このソフトのレビューを書く

【PS4】ウィッチャー3 ワイルドハント

発売元 スパイク・チュンソフトオフィシャルサイト
発売日 2015-05-21
価格 8856円(税込)
レーティング 【Z】18才以上のみ対象 暴力 (CERO について)
ショップ/リンク Amazon
タギングトップ3
タイトル概要 ■ ジャンル:オープンワールドアクションRPG
■ プレイ人数:1人

【ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション】
■ 発売日:2016/09/01
■ 価格:6,998円
通常版(2015/05/21)にDLCを同梱したものです。



オリジナリティー グラフィックス サウンド 熱中度 満足感 快適さ (難易度)
4pt 5pt 2pt 5pt 4pt 1pt 4pt
総合点
72pt

GOOD!

グラフィックについてはとにかく圧倒的です。
今までのゲームは何だったんだというぐらい世界の風景が描きこまれています。
そして複数マップに分かれてはいますが、世界自体も実に広く
ぼんやりと旅をしているだけで楽しいです。

メインストーリーはわりかしシンプルでさほどのひねりはありません。
しかし、絶妙なところで絶妙な選択肢が用意されていて、
まさに自分が主人公ゲラルトの立場をロールプレイしている感じが伝わります。
主人公固定だとえてしてストーリーを見ているだけになりがちですが
この作品だとかなりの部分そこに介入していける。
「うちのゲラルトさんならこうする」「いやうちのゲラルトさんはこうするだろう」
という個人個人のゲラルトさんに対する見方の違いがゲームの進行に反映するのが
非常にいい感じです。
日本流のストーリー後追い型ではなく、
テーブルトーク由来のがっちりした「ロールプレイ」をすることになります。
ただし、ゲラルトさんの設定の7割程度は固まっていますので
(介入できるのは体感で3割程度)
1からキャラクリして完全な自分の分身としてゲームをするわけではありませんから
念のため。

そしてサイドストーリーの質量は圧倒的。
それぞれに練りこまれたショートストーリーと切ない選択があり
毎回重大な判断を迫られることになります。

素晴らしいのは、作中の登場人物が毎回丁寧に状況を語ってくれるので
(白選択肢を全部すっ飛ばすようなプレイをしない限り)
ムービーや会話をきちんと見ていれば過不足なく
ストーリーや世界状況を理解できること。
おかげでお話にしっかり入っていけますし、
圧倒的なテキスト量のおかげで毎回が新鮮で飽きも来ません。
ムービーを見せるということに走りすぎて全然物語を語れていないタイプの
RPGにはぜひ本作を参考にしてほしいところです。

馬の移動は評判悪いですが、個人的にはボタンおしっぱで街道を走ってくれるのは
結構便利でした。
ファストトラベルのポイントも多く、移動でストレスを感じる場面はあまりありません。

BAD/REQUEST

ロードが壊滅的に長いです。
ゲーム開始時、死亡時のリロード、ファストトラベルで別地域に移動するときなど
毎回1~2分は待たされます。
確かにオープンワールドゆえに建物に入る際のロードとかはないのですが
節目のロードが長すぎてそれが利点には全く思えません。
そして戦闘バランスがかなり厳しく、一定以上の難易度だとよく死ぬところへ
このリロードの長さはがっくり来ます。
もうちょっと何とかしてほしかった。
これで何回か気持ちが切れかけています。

UI周りの出来もひどいもの。
持ち物画面の見づらさ、重さは最悪に近いです。
そして操作体系もこなれておらず
とにかくちょっとしたことですぐいろいろなものが暴発する。
物を捨てるときに確認メッセージが出ないとかも困りますし・・・。
洋ゲー特有の×ボタン決定システムは入れ替えられますが
調べる系のキーが×から動かないというのも非常に困りもの。
キー設定についてはローカライズもいまいちというところです。
調べる際の範囲も狭く、足元を調べるのにもイライラ。

フリーズは非常に多いです。
それを防ぐためにはPS4を定期的に再起動してやる必要があるのですが
スタンバイが基本のPS4でなぜそんなことをしなければならないのか・・・。

そして雰囲気を出すためか画面がやたらと暗い。
外は問題ないのですが
洞窟の中なんか灯りをつけたってろくに見えません。
画面のガンマ値は調整できますが、これで明るくすると
今度は画面が全部白っぽい不自然な色調になってしまう。
もう少し何とかならなかったのでしょうか。

この辺考えると快適度は0点もあり得るレベル。
馬とファストトラベルを評価して1点残しましたが
馬の操作性もダメという人にとっては0点相当だと思います。

サウンドについては海外との好みの違いもあるでしょうが
全然印象に残りませんでした。
BGMで気持ちが乗っていくような場面はほとんどありません。
邪魔はしてないということなのかもしれませんけれども。

COMMENT

世界設定、ストーリー、ロールプレイ、グラフィックなどについては
まさに歴史的名作と呼ぶにふさわしい一本です。
これだけの重厚長大でよくできた作品にはそうそう巡り合えないと思います。

ただ、日本のゲームでは考えられないレベルで
UIやロード・フリーズといった部分の調整が雑なので
そこでストレスを感じてしまうと開始1時間で耐えられなくなると思います。

最初の数時間死ぬ気で耐えられればそこから本当に面白くなってくるのですが
そこまですべきかどうかは価値判断の分かれるところ。

ちなみに戦闘は最初に高難易度をちょっと触って
その段階で速攻諦めてイージー(ストーリー)にしたので
評価できる立場にはありません。
よって、この点はプラスにもマイナスにもしていません。
イージーだったら戦闘はほぼノーストレス連打ぽちぽちで最後まで行けます。
DLCに手を出さなければ、ですが・・・。

満足度に5点つけるかどうかギリギリの判断でしたが
ロードを筆頭にそこかしこのストレスフルなところがあって
その辺が最後の最後で没入感を害していたかな、というところで
見送ることにしました。
ロード、UI周りやフリーズ問題さえ気にならなければ
空前絶後の超名作といっていいでしょう。

なお、Z指定なので特に問題はないのですが
死体表現は人間・モンスターともにとんでもなくグロテスクです。
その辺に内臓も生首も平気で飛び散っています。
耐性がない人はこのゲームには触らないほうがいいですね・・・。

 
プレイ時間:60時間以上100時間未満(クリア済)
らるさん  [2017-01-18 掲載]

このレビューはオススメ? はい  いいえ


ウィッチャー3 ワイルドハントのTOPページへ戻る

総合ポイント
73
(難易度)
2.63
レビュー数
32
スコアチャート ウィッチャー3 ワイルドハントレビューチャート

0%
0-9
0%
10-19
3.1%
20-29
6.3%
30-39
6.3%
40-49
3.1%
50-59
12.5%
60-69
34.4%
70-79
25%
80-89
9.4%
90-100
【60点以上】
81.3%
【標準偏差】
17.04