このソフトのレビューを書く

【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

発売元 スクウェア・エニックスオフィシャルサイト
発売日 2017-07-29
価格 9698円(税込)
レーティング 【A】全年齢対象 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:RPG
■ プレイ人数:1人



オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
3pt 5pt 4pt 5pt 3pt 4pt 2pt
総合点
78pt

GOOD!

■DQらしい、大ボリュームの王道ストーリー

前半、仲間たちを集う長い旅が続き
後半、大いなる驚異の前に世界が危機に陥って、勇者たちは…

という、まさに王道の流れです

ついでに、クリアした後にも
さらなる重大エピソード(ある意味で本番)があり
ゲームボリュームは満点

総プレイ時間は
安定の100時間越えでした(笑

さすがのDQ


■過去シリーズからのオマージュ&BGMてんこ盛り

今作は随所に
歴代シリーズをオマージュしたようなイベントや
歴代BGMを流用したシーンが、各所に散りばめられており

「あぁこれはDQ4の!!」とか「DQ6の!!」とか

思わずニヤリとさせられますw


■今時のRPGでは珍しい、民家などの室内MAPの作りこみ

最近のRPGは
オープンワールド傾向が進むにつれ
広大なフィールドや、外観ばかりに力を入れがちで

住民たちが暮らす民家や
建物の内部MAPなどは作らない、手抜き…
…もとい、見かけだけのハリボテ構造が多くなってきているのですが

(イベント用の建物と、宿屋にだけ入れるようにして、他はただの飾りみたいな)

しかし今作は
古き良きRPGを思わせるように

何気ないモブの住居や、人々が集う酒場といった、生活の場にも入ることが可能で
町の探索を非常に楽しいものにしてくれている

やっぱりこういう
住民たちの生活感や世界観が感じられる要素は大事ですねぇ

もちろん全体の景色も
非常に綺麗で素晴らしいですよ


■豊富な村の数

上記とも繋がりますが

町の作り込みがしっかりしてるのに加え
立ち寄ることができる町が各地に結構な数ある

そして、それぞれの大陸には地域に合わせた特色があり
新しい街にたどり着くたび、どんな建築様式なんだろう?とか
観光気分のワクワクが止まらないです


■やりこみ要素も満載

裏ダンジョン・カジノ・馬レース・クエスト依頼
修練場・素材集めや鍛冶・ボウガンの的当て・スキルパネル埋め

などといった、各種やりこみがあり
それらをこなすだけでも、プレイ時間をガンガン消費していく(笑

BAD/REQUEST

■幼馴染エマの存在

数少ない不満の中で
個人的に彼女の存在についてだけは
ゲーム評価を揺るがす最大級の失点だと思っている

なんというか彼女は
・「主人公が独身になることを心配して」
「公式がいらぬ世話を焼いた結果生まれた縁談相手」という感じで

DQ8の馬姫ことミーティアを彷彿させる

ろくに会話にもストーリーにも参加してないのに
幼馴染というポジションを利用して、正妻アピールしてくるパターンね

3DS版の8では
それに関する不満意見を取り入れて(?)
ゼシカ用のEDルートを新たに作ったようですけど

そこが分かってるなら、この手のお飾りヒロインは作らないで欲しかった

主人公の体を気遣い
その身を挺して守ってきたのは仲間達だし

主人公がエマのために必死になって頑張るイベントもほとんどないし

テーマタイトルの「過ぎ去りし時を~」に該当する
主人公のある重大な決断ですら、エマのためではなく「仲間のため」という事実

(少なくとも8の馬姫は、旅に同行したし、タイトルを象徴する「呪われし姫君」であった)

さらに、それだけでは飽き足らず
コンプ要素(最強装備レシピ)を回収するためには
エマと「〇〇」しないとダメという、ゲーム側の押し付けにより、さらに印象を悪くした感じ


まぁ強いて救いがあるとすれば
DQ8とは違い、プレイヤーの意思を無視して
ストーリー上で駆け落ちしたり、確定カップル扱いはされないこと

(〇〇さえ否定しとけば夢は無限大)


■移動中のキャラ表示が主人公のみ

歴代シリーズでは
戦闘加入キャラが全員表示されたり

リアル等身になったDQ8では
表示されるキャラこそ1人になったものの
隊列の並び順を先頭にすれば、移動キャラを主人公以外に変更できていましたが

今作では、並びに関わらず
移動キャラとして表示されるのは主人公1人のみ

魅力的なキャラが多いだけに
モデル鑑賞の場を奪われたようでちょっと残念


■意味があるようで、ないような戦闘中の移動

今作は、戦闘してる間
順番が回ってきたキャラを自由に歩かせることが可能

かと言って
これが戦闘に有利に働くか(攻撃をかわしたり、範囲攻撃を避けたりできるか)
といえばそんなことはなく

敵から狙われれば
どれだけ距離が離れていようがダメージは食らうので
戦略的価値は一切なし(ゲーム上の解説にもあり

あくまで、演出的な効果+キャラモデル観賞用のシステムといって差支えないです


■飛行移動の必然性が減少

今作にも飛行移動用の乗り物はあるんですが
歴代シリーズのように「好きな場所に降りる」ということはできず

決まったマーカー地点にのみ降りられる
着陸ポイント固定制になっている

そのため
ルーラ登録できない離れ小島に
船を使わず飛んで移動する、ということも不可能で

空を飛ばないと入れない
限定MAPに行く時くらいしか使い道がない


■必要以上の露出規制

DQシリーズが国際的に有名となり
少年たちにも(3DS版など)大人気ということからか

PS2版8とくらべ
過度な露出を避けたような
堅めの衣装デザインが多くなっている

例えば
女戦士の定番デザインだった「ビキニアーマー」が
ショートパンツ履きに変更されていたり

8のゼシカと同じ衣装でも、ふともも露出してた部分がズボン履きになっていたり

ついでに「あぶない水着」と銘打ってる衣装でさえ
まさかの下半身がトランクス(ズボン型)という鉄壁ぶり

それのどこが「あぶない」のか…

COMMENT

ナンバリングシリーズは8までプレイし
以降の9、10はオンライン中心で手を出してなかったのですが
ついにオフ専向けのDQ登場ということで歓喜してました

その内容はといえば
スタンダードな王道RPGとして高水準のものとなり
非常に満足のいく出来でしたね

ここまで長期間どっぷりハマれた作品は久々
最近のRPGなら、5,60時間遊べたら御の字ですし

…ただホント、エマ好きの方には申し訳ないですが
彼女の使い方さえ誤らなければ、シリーズ最高傑作と呼べたのに…という惜しい気持ちもあり
(満足度の減点)

仲間キャラとの好感フラグだけに留めておけば
不満がほとんどなかったのに…

それを除けば
かなりの名作だと思います

   
プレイ時間:100時間以上(クリア済)
武士のハートさん  [2017-09-11 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてのTOPページへ戻る

総合ポイント
67
(難易度)
1.19
レビュー数
21
スコアチャート ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
4.8%
20-29
0%
30-39
28.6%
40-49
4.8%
50-59
14.3%
60-69
33.3%
70-79
14.3%
80-89
0%
90-100
【60点以上】
61.9%
【標準偏差】
17.01