このソフトのレビューを書く

【PS4】モンスターハンター:ワールド

発売元 カプコンオフィシャルサイト
発売日 2018-01-26
価格 9698円(税込)
レーティング 【C】15才以上対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:ハンティングアクション
■ プレイ人数:1人(オンライン:1~4人)
PlayStation 4 Proでプレイすると一部の映像表現が強化されます



オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 3pt 1pt 3pt 2pt 1pt 2pt
総合点
43pt

GOOD!

調合、スキル発動といった
今までのシリーズで特有の面倒臭さが改善された点は非常に良い。
モンスターの部位破壊可能ポイントなど、攻略本前提だったポイントもゲーム内で見られるようになった。

狩りに出てからも食事や装備変更、アイテムボックスが利用できる点も良くなった。

救援による途中参加も楽しい。今までと違うタイプなので全部が良い点だとも言えないが。

新モンスターが多いのはやはりワクワクする。

BAD/REQUEST

各種ゲージやアイコン、文字などが小さすぎる。
環境によってはまともにプレイできないレベルだと思う。
Switch版XXが最適化されていたのに何故できないのか。早くの修正を求む。

見た目はリアルになっても行動可能範囲が限られている。
スリンガーを使った移動と聞くと、「あの部分に引っ掛けてのワイヤー移動…」など想像が膨らむものだが、
使える場所は限定的でちぐはぐさを感じた。
ちょっとした段差も増えてはいるが、「よしここに登ろう」それができない場所が多い。

総じて海外受けを狙ったリアル寄り路線の弊害なのだろうが、
・効果音があまりにもしょぼすぎる。
・音楽も今までと比べると地味。
・回復薬後のガッツポーズや、寒暖時のモーションなど
 良い意味でバカらしいモンハン特有のケレン味がなくなった。
自分はあのオーバーリアクションな部分にモンハン「らしさ」を感じていたので、
例えばおなじみの効果音や曲がなくなったようなドラクエのような強い違和感を感じた。

COMMENT

良くも悪くも別物です。
スキルなどの快適さが増す一方で、モンハンらしさが消えた作品。
なんだかんだでやり込めはしますが、爽快感は薄い。

従来のモンハンらしさを残しつつ、スキル周りの仕様が改善されていれば良かった。
DLCで効果音・エフェクトパックなど出たら、熱中度と満足感が+2はされる気がします。

持ち寄って遊ぶのもまたモンハンだったので、従来路線はSwitchで発表されるのでしょうか。
いずれにせよ、今作で解消された面倒臭さ(特にスキル周り)は、今後のシリーズでは基本としてほしいです。

   
プレイ時間:15時間以上30時間未満(クリア済)
三郎さん  [2018-02-14 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


モンスターハンター:ワールドのTOPページへ戻る

総合ポイント
61
(難易度)
2.16
レビュー数
19
スコアチャート モンスターハンター:ワールドレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
15.8%
20-29
15.8%
30-39
5.3%
40-49
10.5%
50-59
15.8%
60-69
21.1%
70-79
10.5%
80-89
5.3%
90-100
【60点以上】
52.6%
【標準偏差】
21.4