このソフトのレビューを書く

【PS4】√Letter ルートレター レビュー

発売元 角川ゲームスオフィシャルサイト
発売日 2016-06-16
価格 5184円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 暴力 飲酒・喫煙 犯罪 言葉・その他 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ミステリーアドベンチャー
■ プレイ人数:1人

総合ポイント
33
(難易度)
1.40
レビュー数
5
スコアチャート √Letter ルートレターレビューチャート

0%
0-9
20%
10-19
0%
20-29
60%
30-39
0%
40-49
20%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
-%
【標準偏差】
11.82


2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 1pt 1pt 1pt 3pt 2pt
総合点
33pt

GOOD!

・キャラデザが好きなので。雰囲気があっていた。

・「考える」で次はどこに行けばいいか、何をすればいいのかがわかるので遊びやすいかと。

・島根の魅力。行ってみたいなと思わせてくれた。

BAD/REQUEST

・主人公の性格と言動。これでいいところをぶち壊しといってもいいくらい。相手との会話がかみ合わず一方通行で、だんだんと進めていくのが苦痛になり周回をしようという気になれず。

・音楽、CGの使い回しが多く見ごたえがない。人物も表情パターンが少なく据え置きでこれかよと思ってしまった。
それならもっと島根の風景を出してより魅力を感じたかった。

・マックスモードの必要性。なんか脅しているだけにしか思えなくて感情移入できず。

COMMENT

島根を舞台にしたノベルゲームでシリーズ第一弾ということで購入してみた。

結果は見事なまでに駄目なところが露呈してゲームといえるのかというくらいの出来。これは協力していただいた島根の方に申し訳ないとしか・・・主人公の性格をなぜこうしたのかが謎。
周回を前提にしていて章スキップで多少の快適さはあるが、なんかまとまりがなく無理矢理な感じがして2周クリアでもういいやで。
これだと次回作を出すには苦しいので0からきちんと見直さないと大変なことになることを肝に銘じるべし。

プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
twenさん  [2016-07-04 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

2人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 4pt 3pt 3pt 2pt 2pt 1pt
総合点
50pt

GOOD!

日高のり子
タッチ世代の自分にはこれほど愛する声優さんはおられません。あと島本須美とか好きです。
最近の若手声優はほとんど知りませんが、大御所日高がボイスをってので価値は高いです
システム
非常に古典的なコマンド、カーソル方式のアドべンチャで誰でもすぐわかりシステムです。
グラフィック
登場人物は外面はとても綺麗に描かれてますね。風景もいいと思います。

BAD/REQUEST

主役の性格
かなち捻くれててマトモではない娘。何かにつけていちゃもんつける毒舌家でウンザリ。
システム
今のゲームにしては古臭いので、なんの新鮮さもないです。周回なんかが苦痛になるかも。
CG
イベントCGの少なさは気になります。

COMMENT

島根が舞台になってて、出雲空港に舞い降りた主役の島根巡りが始まります。山陰地方にある県で東日本なんかに住んでると、伺う機会などはほぼない地でしょうから、このゲームで観光気分を味合うのもいいでしょう。サークル島根とか島根県民が開発に関わってるようなので、村おこしの一環もあるんでしょうね、結構詳細に観光地が紹介されています。
ただ主役の性格がほんと破綻してるので苦痛でしたね。外見と内面のギャップが激しすぎるでしょう(~_~;)

プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
鉄平さん  [2016-06-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

4人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 3pt 1pt 1pt 1pt 1pt
総合点
33pt

GOOD!

「15年前の文通相手から届いていた不可解な手紙の意味を解明する」という設定に惹かれました.

・オリジナリティ(3点)
手紙の返事によってストーリーが分岐するのは設定を活かしていて良いと思います.

・グラフィックス(4点)
島根の風景が美しく描かれており,特有のタッチで描かれたキャラクターがマッチしていました.
旅情ミステリとして,非常に良い雰囲気を作れています.

BAD/REQUEST

主人公の行動に何一つ感情移入できず,キャラとしての魅力も一切感じないので,「主人公を操作しなければならない」というのがとにかく苦痛でした.
サウンドとグラフィックス,設定からなる雰囲気作りには成功しているのに,主人公の傲岸不遜な態度がすべてをぶち壊しています.
身体的特徴を論い,過去の黒歴史を掘り起こして脅しをかけることで真実に迫るという一連の流れには快感も何もあったものではなく,ただただ罪悪感が募るばかりでした.

・熱中度(1点)
一つ目のルートが終わったあとには,期待を込めてとりあえず他のルートも見てみようとは思いました.
全ルートクリアした今となっては,もう一度やり直したいとは微塵も思いません.
再プレイする気にならない理由としては,ミステリと言うにはあまりに伏線がお粗末であり確認する意味を感じないこと,主人公に対する嫌悪感に耐えられないことが挙げられます.
さくさく進めれば10時間以内でトロコンまで可能です.

・満足感(1点)
全体的にテキストにユーモアを感じず,台本を読まされている気分でした.
基本が一本道であることは置いておくにせよ,正解でない選択肢に対する会話は大抵一言二言で終わるため,必要性をまったく感じません.
ホラー展開でも主人公の言動も相まって緊張感がなく,ギャグに見えます.
テキストがあっさりしているせいで主人公の行動がなおさら唐突に感じられますし,前述の性格に加え心情描写が雑なせいで行動原理が理解しがたいものになっています.
ミステリを謳っている割にはトゥルーエンドと思しきエンドには驚きが少なく,むしろバッドエンドのほうが意外性がありました.
あと,プレイヤーにとってのわかりやすさを重視したにしても,友人同士とはいえ「ビッチ」「デブ」「ガリ」呼ばわりはないでしょう.更に,初対面の相手をビッチ呼ばわりして怒られた理由がわからない主人公には生理的嫌悪感を覚えます.

・快適さ(1点)
システムは良く言えば昔ながらのADV,悪く言えば手抜きです.
カーソル選択のオブジェクトに判定が小さいものがあり,ただストレスがたまります.
調べられる箇所も少なく,調べた際に出てくるテキストも特に面白いところはありません.
会話中にセーブロードができないので,手紙を読む直前にセーブポイントがないのが非常に面倒です.
また,ムービーは1周目から「ムービー中に○ボタンを一度押すだけで確認なくスキップ」され,見返すことができません.ゲームとして論外です.
テキストにも誤植がいくつか見られ,句点があったりなかったりします.
どこかの章で手紙の○通目の数字が間違っており,伏線かと勘違いしてしまいました.
2週目以降の章スキップはプレイヤーのことをよく考えた要素だと思ったのですが,その分8章をスキップ不可能にした理由が気になります.5週も同じ動作を繰り返すのは苦痛でしかありません.
それから,これは私が気づいていないだけかもしれませんが,タイトル画面に戻る方法が見当たりませんでした.

COMMENT

前述の設定と,角川ゲームミステリーの第一弾ということで力が入っている作品を期待して買いました.
バグのないアドベンチャーゲームでこれほど腹がたったのは久しぶりです.
松江市の名所を巡るたびに主人公の奇行が頭をよぎるのかと思うと憂鬱でなりません.

プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
tachibanaさん(Webサイト)  [2016-06-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

6人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 2pt 0pt 0pt 0pt 1pt
総合点
13pt

GOOD!

■島根県の実在の地を舞台にしているのは良い点。個人的に多少なりとも縁があった地だけに
そこは感情移入が出来ました。
こういった実在の地や施設等を出してくれると、関係している人や縁のある人にはひじょうに嬉しい所。


■昔からよくある定番アドベンチャータイプ。使い古された感はありますが、個人的には久々こういった
作品をプレイしたので特に問題なし。
あわよくば、もう少し今風に細かい所を洗練してほしい所ですが、減点まではいかないかと。


■キャラと背景はひじょうに好感が持てました。失礼ながらこの絵を描かれている方は知りませんが、
必要以上にアニメっぽくないので、大してアニメ系に興味がない私も普通に入り込めました。


■アドベンチャー・ノベル系ではありがちですが、トロフィー獲得が容易なのはせめてもの救い。

BAD/REQUEST

■最初から最後まで、主人公の性格がどうも馴染めず、まったく感情移入出来ません。
とにかくひねくれ過ぎていて、初対面だろうが何だろうがお構いなしの横柄な口調。
まぁ一部漫画でも確かにこのレベルのキャラはいますが、それをふまえても違和感がある設定。
なぜ製作側は、こんなのをメインとして起用したのか本当に理解不能。
自分の推理で相手を論破するのではなく、ただただ相手の容姿などを罵倒し、弱みを握り恐喝して
屈服させる。
しまいにはヒロイン扱いの子まで酷い口調。見ていて・聞いていてひじょうに不快になるレベルです。
このシナリオを製作した人に、なぜこんな無様な設定にしたのか聞いてみたいですね。

更に違和感に拍車をかけるのがマックスモードという自身のテンションを上げて発するシステム。
ただただ勢いよく相手を侮辱するだけ。で、なぜか相手は怒り狂うこともなく、素直に主人公に従うという
訳の分からない仕様。なぜこんな無意味なモードを取り入れたのか不明過ぎて笑いがこみ上げてきます。
主人公の性格の悪さも相まって、余計に不快感が増すだけのモードなんて必要ありません。


■実在の地を出す事自体はひじょうに良いと思いますが、こちらが望む・望まないに関わらず
押しつけがましく要所ごとにいちいち観光情報を強制的に入れ込んでくるのは、はっきり言って余計なお世話。
そういうのは別枠で豆知識程度の情報でいいんです。
県側とそういう交渉があったのかは分かりませんが、まるで必ず詳細な情報を入れる事を条件にしたかの如く
移動先ごとにいちいちそんな情報を入れられると、単にストーリーの邪魔でしかありません。
推理ゲームではなく、島根の観光誘致ゲームと言っても過言ではないくらい押しつけ感満載。
こんな事されて島根県に行きたい人が増えるとは思いません。


■ストーリーもさる事ながら、キャラ設定やシステム面等、声優の起用ミス等全体的にひじょうにチープ。
完全設定ミスの、不快きわまる主人公。
特にひねりもなく、オーソドックス過ぎる推理モード。
ミステリーなのに大した盛り上がりもなく、終始だらついているストーリー。
押しつけがまし過ぎる観光誘致活動。
違和感ある大御所声優の起用。
こういった一つ一つの要素が上手くかみ合っておらず、結果的に三流演劇を観ている気分になります。

唯一キャラ絵だけは個人的に好感が持てるのが、せめてもの救い。

COMMENT

角川ゲームスはナチュラルドクトリンという有名なクソゲーがあったので警戒してましたが、
ノベル系は大丈夫だろうと思いきや・・・角川というブランドにまた騙されたというような何ともお粗末なレベル。
幸い私は友人からこのソフトを借りたので良かったですが、買ってたら間違いなく叩きつけています。
とにもかくにも人に薦めるなんて絶対に出来ない代物です。
舞台となった島根県民に謝れと言いたくなる程、総合的な出来は悪いですね。
比較的楽にプラチナ獲得できるという点だけは救いですが、それ以外は本当にお勧め出来ません。
歴代でも有名な「街~運命の交差点~」や「かまいたちの夜」などをプレイして、最初から勉強し直してもらいたいと
素人の私が言いたくなるくらい、ゲームとしてはダメダメです。

製作側は、もう少し真面目にゲームというものを理解して頂きたい。
こんなものは、残念ながらゲームとは呼べません。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
流禅さん(Webサイト)  [2016-06-20 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: テキーラ
レビュー日: 2016-06-17
一枚絵のマップでカーソルを動かしたり、会話でヒントを探すオーソドックスな推理アドベンチャーです
昔は良くあったけど最近は少なくなってきたタイプのゲーム

パッケージとかで高校生の恋愛シミュレーションっぽく見えますがそういう要素は薄いです
32歳の男の主人公が面識のない高校時代の文通相手の消息を探るゲームなので登場人物は基本大人
文通相手である文野亜弥は健在なのか、そもそも存在したのかというのを彼女の手紙を手掛かりに探っていくゲームです
過去の手紙への返信内容でルートが分岐します

実在する島根の施設が綺麗な背景で多数登場して、観光している気分になれます
ロードも早く、テンポもいいです

ただ不満点もいくつかあり、特に推理パート
文野亜弥の秘密を知っているのに隠しているであろう同級生たちを集めた証拠で問い詰めるわけですが
理論的な推理ではなく、弱みを握ったり脅したりして情報を引き出すことが多いです
相手のデブとかチビという身体的特徴を口撃したり、トラウマを刺激して無理やり喋らせたりと
自分で操作しながら主人公にドン引きです

そもそも明確に事件が発生している訳でもなく、主人公も単なる一般人です
それが怪しいというだけで職場だろうが、家族の前だろうが現れて、上から目線で恫喝するわけです
相手の子供や恋人すら脅しの材料にする始末なので流石にやっていていい気分はしません

なんというか一番のミステリーは主人公の性格でした
舞台の雰囲気は良かっただけにもったいなかったですね

【PS4】√Letter ルートレター
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「√Letter ルートレター」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。