このソフトのレビューを書く

【PS3】デフジャム・アイコン レビュー

発売元 エレクトロニック・アーツオフィシャルサイト
発売日 2007-06-21
価格 7329円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ジャンル:格闘アクション

【廉価版】
■発売日:2008/09/18 ■価格:3,129円

対戦格闘の世界に、HIP HOPの要素を取り入れた新感覚アクションゲームだ。 BIG BOIをはじめ、15名以上もの「Def Jam」所属アーティストが出演。手軽な対戦モードはもちろん、オリジナルキャラを作成し、HIP HOP界の頂点「アイコン」を目指すストーリーモードを搭載。 また、オンラインで世界中のファイターと対戦できる。世界No.1を目指せ!(転用元:GDEXより)

総合ポイント
55
(難易度)
2.25
レビュー数
4
スコアチャート デフジャム・アイコンレビューチャート

デフジャム・アイコン 購入する
0%
0-9
0%
10-19
0%
20-29
25%
30-39
0%
40-49
25%
50-59
25%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
25%
90-100
【60点以上】
50%
【標準偏差】
21.34


307人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 4pt 4pt 1pt 1pt 0pt 2pt
総合点
31pt

GOOD!

○オリジナリティー
HIP HOPと格闘ゲームの融合という点で新しいジャンルだと思います。
左右スティックをターンテーブルに見立ててスクラッチし、派手なギミックを相手にお見舞いするといった演出にも新しさを感じました。

○グラフィック
ダメージを負うと顔にアザができたり血が出たりと細かい演出がありリアル感が出ていました。
また、登場アーティストも似ているのでグラフィックは素直に良かったと思います。
その他にカスタマイズしたキャラがそのままムービーで反映されるのは良かったと思います。

○サウンド
やはり音楽×格闘のコラボだけあってBGMはハマるものが多かったと思います。
かっこいいBGMを流しながらリアルファイトで相手を叩くのは爽快でした。

BAD/REQUEST

×熱中度
格闘スタイルが数種類あるのですが技のバリエーションが非常に少ないです。
キャラによって必殺技などがある訳でもなく単調になりやすいため飽きが早いです。
どのキャラを選んでも見た目以外に特徴がないのが残念でした。
飽きの早さから熱中度は×としました。

×満足感
覚悟はしていましたがゲーム中の表記が全て英語なのは、やはりツライです。
ストーリーモードが全くわからずクリアしても達成感は皆無でした。

×快適さ
ゲーム中は全て英語、ロードが多い&長いで快適さは0点です。
また、キャラを選んでいる最中も名前だけが先に表示されキャラが表示されるまで待たないと
決定できないのでストレスが溜まります。その他にも対戦中のモッサリ具合や服やアクセサリーを選んでいる時のモッサリ感など全体的に遅い点でも遊んでいて疲れます。

COMMENT

登場からだいぶ経ってようやく中古1700円で購入しましたが1700円でも満足できませんでした。
完全日本版としてプレイしたかったです。また遊べるモードも少なくやり込み要素も全くといっていいほど無いので余程のHIP HOPファンで無い限り購入はオススメ出来ません。

■プレイ環境■
37型HDTV HDMI 5.1ch

プレイ時間:05時間以上15時間未満(クリア済)
ぐーさん  [2009-09-06 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

288人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 4pt 3pt 2pt 2pt 2pt 2pt
総合点
50pt

GOOD!

●グラフィックは総じて良。ただし微細な処理落ち有(気になるほどではない)。また派手な演出を伴う必殺技は、上手く決まればなかなかの爽快感を得ることが出来る。更にダメージを負う毎に顔や服に汚れやアザなどが付与されて行く演出は格ゲーに於いては極めて優秀な演出である。

●前作と比較してストーリーモードが大幅に改善・進化している。ひたすら戦ってキャラをビルドアップしてファイトマネーを得るだけの前作と異なり、レーベル運営に伴うバトル・利益収入をポケットマネーとして金品を買い漁るといった自立感・自己選択感が向上した。

●待望のオンライン対応。エディットキャラをオンラインに投入可能にも関わらず、極めて酷いラグは感じない(相手の環境にもよるが、FTTH回線使用でコマンド入力が最大約0.5〜1秒未満、バトルスピードは約1/2倍速程度)。

【前作との相違・進化部分】
●エディット時の顔の作り込みが向上、同じ顔が並ぶことは無くなった。
●操作性の簡便化に伴い、接待ゲームとして一見ユーザー・ライトユーザーでも楽しめるようになった。
●バトル中のBGM選択が可能になり、更にこれをバトルシステムの一環としても扱っている。

◆特記事項
前作(Def Jam FIGHT for NY)同様、EAの持ち味であるキャラエディットの醍醐味を存分に楽しむことが出来る(エディットには不満もある為、5を付ける事は出来なかった)。

BAD/REQUEST

●やたらとスローなモーション。
●EAならではの、いつもの、例の、やたらと長い長い長いロード時間。
●前作と同様の、いつもの、例の、やたらと不親切な説明書(総ページ数20P程度のぺらっぺらな上、その大半がオンライン利用規約となっている)
●↑にも関わらず、本編中に詳しいチュートリアルが用意されている訳でもない。

【前作との相違・劣化部分】
●エディット素材(着こなし含む)の大幅な減少。
●声のエディット(選択)撤廃。
●能力パラメータの廃止。
●バトルスタイルの単純化。
●最大同時対戦人数の減少。
●ブレイジングムーブの撤廃。

◆特記事項
「英語版」とあるようにストーリーモードを含め全ての表記言語は英語。日本語字幕は一切無し(説明書とパッケージ表記は日本語)。

COMMENT

ヒップホップ文化とギャング文化は70〜80年代頃から同じ土壌で進化を遂げてきた。
クリップスを始めとするギャングチーム出身のラッパーが活躍し始めた80年代後期から90年代にかけては特にそれが表面化し、例のバッド・ボーイとデス・ロウの抗争に代表されるようにクスリと音楽と暴力を同一のイメージとして投げつける媒体として、ヒップホップは血気盛んな多くの若者の支持を得ることとなった。

・・と、まぁそんなことはどうでもいいとして、、、

さて、待望のDefJam続編である。
プラットフォームをPS3へ移し、更なる飛躍が期待されたが・・・申し訳無いが見事にスベって頂いたというのが正直なところである。


本作を始めとするEAタイトルの醍醐味といえば、豊富なエディットパーツとそれをムービーにまで反映させる技術力であろうと考える。そしてエディットの楽しみが、ユーザーを飽きさせない大きな要因となっているとも言えるだろう。従って自分がレビューを書く際には、EAのタイトル殆どに対して(特にGFやシステムに該当する項に対して)高評価・高得点を与えている。
しかし本タイトルには“前作”が存在している。前作が存在する以上、それを無視しての評価は出来ないというのが心情というもので、前作から劣化した部分が多ければ多いほどユーザーの評価は厳しくなる。
そういった意味から、今作のエディットには強い不満が残った。

まず見た目であるが、スキンカラーの違い=年齢の相違とは如何なものか。ひょっとすると肌のシミやシワが黒くなるに連れ目立たなくなって行ってるだけなのかも知れない。が、これでは白人の青年が作れない(今回も異例のエミネム参戦は諦めろと?)ということであり、それはユーザーの自由な発想を奪ってしまうことになる。
更に、シャツのベルト出し・デニムの片足上げ・キャップの深目かぶり(いずれも前作でのお気に入り)といった着こなし部分がほぼ撤廃されてしまった点は非常に残念である。
加えてアクセサリの併用制限(一部の指輪や、時計とバンクルが併用不可)や、種類が減り少し控えめになったタトゥーなども減点の対象である。

だが、シャツとジャケットの重ね着が可能になったことや、一部とはいえお気に入りの指輪の重ね付けが可能といった部分など、確実に進化している部分が無い訳ではない(グリルにはびっくりだったw)。
加えてグラフィックの飛躍的向上に伴い、布の質感や貴金属の光沢などがかなりリアルになった点も考慮したい。自分の分身として、現実では(お金とかの関係で)躊躇してしまうコーディネートをゲームを通してブリンブリンに仕立て上げる楽しみは確実に向上している。

またバトルにも斬新なシステムが投入された。
前作では『ブレイジングムーブ』という超必殺技を駆使してのバトルであったが、今作では曲をスクラッチすることで発生する『必殺ハザード』なるオブジェクトの爆破が採用されている(コレがまたよく飛ぶw)。
更にバトル中の挑発も(ランダム発生とはいえ)バリエーション豊かになり、これと上記スクラッチを併用すると相手をおちょくりながらバトルを進めることができ、これは特に対人戦で小気味良いエッセンスとして活用できる。

しかしそれも、やたらもっさりしたモーションのせいでイマイチ楽しめないのが非常に残念なところである。
壁コンボの撤廃やバトルスタイルの減少もそれに拍車をかけている要因であろう。
今作で、いわゆる「俺ツエー」を味わうには操作への慣れに加え、この独特のモーションへの慣れも要求されることになり、なかなかやはり万人向けとは行かないようである。


当初は「前作の劣化コピーか?」とも感じたが、新システムの導入やストーリーモードの充実化など、前作を意識しない「新たな試み」を強く感じた。
今作では上記の理由でスベった感の否めない出来ではあるが、プラットフォームを移しての一作目(でしたよね?バスケが先?)ということもあり、まだまだ今後が楽しみなタイトルであることは間違い無い。何より、ここまでエディットにこだわった格ゲータイトルは他に類を見ないのだ。

自分はEAには特に期待を寄せているユーザーの一人である。
その為、期待を込める意味でも今回は辛口で評価したが、依然として続編を強く望むタイトルであることに変わりは無い。

(尚、曲については本作の特性上、好みが大きく左右する分野でもある為、あえて評価の対象とはしなかった)


●総評……課題の残る「努力作」

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
黒猫さん(Webサイト)  [2008-05-25 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

306人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 4pt 4pt 5pt 4pt 3pt
総合点
90pt

GOOD!

まず、グラフィック!! ものすごく奇麗です。殴られた時などの顔や
服の汚れ、傷。すごく鮮明に作られてます。
そして、ストーリーはオリジナリティー溢れています。レーベルを立ち上げ有名歌手と契約し
曲を発売しHITさせていく。契約する時は対マン とゆう馬鹿げた発想が
なんとも笑。
そして、自分はすごくHIPHOPが好きで知ってる歌手が登場し殴り合える。
もうこの馬鹿げた感じだけどファンにはたまらなく最高でした。
そして相手を投げた時やDJスクラッチで技が決まった時の爽快感は最高でした♪
オンラインもあるので熱中できますwVS対戦なんてたまりませんw
それと、もっさり感がある 動きが鈍い など書かれたりしていますが
それはストリートを忠実に再現しリアルを追及した感が出ていて
ものすごく自分で戦っている感が出て僕的には最高でした。
大して気にならないですしね^^♪
あとエディット時の服の種類、アクセサリー豊富でしかもかっこいい!!
自分だけのきまったB-BOYが作れますよ笑
キャラも最初の状態から10体くらい?増えます^^

BAD/REQUEST

エディット時、服の種類などが豊富なのはいいが
作れるキャラの数が少なすぎる。たくさん服があるからたくさんキャラを
作りたいと思ったが残念・・。

あとストーリーモードはすべて英語です!!
僕はある程度英語ができるのでストーリーは理解でき苦にはなりませんでしたが
英語が苦手な人にとっては、話が理解できなくその点では面白さ半減に
なるかもしれません^^;

気になる悪い点はこの二点くらいですね

COMMENT

僕的には最高でした^^前作をプレイしていないのでこれが始まりだと思えば
最高に楽しかったです。
ただ、英語が苦手な人や現実離れしたような格闘ゲーム(鉄拳など・・)
が好きな方は控えた方がいいかな と思います。

HIHOP好きやストリートの喧嘩を味わいたいとゆう方は即買いですね^^
次世代機を感じさせてくれるゲームでした♪

   
プレイ時間:わからない(クリア済)
でふじゃ〜みん♪さん  [2008-01-22 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

303人の方が下記のレビューはオススメと投票しています。
オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 3pt 3pt 2pt 3pt 2pt
総合点
60pt

GOOD!

◆圧倒的なグラフィック。自分で作成したキャラクターがストーリーのムービーに普通に組み込まれるというのは、正直感激です。普段のゲーム内も質感・汚れ具合などが非常に綺麗です。さすがEAという感じで大満足。海外のサイトでも軒並みグラフィック項目で高得点を得ているのが納得できますね。
◆ヒップホップレーベルの長となってアーティストと契約し、マネジメントするという事と格闘が融合(ちょいと強引で、勝てば契約みたいな感じですが)するのは発想といして十分オリジナリティに溢れていると思います。
◆悪い所で書く、遅いテンポのせいもあるかもしれませんが、動きに重みがあって、レースゲームでいう「G」のような感覚があります。殴ったり投げたりする事が、妙に気持ち良い。
◆EAの割にはロードが長くない(短くはありません)
◆キャラクターエディットがかなり豊富な点。服装はもちろん、顔の造りや体型についてはかなり細かくアレンジ出来ます。
◆オンラインのラグが意外と無い。多分海外の方との対戦だったと思うのですが、さほど酷いラグは感じませんでした。

BAD/REQUEST

◆動きがモッサリ。。これはグラフィックの代償なのか意図的なのか分かりませんが、格闘ゲームとしてはあるまじきテンポです。一撃づつ交わすのが当たり前で、余程読み勝たないと連打は決まりそうにありませんね。
◆せっかくオリジナリティのあるストーリーなのに、英語なのでのめり込めないし理解するのに一苦労。本当に勿体無いですね。翻訳されていたら最後までクリアしたでしょうし、何度か遊んだと思います。

COMMENT

是非次回はもう少しスリリングな展開が出来る格闘と、日本語版をリリースして欲しいと思います。素材としては非常に良いと思うので。

プレイ時間:わからない(未クリア)
Long Dreadさん  [2007-11-12 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ

Amazonレビュー

レビュー者: 野郎MOCO
レビュー日: 2009-01-02
ベスト版では日本語に訳してくれるのではと、期待していたのですが英語でした。ゲーム内容的には好きですが、ストーリーが全然分かりません。グラフィックは流石に綺麗です!前作が面白かったので期待しすぎたかもしれません。
 

【PS3】デフジャム・アイコン
レビュー投稿フォーム

レビューを投稿する前に

レビューをご投稿して頂ける皆様には心より感謝しております。
あらかじめ下記注意事項のご確認をよろしくお願いいたします。

  • 投稿時、IPアドレス等も取得されます。
  • ゲーム関連会社・proxyサーバー・公共施設(ネットカフェ等)からの投稿が確認された場合、投稿内容に関係なく削除対象となります(多重や不正投稿の緩和のため)。ご自宅のパソコンからよろしくお願いします。
  • ルールにより、最低5時間以上プレイしてから投稿するようよろしくお願いします。(5時間未満が確認された場合、削除対象となります)
  • 改訂稿はこちらからよろしくお願いします。
  • 自分の名前(HN)が固定されていない方へ

「通りすがり」「匿名」「名無し」など……禁止です。

任意。非掲載時の連絡の際に使用されます。予期せぬ不備や事実誤認、誤って規約に抵触してしまい、それらによる削除依頼もありますので、アドレス記載を強く推奨します。(連絡するだけなのでフリーメールも可です)


ご自身のブログ等が無い方、レビュアー登録していない方は空欄。

PR URL>URLをご自由にご記入いただくことで、ブログ、おすすめのサイトやアフィリエイトなど、公序良俗に反しない範囲でリンクを設置することができます。
レビュアーID>レビュアー登録によりレビュアーIDが発行され、レビュアーの嗜好などを紹介したページへリンクされます。仮登録された方で本登録が完了 していない方は「仮登録中」とご記入ください。レビュアーID登録者はパスワードを記入しないようご注意ください。
レビュアー登録はこちら(別ウィンドウ)

注意事項
  • 「GOOD!」「BAD/Request」の欄は、何がどう良かったのか(悪かったのか)最低何かひとつでも”ゲーム中身”とその 理由を具体的に記載して下さい。例えば「グラフィックが良い」”のみ”の記載は、他にゲーム内容が書かれていなければ50文字以上でも「ゲーム内容記載漏 れに抵触」と削除依頼されます。この場合「どうグラフィックが良いのか」「どの部分でグラフィックスが良いと思ったのか」”中身”を記載して下さい。
  • 批判ではなく誹謗・中傷。他レビュアーに対する批判。ネタバレ等はしないようよろしくお願いします。(該当部分を削除する事もあります)

  入力文字数:0

  入力文字数:0

総評として該当ソフトの感想・自分の嗜好・プレイ環境や購入動機等


  入力文字数:0
点数に関する注意事項

ソフトに対する満足度に関わらず、項目に沿った判断で採点して下さい。 総合点計算機計算機
「廉価版や中古により、定価より安く買えた」「高く売れたから」などの理由で”加点”するのは禁止となっています


独自性。過去にない斬新なアイデア

綺麗な画像、ムービー、キャラクターなど

BGM、音楽、効果音など

飽きがなくどれだけ長く遊べるか

一通りプレイして面白かったか。総合的な評価

ゲームバランス、操作性や分かりやすさなど

プレイ時間:通算プレイ時間です。クリア時間ではありません
「クリア済」:原則「エンディングまでたどりついた」が基準です

「デフジャム・アイコン」の”特徴”や、”良い”と思ったものにチェックして下さい。

■ 投稿すると、掲載基準の規約(削除ガイドライン)や注意事項に同意したとしています。