このソフトのレビューを書く

【PS4】ウィッチャー3 ワイルドハント

発売元 スパイク・チュンソフトオフィシャルサイト
発売日 2015-05-21
価格 8856円(税込)
レーティング 【Z】18才以上のみ対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:オープンワールドアクションRPG
■ プレイ人数:1人

【ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション】
■ 発売日:2016/09/01
■ 価格:6,998円
通常版(2015/05/21)にDLCを同梱したものです。



オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
5pt 5pt 3pt 4pt 5pt 3pt 2pt
総合点
85pt

GOOD!

シリーズは未プレイですが、全く問題なく遊べます
時代背景や雰囲気が似てるので、良くスカイリムと比較されてるのを見ますが、これは全くの別物ですね。比較対象にはならないです。
このゲームはれっきとしたRPGで、ストーリーやキャラクター描写重視、スカイリムの様な生活感はあまりなく、主人公は自分でメイキングするのではなく、ゲラルトと言うデフォルトのキャラなので何者かも明確に決まってます。
また、オープンワールドと言ってる人も居ますが、これはオープンワールドではないです。
確かにMAPはかなり広大ですが、景色として存在してる遠方の山なんかに行ける事はなく、イメージとしては初代のドラゴンズドグマが近いです。また、何処にでも好きなように好きなタイミングで行けるMAPではありませんし、ある程度地図上で端っこまで行くと「これ以上進めない」と、ロード画面になって強制的に方向転換させられます。
特に、そのエリアごとに推奨レベルがあるので、遠く及ばない推奨レベル帯の場所に無理に飛び込んだ所で、雑魚に一撫でされたら終わりなので何もできません。基本的に用のない所にはホントに用がありませんから、さほど重要な要素ではありませんけど。
スカイリムと言うよりは、きちんと作りこんだドラゴンズドグマと言う方がまだ近いかもしれません。いずれにしろ、オリジナリティの高い作品になってます。

以下5点の項目です
・グラフィック
PS4の新作と比べても遜色ないレベルのクオリティです
装備品のデザインなんかもセンスが良いです

・オリジナリティ
ストーリーRPGとしてかなり秀逸です。ここまでやり応えのあるRPGと言うのは今まで無かったです。
メインクエストはもとより、今までのゲームでは面白味のないただの使いっ走りになりがちだったサブクエストも一つ一つが丁寧に作ってあって数も膨大です。戦闘システムも程よくアクション性があり、敵AIも闇雲に突っ込んでくるだけじゃないので、単なる殴り合いにならず、バランスが良いです。

・満足感
当初、スカイリムの様なRPGを・・と思い買ってみた作品ですが、いい意味で誤算でした。
スカイリム的な要素は殆どなく、ストーリーや戦闘が面白いので、あれらとはまた違う没入感があり、全く違う楽しみ方ができます。
100時間以上余裕で遊べるRPGとして、おススメです。

BAD/REQUEST

そこまで低評価にする点は特にありませんが、気になった所をいくつか

・成長速度
はっきり言って最初の10時間ほどはあまり楽しくなかったです。
とにかくレベルが全然上がらず、装備品もなかなか更新されず、最初のうちは金も常に足りませんし貯まりもしません。
個人的にこの手のゲームで一番にやりたいのは、まず見た目を整える事なので、それまでスカイリムやFO、あとは全く別物ですが、ディアブロ3なんかをプレイしてたので、序盤の内から色んな装備品がそこらにあったこれらのゲームと比べるとかなりジレンマが大きかったです。
また、何かを稼ごうにも無限に受注できるサブクエストの様な、これと言った分かりやすい手段も無く、また金があった所でそもそも店にも作成リストにもまともな装備品は陳列されてません。
とにかく序盤はレベル上げや金稼ぎもままならず、装備品もストーリーを追っていかないと手に入らないので、その辺はかなり不自由だった気がします。まぁ、ある程度進めれば全然気にならなくなりますけど。

・説明不足
と言うより説明が下手と言うか・・・この辺の事はもう洋ゲーには期待してないですが・・
とにかくネットで検索するとか、分かってる人に教えてもらうとか、別の手段で知りたいことは調べないとゲーム内では解決しません。
特に、ミニゲームとして存在するカードゲームのルール説明は、カードでのデュエル?なんかを良くやる人にはすんなり入るのかもしれませんが、ああいうのに全く興味が無かった自分にはゲーム内の説明は説明になってませんでした。ルールが分からないのでカードゲームだけは未だに手つかずです。その他、錬金術とかシステム的な事はほぼすべて、結局は手探りで自分で開拓していくしかない感じです。殆ど覚える頃にはゲーム内の大半のコンテンツを消化してるかもしれません。

・ロード、FT
普通にプレイしてる分には特に気になりませんが、主人公死亡時のリロードが長すぎます
某大作の様な死にゲーではないので、慣れてくれば死ぬことも殆どなくなると思いますが、ゲーム再開まで数分待たされるのは苦痛でしかありません。それとFTですが、決まった場所間でしかできないのが不便です。
探索して奥地に入りすぎて戻ろうにも、FTできる場所が決まってるので結局自力で戻らないとダメです。
せっかく綺麗で広大なフィールドがあるのに、無駄に寄り道すると戻るのが面倒になるだけという・・こういう制約は要らなかったと思います。

・規制
あのインチキマジシャンみたいな名前の団体ホント害悪ですね。
例によって日本語版には規制が入っています。
ひどいのは風呂に入ってる女性が下着をつけてるとか、そういう所まで平気で弄ってます。
何のための年齢制限なんでしょうかねぇ・・・
あのゲームはOKだったのにアレはダメと言う具合で、相変わらず規制内容にも全く一貫性がありません。

COMMENT

ベセスダのRPGみたいなのがやりたい!と言うのなら違うソフトを進めるべきですが、このゲームはそれらとは全く別の新しいジャンルのRPGとしておススメです。何よりストーリーが本当に面白いです。
日本版の規制には毎度のことながらうんざりさせられますが、それもまぁ、そこまで気になる事でもありません。

   
プレイ時間:60時間以上100時間未満(未クリア)
5さん  [2017-03-07 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


ウィッチャー3 ワイルドハントのTOPページへ戻る

総合ポイント
73
(難易度)
2.63
レビュー数
32
スコアチャート ウィッチャー3 ワイルドハントレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
3.1%
20-29
6.3%
30-39
6.3%
40-49
3.1%
50-59
12.5%
60-69
34.4%
70-79
25%
80-89
9.4%
90-100
【60点以上】
81.3%
【標準偏差】
17.04