でもノクト一人でダンジョンを探索するのがメインの13章は、力が封印されている関係でショボい魔法しか使えず、戦闘が非常につまらないものになっています。探索自体もあっちへいったりこっちへ来たりを繰り返すだけで全く面白くありません。また、何故か封印中は非戦闘時にダッシュができず、探索のいらいらを助長させます。
 あまりの自由度のなさとつまらなさに、ひょっとして後半は時間が足りず急ピッチで作ったのではないかという疑念すら生まれます。


・見えない壁
 実は8章までの舞台も上記と似た欠点を抱えています。それは世界各地に、一見進めそうなのに進めない「見えない壁」があることです。
まずガードレールの多くをジャンプで飛び越えられません。高所からは基本的に全部できず、曲がりくねった道をまっすぐ飛んでショートカット、ということが出来ません。それ以外にもジャンプの高度より低いのに飛び越えられない岩、飛行中なにもないところで強制的に旋回させられるなど、見えない壁は世界各地に点在します。その先に何もない大陸の果てでそうなるのなら仕方ないのですが、道路と道路の間の山なども進めません。このように地図上に記載されているのに行けない所はかなり多く、プレイすればするほど世界が狭く感じられてきます。


・オープンワールドとしての不満点
 広さだけではなく、質も決して高いとはいえません。街や拠点、店を除くと人はほとんどいません。たまに負傷したり車が故障して立ち往生する人がいるくらいで、それ以外は基本的にいません。なので、辺鄙な所に人がいる驚きやそこでしか聞けない話も特にありません。また、奥地に行くと妙に印象に残るへんてこな地形や模様があるということもないので、全体的に平坦な印象を受けます。
 街のあちこちにいるNPCの動きのなさも気になります。本作は時間や天気の概念が存在します。しかし、いついかなる時も彼らは決められた範囲を動きません。夜になったから家に帰るということもなければ、雨が降ったから屋根のあるところまで走ったり傘をさすこともありません。オルティシエで雨がザーザー降っているのに、階段に座って談笑するNPCの姿を見た時、このゲームに何とも言えぬ作り物臭さを感じてしまいました。


・クリア後の要素
 クリア後に一定の条件を満たすと車が飛行できるようになりますが、これが妙に難しいです。車は道路しか走れないため道路に確実に着地しなければならず、これが出来なかったらなんとゲームオーバーになります。ゲームオーバーになる条件がよくわからず、ぶつかりながらも道路に着地して走り出したのにゲームオーバーになったことがあります。
 また、飛行していけるプティウォス遺跡は、ノクト一人で戦闘のないアクションと謎解きオンリーのダンジョンなのですが、これが嫌になるほど辛い。アクションはかなりシビアなジャンプ調整や幅の狭い鉄骨渡りを求められることが多く、RPGとしてはともかくアクションとしてみた場合操作性が悪い本作では終始イライラすること請け合いです。3Dアクションの黎明期かと言いたくなります。ちなみに報酬は自動で敵の攻撃を避けてくれるアイテムで、アクションを苦手とする方向けだと思うのですが、何でアクションオンリーのダンジョンの報酬にしたのか理解に苦しみます。


・その他
 レストランで受けられるモブハントは何故か一度に複数を受注することができません。そのため「受注→倒しに行く→報告→受注→倒しに行く……」という繰り返しをすることになり、作業感が非常に強くなっています。サブクエストがいくつでも受注できるのに、モブハントを一つだけにした理由がわかりかねます。
 ロードは全体的に長く、セーブデータのロード時は仕方ないにしても、ファストトラベル(ドラクエで言うルーラに近い)や車または宿泊地に戻るといった違うエリアに瞬時に行くコマンド、新章スタートでもかなり待たされます。ファストトラベルは使う頻度が高いコマンドなので、モブハントをこなしてる時はプレイ時間の大半がロード時間になることもしばしば。
 このゲームは仲間との絆を序盤から描いてきました。しかしラスボス戦や、1月24日から行われているモグチョコカーニバルがノクト一人であるなど、絆とは一体何だったのかと思う要素がちらほらあります。
 これら以外にも気になる部分は山ほどありますが長いので割愛します。

COMMENT

 このゲームを評価する際、「サブクエストなどの、本筋から外れた遊びを楽しめるか」というのが一番のポイントになります。メインストーリーを楽しみたいという方も大勢おられるかと思いますが、本作のメインストーリーはプレイ時間にして20時間程度しかなく、出来が壊滅的なこともあって、それだけを追っても満足度はかなり低くなるでしょう。ある程度サブクエストもやって、世界を駆け回ったりノクト達の仲の良さを堪能して初めて、ゲーム自体にも愛着がわきます。一方でどうにも平坦で遊び心に欠けるため、海外産の本格的なオープンワールドゲームに親しんでいる方は物足りなさを感じる内容かもしれません。オープンワールドとかつての『FF』のような、従来の非オープンワールドの中間のようなゲームだと思っておけば楽しめるゲームではあります。

 それを考慮しても、ストーリーと後半のつまらなさは致命的で、全体的な評価は低くならざるを得ません。
 また凄そうなゲームに見えて、案外作り込みが浅いなと感じる瞬間が多々あります。世界の広がりを感じられそうに見えてそのピークは序盤にあたる3章であること。どこまでも走っていける自由度を持っていそうでそれを阻害する見えない壁。軽快なアクション性を持つものの、カメラワークの劣悪さと仲間の馬鹿さが足を引っ張る戦闘。ストーリーと後半はどうしようもないレベルではありますが、これらはもっと何とかなったんじゃないかと惜しく思います。

 とは言え、なかなかに楽しめたゲームです。序盤から中盤にかけて、メインストーリーを無視してサブクエストに没頭していた時は間違いなく楽しかったですし、オルティシエをはじめとする美麗なグラフィック、演出に圧倒され、久々にサウンドトラックが欲しくなるくらいBGMを好きになれました。レベル99が出発点とも言える高難度のやり込みも熱いです。物議を醸した、最後のキャンプでノクトが真意を吐露するシーンも問題点は多いですが、私はかなり気に入ってますので、好きか嫌いかで言えば好きな部類に入るゲームではありますね。

プレイ時間:100時間以上(クリア済)
ジョンさん  [2017-01-29 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 5pt 4pt 4pt 1pt 2pt
総合点
69pt

GOOD!

・グラフィックス
マップは美しい自然と架空の世界でしかありえない地形がうまくミックスされている。
他のゲームと比べるとマップのスケール感がでかい。
ひとつ残念なのが、遠景のテクスチャが荒いところが目立つ時がある事。
モンスターのデザインや動きも凝ったものが多い。
戦闘中のパーティクルや魔法、召喚獣のグラフィックもカッコいい。


・音楽
戦闘の曲だけでもかなりの種類があり、場面が盛り上がるものが多い。どれもオーケストラサウンドで重厚感がある。世界観にとても合っている。
過去のFF音源が聞けるのもgood。


・熱中度
人によると思うが、メインストーリーそっちのけで楽しめるサブクエストが多数あるのが良い。
というかメインストーリーのボリュームが少なく、サブクエストを楽しいと思えない人だと苦痛かもしれない。
ここは、無料でダウンロードできる体験版のジャッチメントディスクをやって面白いと感じる人であれば良いかと思う。


・満足感
ボリュームはメインストーリーとサブクエスト合わせて全てクリアするのに130時間程かかった。
クエストの消化だけでお腹いっぱいになります。
簡単な作りだが裏ダンジョンなんかもちゃんと用意されている。
裏ダンジョンは難しい分クリア後の達成感がある。


・その他
これも好みが分かれると思うが仲間としゃべくりながら旅してる感が良い。
4人のメインキャラはめっちゃしゃべります。
会話のバリエーションが多く、聞いていて面白い。

チョコボでの移動が爽快。
途中、車に乗らずにわざと時間のかかるチョコボで寄り道しながら目的地に向かうとかしたくなる。

バトルがアクション寄り。
アクションゲーム得意な人には楽しめると思います。
各武器の操作と攻撃モーションを覚えれば尚楽しめます。

BAD/REQUEST

・オリジナリティー
オープンワールドのゲームで良くあるお使い系クエストが多い。


・快適さ
ロードか激長い。
初回ロードだけならまだ時間がかかっても我慢できるんだけども、ファストトラベルでの移動もロードが長い。

見えない壁が多い。
特に川。直ぐそこの向こう岸に行きたいだけなのに遠くにある橋をちゃんと渡らないといけません。
また、蛇行した道があるマップ。ここ、まっすぐチョコボでつっきる!と思っても見えない壁に阻まれます。
世界の端っこは壁があっても仕方ないと思いますが、オープンワールドをうたっているのでこの辺りはいただけないかと。

バグが多い。
面白いバグも多数あるが、致命的なバグにも結構遭遇する。
多かったのがフリーズするバグで、PS4の再起動を余儀なくされる。
オートセーブもそんなに多くないので結構戻される事もしばしば。

戦闘のチュートリアルが簡素。
大剣という武器だと、操作次第でタメ斬りや回転強斬りができるが、一切操作の説明がされてない。
攻略サイトとかは全クリまで見ない派だったのでクリア後に攻略サイトに載っている操作方法を見て、やっとやり方がわかりました。


・その他
オープンワールドでない歩けない地域がある。
最終目的地の王都。ストーリー後半の帝都領内。オープンワールドとして歩きまわれなかったのが残念すぎます。
特にストーリー後半の帝都領内はクリアすると戻ることができません。

COMMENT

今までのFFとは全く方向性が違います。
ゲームの進行等はオープンワールド系の流れを汲んでいます。

コマンドでたたかうを選んだり魔法を使ったりするゲームだと思っていると肩透かしを食らうかもしれません。

心配な人は、無料の体験版が配信されていますので、そちらでどのようなゲームか試すのをお勧めします。
私は体験版をやって面白いと感じ、購入して正解でした。
久々にすべての要素をクリアしようと感じたゲームとなりました。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
むろさん  [2017-01-24 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: Amazonカスタマー
レビュー日: 2016-12-06
【前置き】
・ATR全視聴、アンカバードもリアルタイムで視聴。
・映画は初日に劇場で観て、勿論アニメ作品も観ました。
・かつ、本作を50時間以上プレイのうえ既クリアです。
・なおFFはナンバリングを、11と14を除きすべてクリア済み(続編含む)。
・ヴェルサスから情報を追い続けてきた大ファンです。
・すべてのトレーラーを各10回ずつ以上は視聴しました。
・ネタバレを回避してクリアをし、それまでなぜ酷評なのか疑問でしたが今は納得です。
・「アンチ」や「ネガキャン」といった次元を超えた(勿論、そういう人達にネタにされている側面もありますが)、もっと根本的な次元で問題があります。その意味で、厳しいレビューをさせて頂きます。

【良い点】
・自由度、音楽、映像美、ミニゲーム、料理(正直、画像じゃダメだったのかとは思うが)、写真。
・オープンワールドで爽快なバトル(まだ荒削りではあるが。)
・過去のサントラ

【言いたいこと(ネタバレ(質バレ?)含む)】
・明らかに未完成品です。
・未完成と知りながら散々に嘘と誇大広告で期待を煽って、多数の特典商法で新品を買わせ、あとは売り逃げする気マンマンの、性根から腐った、ファンを馬鹿にした汚い商法。この企業、何も反省していません。まぁ一人のサラリーマンとしての田畑氏も、色々と思うところはあるのでしょうが…
・膨大にあったはずの設定はどこへ。
・ファントムソード集めの意味は?集め終わっていないのにラストのトドメQTEで13本ありましたが…。王の墓所めぐりは?シヴァ・ラムウ・バハムート戦や神話の設定は?イフリートとバハムートの通常召喚は?オルティシエ周辺のオープンワールドは?テネブラエは?テネブラエ周辺のワールドは?ガソリンスタンドとショップとトレーラーハウスのコピペじゃない他の街は?ラスボスの変化形態は?ノクトにとっては一瞬(寝て覚めたら10年)のはずなのに人として成長?久々に会った?あんなに倒してやりたかった帝国は?FFで寄生虫?ホラー?指輪をはめたら歴代の巨大な王の霊と謁見するんじゃなかったっけ(ニックスのように)?準備完了…?
・納期の関係で数々の演出等を削除するなら、せめて13のように任意で読めるテキストでストーリーや設定を補完させてほしい。アルティマニアで補完しろ?絶対に嫌です。
・モブハント(サブクエストもだが)のロード地獄。受注→車へFT(ファストトラベル)→ロード→車に乗って目的地設定してFT(ロード)→モブまでチョコボ→討伐→車へFT(ロード)→車で目的地設定してFT(ロード)→報告→受注…(以下同様)。車があるせいで不要なロードが格段に増えてしまっています。討伐時間<ロード時間と言っても過言ではなく、更にダメ押しの「1件ずつ受注」。クエストランクを上げても、受注種は増えますが受注枠は結局増えませんでした。
・トレーラーを何度も見ては想像を膨らませた主要キャラ(敵キャラ含む)に対する扱いの酷さ。FFってある種のキャラクタービジネスでしょうよ…
・結局、あんなに「入り口にすぎない」と発言しながら、映像作品を観ておくことは必須レベルの事前知識だった。
・具体的には、ルーナやルーナ兄の人物像、指輪の設定や重み、王の剣、王の盾、レギスの力や王の使命、インソムニアの生活様式、世界観。
・「インソムニアをマップとして制作するのが現実的に難しいから、映像作品とアニメに落とし込んだ。あとはユーザーが各自で見て脳内で補完してね」ということでしょうね。
・ATRでは「こんなに情報を出してくれてもいいのか?まぁ製品版にはまだまだ明かされていないマップやロケーション、街が待っているからこそできるんだよな」と思わせてくれたものだが、事前に公開したものがほぼ全てであった。(13章の前時代的ダンジョンは論外)
・「ネタバレでは?と気になる人は、ATRを見ないという選択肢もあるんですからね」とDが話していたが、そりゃ無理な話でしょう。それぐらい待っていたし、公開されるのが全てだなんて思わないから。
・イベントの度に追加された新情報は、その都度実装したばかりの「手の内」を公開していたのですね。
・ストーリーの本筋は良さそうなのに、もはや怒涛の展開どころじゃない。「こういうシーンを見せたい」という部分が先にあったのだろうが、それらをうまく論理的に結べていない。本当に無理やり繋ぎ合わせただけ。
・D曰く、「開発スタッフには失敗してもいいと言い聞かせた。とにかく挑戦しよう」、だと。チャレンジ精神は結構だが、フルプライスで買ってもらう客商売であることに加え、FFの現状からすれば失敗しちゃダメでしょうよ。ただでさえFFの名前を冠しただけの粗末な類似品で、スクエニはFFを安売りしすぎて、そのブランド力が低下しているのに。
・ここにきて「海外病」をFFが発症するとは…

長々と書いてしまいましたがつまり…

例えば高級ブランドが、ファンに向けて、
「極上の新作ができました。勿論本皮、約束された品質です。
すべての過去製品を遥かに上回る逸品です。」
と大々的に宣伝して、安くない金額で何百万個も売りつけて、
実際に購入してみたら、見栄は良いがただのペラペラの合皮、
しかも内側は酷いツギハギだらけであった場合、
そのブランドイメージは地の底まで堕ちると想像できませんかね。
(それでいてメーカーは「俺たち頑張った!」とご満悦)

当初は大層な期待と応援をしていたんですよ。
FFが、リアル路線で世界標準「オープンワールド」に挑戦する。
ゲームの頂点を目指すだと?!がんばれ!!!
国産CSが元気のない中で、FFしかそれをなし得ない!
再び、「ぶっちぎりの」「極上の」RPGを!!
日本のメーカーがまだやれるってことを世界に見せてくれ!!

結果、未完成品の売り逃げ。
事前の広報活動はウソまみれ。

海外では高評価ですよ!は?
カップ○ードルのクソコラ動画(公式)でゲラゲラ?は?
FF9とコーラのコラボCM見てよ。
というか発売1週間で出て来るニュースがほとんどそればかり?
アクセサリーのステアップ説明「まぁまぁあがる」「そこそこあがる」?は?
リヴァイアサンの意味の通じていない難しい「っぽく」見えるだけの発言…

FFって、もっと威厳あるものじゃなかったんですかね。
格式の高い、せめて国内RPGの中では、FFナンバリングは
頂点であり続ける存在、品質保証であってほしいと願うのはダメなことなのですかね。
たかがゲーム?されどゲーム、客商売でしょうよ。
ファンへの数々の嘘、売り逃げ上等の酷い裏切り行為。

FFは、終わったんですね。
この会社に舐められて食い物にされているのが癪に障ったので、
FF関連アプリもすべてアンインストールしました。
FF7Rは予約は絶対にしません。
それよりも早く、坂口氏と植松氏らがしたFF6スタッフ決起集会の続報を。

【どうすべきだったか(ネタバレあり)】
★9月に間に合わなかった時点で正直に「本当にすみません。オルティシエまでしか完成できませんでした。11月末の発売までに、9章のクライマックスであるオルティエのボス(リヴァイアサン戦)までは完成させます。ひとまずそこまでを15-1とさせてください。続きものになってしまうため、その分、少しでもお安くします。」と発表すべきでしたね。ノーマンズスカイは正直に打ち明けて対応していますね。
★そして1~2年後に、15-2として、広いテネブラエのオープンワールドと壮大な帝都戦であるべき13章、バハムート戦、ノクトが眠りにつくまで。ルーナの故郷で感動的な演出もできたでしょう。
★最後に、15-3として、それまでのマップすべて+ラスダンインソムニア。

FFがブランドイメージを回復しつつ、高評価を得て、新たに16を制作したいのであれば、どんなに時間がかかっても最低限、素人が「この程度は作ってあるだろう」と想像する程度のことは作っておかなければならなかった。
それを強引に、限られた時間で1作にまとめてしまったため、支離滅裂になり、続編も作れず、すべての超一流の素材が、それぞれの良さを1割も発揮できないままに(下村さんや声優がかわいそう)、ズタズタにされてケチャップでファストフード風に粗末に料理されてしまった。

悲しい。

【PS4】FINAL FANTASY XV(FF15)
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「FINAL FANTASY XV(FF15)」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。