このソフトのレビューを書く

【PS4】The Lost Child(ザ・ロストチャイルド)

発売元 角川ゲームスオフィシャルサイト
発売日 2017-08-24
価格 7344円(税込)
レーティング 【B】12才以上対象 セクシャル 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:神話構想RPG
■ プレイ人数:1人



オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
2pt 1pt 1pt 1pt 1pt 2pt 2pt
総合点
26pt

GOOD!

戦闘がある程度サクサク(難易度イージー)。

範囲攻撃で敵をなぎ倒せると爽快感がある。

様々なモンスターが仲間になる。

戦闘中、仲間が技を閃くと嬉しい。

仲間のモンスターを進化させることができる。それによってビジュアルが多少変化したり、新たなスキルを得られる。

仲間にできるモンスターの数が多い。それによって見た目でパーティー構成を組んだり、敵の弱点に合わせて編成をしたりと、自分好みにカスタマイズできる。

BAD/REQUEST

人物のビジュアルもテキストも音楽もダンジョン内のテクスチャも古い。
セガサターンでもこのくらい頑張ればできるんじゃ?と疑ってしまうほど。
これが本当に没入感を削いだ。
あるシーンでヒロインの胸が揺れるが、あざとさと古臭さで失笑してしまった。


もしこのゲームがPSPで新品値段3000円くらいなら納得できるくらいのクオリティ。

話もオカルトで(好みにもよるだろうが)時代に合ってない。
2017年にもなってUFOが~幽霊が~なんてナンセンスに感じた。

20時間程で投げた。理由としては、攻略サイトを利用してもダンジョンの仕掛けが面倒臭いこと。
個人的にこういうダンジョン物が向いてないのかも知れない。
が、世界樹の迷宮やルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団などはクリアまで楽しめた。このゲームは仕掛けを解いた後のスッキリ感が皆無。
ユーザーのことを考えて作ったのか疑うほど。

閃きシステムや敵を仲間にできるシステムなど馴染み深いものがあるが、MP回復手段があまりないため、スキルを思う存分使うことができない。
仲間の種類こそ多いが、ビジュアルがひどい。ある意味凝っているが女神転生やペルソナには及ばない(これも好みだが)。
そしてその種類の多さにも関わらず、ペルソナのような悪魔合体があるでもなし。スキルを代償に他のモンスターからスキルを得るというシステムがあるのみ。そのため仲間が増えても高揚感は薄かった。

ストーリーについては20時間というところなのであまり語れないが、進めよう!と思える深さや魅力は感じられなかった。
これも投げた理由といえる。

COMMENT

個人の好みや意見が強すぎるレビューとなってしまいましたが、とにかくオススメはできません。
私は、新作RPGやりたいなあと思って深く調べずにこのゲームを手に取りましたが後悔しています。

とにかく絵が合わない。絵が合わなくともシステムやストーリーが良ければいいや、と購入しました。
そこまで魅力的なものがないのでやめておいた方が無難だと思います。

登場人物のやり取りも厨二くさい。喋らない主人公も影が薄い。
オートパイロット機能を除いて全てが前時代的なゲームだと思います。

ライトゲーマーの方がこのゲームを手に取らないようにとレビューさせてもらいました。

プレイ時間:15時間以上30時間未満(未クリア)
rainさん  [2017-09-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


The Lost Child(ザ・ロストチャイルド)のTOPページへ戻る

総合ポイント
26
(難易度)
2.00
レビュー数
1
スコアチャート The Lost Child(ザ・ロストチャイルド)レビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
100%
20-29
0%
30-39
0%
40-49
0%
50-59
0%
60-69
0%
70-79
0%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
-%
【標準偏差】
0