このソフトのレビューを書く

【PS4】DARK SOULS III レビュー

発売元 フロム・ソフトウェアオフィシャルサイト
発売日 2016-03-24
価格 8024円(税込)
レーティング 【D】17才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon(THE FIRE FADES EDITION版)
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:アクションRPG
■ プレイ人数:1人(オンライン:1~6人)

【DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION】
■ 発売日:2017/04/20
■ 価格:5,832円
通常版にDLCを同梱したものです。

総合ポイント
76
(難易度)
3.79
レビュー数
28
スコアチャート DARK SOULS IIIレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
3.6%
20-29
3.6%
30-39
3.6%
40-49
0%
50-59
17.9%
60-69
35.7%
70-79
28.6%
80-89
7.1%
90-100
【60点以上】
89.3%
【標準偏差】
15.55


デフォルト:新着順

6人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
1pt 3pt 1pt 2pt 1pt 1pt 5pt
総合点
28pt

GOOD!

・序盤は面白い。

・装備の種類がそれなりに有り、収集する楽しみがある。

・気に入った装備を鍛えられる。

・ビルド育成要素があるので、やろうと思えば様々な種類のビルドが考えられる。


他、良いと思った点は

グラフィックス・3点
PS4のゲームとしては可も無く不可も無いと言った印象でした。3点。

難易度・5点
文句無しに満点ですね。私に言わせれば理不尽でしたが・・・

BAD/REQUEST

■基本的に理不尽
コレを難易度が高いと思っている人が多いみたいですが、私には理不尽にしか感じませんでした。
とくにヒドイと思ったのは

・1部のザコと中盤以降のほとんどの敵の攻撃力が異常
・敵のスタミナは無尽蔵
・スーパーアーマー持ちの雑魚
・攻撃をキャンセル出来ない
・プレイヤーは紙装甲

これらの相乗効果により、ただでさえ高い難易度がハネ上がり、その結果理不尽に感じたのだと思います。

また、敵の攻撃力が異常であるため、こちらはどれだけ重装甲化しても大して効果が無いと感じました。
これにより、GODで上げたビルド育成の幅も狭くなると思います。

■人型の敵の超装甲+神反応速度
どうやってもプレイヤーが不利になるようになってますね。
コレをギリギリの駆け引きが楽しめると思う人もいるみたいですが、私はそうは思いませんでした。


■魔法が使いにくい
出が遅い上にこのゲームの敵は距離をすぐに詰めて来るのでただただ使いにくいです

他、悪いと思った点ですが

オリジナリティ・1点
デモンズソウルから根本的な部分は変わってないと思います。
また、良く言われている自由度についても他にもっと優れている作品が多数あります。1点。

音楽・1点
あまり印象に残ってません。
ゲームの世界観には合っているのかもしれませんが、私はあまり好きではありませんでした。1点。

熱中度・2点
最序盤は楽しめていましたが、ソレ以降は基本的にストレスとの戦いで中盤ぐらいには冷めていました。2点。

満足感・1点
最序盤のみボス撃破時や装備の取得時に満足感・達成感を感じましたが、それだけでした。
中盤辺りからの理不尽差には満足感など感じませんでした。1点。

快適さ・1点
マップを有る程度進めるとショートカットが出来るようになるのは助かりました。
が、それ以外では快適に感じる点は有りませんでした。1点

COMMENT

オフラインのソロプレイのみの感想です。
かなり前にデモンズソウルをプレイした事がありますが、あまり楽しめずに数時間で止めています。
もうこのシリーズには手を出すつもりは無かったのですが、今作があまりにも評価が高かったため買ってみました。
結果は大失敗でしたが・・・

やってみて思った事は、とにかく死んで死んでザコだろうがボスだろうが1から10まで挙動を覚えて完璧に対処するゲーム、と言った印象です。
特に中盤以降はこの趣向が顕著で、どれだけ慎重に進めても1度のミスで全てがひっくり返る・・・と言っても過言ではありません。
はじめて数時間の内はそれなりに楽しめたのですが、中盤辺りからのボスや一部ザコは理不尽過ぎて単純に面白くなく、その辺りから一気に冷めたと言う具合です。

当初はレビューを書く気は無かったのですが、私のプレイ感覚と世間での評価が全く異なっているため、反対意見として残しておきたいと思ったので書きました。

プレイ時間:05時間以上15時間未満(未クリア)
氷塔さん  [2016-08-29 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

6人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 2pt 1pt 1pt 1pt 5pt
総合点
31pt

GOOD!

幻想的なグラフィック
  ps4なだけあって遠景もしっかり描写されていてキレイです。
 雰囲気にマッチした敵が多く、場所に似つかわしくない敵キャラはあまり居ませんでした。
 全体的に明るいステージが多く、見えないところから襲われることは比較的少ないんじゃないかと。
システム
  ソウルシリーズは初めてやりましたが最初のステージのメッセージを見ながらいけば操作方法については特に問題ないかと思われます。
 相手の後ろに気づかれず近づいたり体制を崩してからの「致命の一撃」は中々爽快でした。
 アイテム、装備はかなり豊富なようで、一つ一つに対して詳細な説明文がありこの世界の雰囲気を楽しませてくれます。

BAD/REQUEST

敵が背景に同化しすぎ
  敵を亡者と呼ぶらしいですが、そのへんに転がってる死体と全く区別がつきません。
 死体が襲ってくると思えばいいのでしょうがこっちは普通に攻略したいだけなのに後ろから襲ってきたりしてストレスがたまりまくりです
オリジナリティ出し過ぎのアイテム群
  新しいアイテムを拾っても、なんに使うのか全くわかりません。消費アイテム系は「~が治る」とか書いてあるのでまだいいですが、
 貴重品系は全く説明が意味不明で使うところの予測もつきません。2番めのボスを倒すと「~~のソウル」とか言うものを手に入れますが、
 どうやらネットで調べた所後で武器に出来たりするそうです。そしてその段階では変化させることは出来ません。
 なんでそんなものを序盤に出すのか。
使えない装備群
  装備も多数ありますが、自分の装備できる可能重量やステ制限があり、拾ってもろくに装備できません。装備重量が持てる重さの70%を超
 えると動きがものすごく制限されます。この説明はゲーム中されません。シリーズ経験者にしか売る気がなかったんでしょうか。
フィールドがわかりづらすぎる
  作り込みは非常に細かいですが、いちいち殴らないと見つけられない隠し通路、見づらいはしご、同じような風景のため方向を見失う等移動
 でストレスがたまりまくりです。後述の敵のせいできれいな景色をみる余裕は上手い人じゃないとありません。
 拠点となる祭祀場ですが広すぎです。支援者が何人か増えるのですが、何処にいるのかわかりづらく、見つけるのにそこら中を探し回らなけれ
 ばなりません。全員篝火のところに集合してろ!と怒鳴りたくなります。私は最初レベルアップの人と鍛冶屋しか見つけられませんでした。
 味方ですら背景に同化してこちらを騙そうとしてるかのようでした。
戦闘が非常につまらない
  ゲームのコンセプトなのかザコ敵一匹ですら強いです。こちらはもっさりした動きなのに敵はこちらの行動に合わせて超反応でカウンターを
 返し、こちらの回避行動を180°以上追尾して攻撃してきます。ボスの方が親切なぐらいです。盾でパリイという攻撃を弾いて体勢を崩す技が
 あるのですがタイミングがシビアすぎてザコ敵ではほぼ成功しません。こっちのスタミナは有限なのに対し敵はほぼ無限じゃないかと思うぐら
 い攻撃をし続けます。強いと思って逃げてもかなりの距離を追いかけてきて新たに出会った敵と挟み撃ちにしてきます。そもそも所見では順路
 等のマップ構造がわかるわけもなし、いつの間にか袋小路に追い詰められて死亡することが多数あり、イライラしかしません。ようやく倒して
 もボス以外は復活するので道中は常に緊張しっぱなし、楽しさなど皆無でした。
使いづらいUI
  メニュー画面も非常に不親切です。ゲーム終了の項目がわかりづらい位置に隠されており、ps4の機能で終了したら「ちゃんと終了してくだ
 さい」などと注意されます。じゃあやりやすくしておけと言いたいです。
 メニューを開くと左から順に装備、インベントリとなっており、拾ったアイテムの説明を見たいのに装備画面が開きイライラします。前述の通
 り説明を見ても使い方もさっぱりわからず、何か拾っても嬉しくありません。
マラソン必須の崩壊バランス
  雑魚は強すぎる、死んだら経験値はなくなる、レベルアップには大量の経験値がいる・・・つまり初心者ほどマラソン(ひたすら同じところ
 で敵を倒すのを繰り返す)が必要になります。上手い人はそりゃサクサク進むんでしょうけどね。戦闘に慣れていない初心者が確実に倒せる場
 所でレベルアップに必要な大量の経験値をちまちまと集めレベルアップしても、そもそもステータス的な問題ではなく、敵の動き、AIがこっ
 ちにカウンターしてくるという嫌らしい作りのため、やってて全く楽しくありません。

COMMENT

 一周目は所見で好きなようにプレイするのがいいとよく言われますが、このゲームは攻略wikiなどで効率的に経験値を集められる所を調べ、
wikiのマップを見ながら隠し通路を見つけレアアイテム、NPCイベントを逃さないようにし、ボスの弱点を突ける武器を予め準備して…と
やっていかないと心が折れます。一言で言うと「不親切極まりない嫌がらせ」がコレでもかと詰まっています。
 勝てないのは下手だから?そんなことは判っています。下手だからレベルを上げたい、しかしレベルを上げたいのに最初のボスを倒さないと
レベルアップできないんですよ。遊んでていい感じに経験値がたまったからレベル上げよう、とはなりません。必要分に対して取得があまりに少なすぎて釣り合っていません。DLCも出てるようですがどうせ理不尽なステージなんでしょうね。

 
プレイ時間:15時間以上30時間未満(未クリア)
AMさん  [2017-01-10 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

17人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 3pt 3pt 2pt 1pt 3pt 5pt
総合点
41pt

GOOD!

自キャラの動作が快適になった。
ブラッドボーンほどでは無いが、前2作にあった常時モッサリ感は廃止されている。

アートワークも終末の世界観が良くでており、
どこへ行っても絶望しかない様子がよく表現されている。

鎧や床、粘液等の「質感」が大変良く描画されており、
ブラブラと彷徨うだけでそれなりに楽しめ、
現行ゲーム機の能力をフルに使い込むのは流石と言える。

BAD/REQUEST

自キャラが素早くなった分以上に、敵の挙動も早くなっており
その上、無尽蔵スタミナ、何発攻撃しても倒れないタフネス
いつまで続くか分からない連撃コンボ等
こちらの性能以上の動作をする敵が多く、
ほとんどのボスは上記に当てはまる為、自キャラの性能を良くした
意味が、ほぼない。

また中盤以降、敵の火力が非常に高く
どのような育成をしても大抵は2~3発攻撃を受けたら
ゲームオーバーとなる上に、魔術師育成なんぞしようものなら
ボス戦で一発KOされる場面がほとんど。
その度に短くはないロード時間とダンジョン道中をマラソンする必要がある。
とどめに、自キャラは攻撃モーションをキャンセルできないので
結果、「敵の攻撃を終わりまで回避して、その後の僅かな隙を突く」
という固定された攻略方法でしかクリアできない。
(もっとも私は100回以上リトライして気合で撃破したが
 そこまでリトライせざるを得ない設計自体が不満、
 前作まではこういう変なバトル難易度ではなかった)

この決められた攻略方法でしかクリアできないのが最大のネックで
前作、前々作では

「育成がどうあれ、バトルテクニックでどうとでもなる」
「バトルが苦手であれ、攻略法次第でどうとでもなる」
「敵の強さがどうであれ、攻略ルートを選べばスルーでき、
 効率的にレベルを上げた後で再挑戦できる」

といった、ソウルシリーズの醍醐味である「攻略の自由度」が
完全になくなっており、その結果、決められたルートで
決められた育成方針でプレイするのが最適となってしまう。
これは非常につまらない。
(その救済措置か、能力値一括変更できるNPCがいる)

色々な所でスーパープレイ動画が上がっているが
一部を除き、そのほとんどが「隙を突いて殴る」ばかりであり
ダークソウル3のバトルにおける間口の狭さを感じさせる。

個人的に一番の不満がオフラインなら
コスプレ(気に行ったキャラの装備で)攻略が
事実上不可能という点にある。
ソロ攻略にあたり、最適育成やバトル方法等の間口が狭い為
自キャラに何かしらの制限を課すと著しく難易度が上がる。
本作はRPGであったはずだが、バトルを難しくさせすぎた結果
ロールプレイ自体に制限がかかるという本末転倒の事態に陥っている。

バトルを難しくするのは結構だが
敵キャラがこのスピードと火力なら
自キャラはGOWやDMCくらいの性能にしないと
モーションキャンセルができない為、単にストレスが溜まるだけであり、
バトルアクションとして見ると、本作は駄作と言わざるを得ない。

COMMENT

デモンズ、ダクソ1・2、全てトロコン済み。各シリーズ100時間以上プレイ。
DLCクリア済み。
対人戦は語りつくせないので、触れない事とする。

ニンジャガシリーズやDMC、GOW等のアクションゲーにて
全て最高難易度でクリア済みの私からすると
本作のようなシステム面でバトルにストレスが掛かるゲームは
まったく受け付けれなかった。

というかバトル難易度の上げ方が理不尽極まりなく
モーションキャンセル不可なのに、何故敵の挙動を
こんな風にしたのか疑問でならない上に
画面外からの攻撃も多く、それも一撃で結構削られる
タイプのボス戦でこれをやられると、ストレスしか溜まらない。

攻略も道中一か所のみ分岐があるだけで、残りは一本道であり
ボス攻略方法も、ソロが無理なら
白ファン呼んで数の暴力で倒せ、ばかりであり
ソウルシリーズの一番の持ち味「プレイアブルの自由度」が
完全に殺されている。
操作性が向上したのに、バトルはつまらなくなった。

どのレビューサイトを見ても軒並み高評価だが
個人的にはシリーズ最低だと思う。
「ヘタクソ」とか「分かっていない」とか言われるのが怖くて
絶賛しているんじゃないの?と思わざるを得ないほど
私には本作は向かなかった。

RPGとして見た場合、自由度が無く
アクションとして見た場合、システム面での理不尽さが目立った。

これまでは名作を出したフロムソフトウェアに敬意があり
ソフトは全て新品で購入していたが
本作にその価値はない。

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
DS3さん  [2016-10-31 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

3人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 3pt 3pt 3pt 3pt
総合点
63pt

GOOD!

[グラフィック]
さすがは、PS4と言うべきか。
洋画を見ているかのような美しさ。遠くの風景まで細かく作り込まれいる。

[音楽]
ボス戦で流れるクラシック調の音楽の数々。
どこか切なさが漂うメロディは、シリーズの最後を盛り上げてくれる。

[アイテム強化がやりやすい]
NPCキャラが拠点に全て集まってくれるため、アイテムの購入や強化がやりやすい。

[製作者の遊び心]
1や2のキャラやステージ、アイテムがところどころにあり、ファンサービスになっている。

BAD/REQUEST

[悪い意味で2のシステムを踏襲]
2と同じで魔法を放つのにスタミナを消費し、装備重量を上げるのに、体力を上げなければならない。しかし、2と違いレベルによるマッチング制になっている今作は、マッチングが盛んな100レベルで収めると、持久力や体力を上げる余裕がない。そのため、魔法使いは一発
打つごとにバテ、戦士は重い剣と盾を持つと鎧を装備する余裕がなくなる。そのため、防具の種類が豊富でもほとんど着ることが出来ない。

[赤侵入のしやすさ]
侵入用のアイテムが序盤に簡単に手に入る。しかも、無制限に使えて負けてもソウルを近くに落とすだけで、ペナルティがほとんどない。そのため、序盤から侵入が横行している。

[霊体時の回復手段]
エスト瓶は霊体時は半分になるが、まず足りなくなる。そのため、ボス霧の前にサインを書かざるを得ず、ホストとステージ攻略する楽しみがなくなった。特に、赤侵入があった場合は顕著で、撃退しても消耗してしまいボスに太刀打ち出来なくなくなってしまう。

[ハメ殺し多数]
雑魚・ボス問わず、ダウンさせられた後も間髪入れず追撃を何度もしてくるため、一度喰らうと抜け出せず、そのまま殺されること多数。敵にもスタミナゲージを用意した方が良いのではないか?

[エスト瓶の配分が面倒]
エスト瓶はHPとFPを回復させる瓶に振り分けるのだが、いちいち拠点にいる鍛冶屋に行かないと出来ない。
どこの篝火でも出来るようにして欲しかった。

[侵入NPCが邪魔]
かなり遠くからでも侵入されるのだが、そのせいでこちらを見つけられずうろうろしていることが多い。しかしかし、侵入されている最中はプレイを中断出来ないため、こちらから出向かなければならず面倒。

[キャラビルドの選択肢がない]
筋力や技量で伸びる武器が少なく、特化型キャラが作れない(作っても弱い)。筋力と技量両方に振った上質戦士や、体を透明に出来る呪術師など明らかな強キャラがおり、キャラビルドがみな似通っている。

COMMENT

デモンズからシリーズは全てプレイ。
今作では、色んなタイプのキャラを作る楽しみとホストとステージを攻略する楽しみがなくなってしまったのが痛かった。
そこがあれば、デモンズに匹敵する作品になっていたと思う。
今作でシリーズ最後との話だが、フロムにはデモンズに並ぶ作品を是非もう一度作って欲しい。

   
プレイ時間:30時間以上60時間未満(クリア済)
俺TSUEEE!さん  [2016-05-23 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: ルチアーノ
レビュー日: 2017-06-16
グラフィックやBGM等は進んでますが、内容の本質は今となっては希少な、いわゆる昔懐かしい“TVゲーム”らしいゲームだと思います。

マップの繋がり、敵の配置や行動パターン、ボスの攻略等、何度もやられながら繰り返し繰り返しプレイして覚えていく作品。

難易度も絶妙に設定されていますね。

一見、理不尽な難しさかと思いきや、色々と試しているうちに攻略方が身につき、少しずつ先に進めていける難易度。

初見であっさりやられ、(こんなん勝てる訳ないやんけ!)と思いながらも、徐々にレベルアップを積み重ね、地味にちょっとずつ主人公が強化されてゆき、それでまた敵に挑むもギリギリ勝てそうなところで負けてしまい、(やってられるか!!)と、投げます。

しかし、ある程度の時間を置くと、(こんなやり方もあったんちゃうか?)とか色々と考えるようになり、(次は勝てそうな気がする)と思うようになります。

で、再度挑むと、これが勝てたりするんです。

「おっしゃー!!!」です。

で、次のステージへと進むと、また、とんでもなく強い敵にぶち当たります。

この繰り返しですね。

なかなか勝てずに煮詰まった場合は、一旦このゲームから離れることです。

で、また無性にプレイしたくなってきたら挑む。

強敵に勝てた際の達成感は、なんとも言えない心地良さがあります。

この心地良さが本作の醍醐味ですね。

【PS4】DARK SOULS III
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「DARK SOULS III」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。